根性論/精神論

登録日 :2012/01/21(土) 23:43:31
更新日 : 2017/08/10 Thu 00:15:48
所要時間 :約 5 分で読めます




???「気合いだ!! 気合いだ!!! 気合いだー!!!!」


??「元気があれば、何でもできる!」


??「世界なんて簡単に口に出してんじゃねぇ!! おまえは富士山になるんだよぉ!!!」


?「俺は圭とは違うんだよ!!」





精神論 または 根性論 とは、何事も根性次第で苦難を乗り越えていくことが出来るという、教えがいつの間にか歪曲してしまった考え方。

所謂スポ根もののアニメやドラマ等で、コーチが選手を精神面を鍛えるために必要以上に練習や稽古をさせたり、シコシコさせる行為を指す場合が多いです。

昔のスポ根アニメの筆頭格である、 アタックNo.1テニスの王子様 等の例を取ってみると……。

コーチが休憩も与えずにひたすらボールを選手に打ち込み続ける→選手は極度の疲労からふらつきはじめる→
コーチはそんなものは甘ったれだといってさらに打ち込む→選手は疲労や無給水による脱水症状から意識を失う→
コーチは意識を失って倒れている選手に向かってさらにボールを打ち込む( 以下略無限ループ



……と言った具合です。

これはいくら休憩がなかろうと、無給水だろうと困難な状況で精神的に強くなるのだから、そんなことでへこたれてはいけないということです。

しかしこれは非常に危険な行為であり、選手生命に関わるどころか、命そのものに関わることだとして、
現在では大多数の競技で事実上やってはいけないこととして認知されています。
これで選手が体を壊した場合、監督が責任を問われることもあります。

東京五輪女子バレーボール日本代表チームがその代表格とされますが、
あれはカメラ前でのパフォーマンスで、実際にはあんな練習は専門的なトレーナーから止められていました。
大松監督夫人も、あれは他国への心理作戦であったと回顧しています。

ただ、モスクワ五輪日本代表女子バレーまではあまり過酷にはしなかったようですが、
その後の指導者には本来の指導法が伝達されていなかったようで、ただただ練習を目一杯させるという方法をとってしまいました。
結果として怪我人や離脱者が相次ぎ、その後は男女とも散々な状況になったことは周知の通りです。

おかげで、Vリーグから代表に選ばれても、怪我を恐れて辞退する選手が相次ぎ、真の日本代表とは言えないというのが現実です。


もう一つは柔道で、元々日本で生まれたスポーツである為、
他の競技が科学的見地を元に強化をはかっていたのに、こちらは兎に角稽古稽古という風習から抜け出せず、
近年での世界選手権や五輪でのメダル激減の原因とされています。

具体的には、本番直前に合宿を行い、激しい乱どりをさせて、怪我人を発生させるという本末転倒なものでした。
これが原因で選手生命を断たれた選手は、日本は突出している。海外では軽い稽古くらいで、日本のやり方を失笑している始末です。


箱根駅伝も1月の寒空の下20キロ以上を走ると言う厳しい環境下で大ブレーキを起こしても、全国に放送されてしまう上に他の選手のためにタスキをつなぐ要請から
棄権することもなかなかできず、結果として逆に選手に過剰な負担を与えてしまっているという批判がされています。
独裁国家から出てきた五輪選手が下手すると粛清されるため、体を壊したのに出場する現象がありますが、日本でも同じことが起こっていると言われています。
箱根駅伝が大学選手たちにとって大きな目標となっている半面、箱根駅伝のせいで日本の前途有望なランナーがその芽を摘まれている、とすら言われているのです。

因みにヒトの身体の個性をおおざっぱ *1 に特徴付けると以下のような種類がありまして

  • ガチムチ系 -パワー半端ないけど持久力に恵まれない

  • ナイスメン・ウーメン・イケメン系 -パワー系だけど持久力も若干ある

  • 細マッチョ、頬痩けてる系 -どちらというと持久力特化だけどパワーも若干ある

  • ガチスリム、幼顔系 -持久力半端ないがパワーに恵まれない

東アジア系の人とヨーロッパ系白人(一概にはくくれませんが)の人達は殆どナイスメンと細マッチョです。

そう、米英様達と骨格とか以外はあんま変わんないんですね。

なのにジュニア期だと欧米の強豪とあんまり違いのない日本のランナーが陸上競技のトラックレースで勝てなくなるのは、
走らせ過ぎてスプリント系の能力が削られてしまっているんじゃないかという話があったりします。

あとガチスリム(ACTN3欠損型)の方々は持久力に恵まれてるはずなのに日本のランナーだと数が少ないんですね。

これには諸説ありまして、一つ目は一般人と比較して持久系アスリートにACTN3欠損型が多かったというデータは白人の被験者が中心で、
日本人の被験者ではないということ。

二つ目は筋肉が大きな力を安定して発揮する為の遺伝子が無いこのタイプは走る能力全般で劣ってしまっている可能性があること。

そして三つ目は、筋肉の構造が脆くダメージが回復しにくいこのタイプでは、欧米に比べればジュニア期から距離を踏ませ練習量が多く、
トップに行けば駅伝で酷使される日本型のシステムではきついのかもしれないということです。
このタイプが今の日本で成功するには、一般的なルートから外れて少ない練習量で成功したマラソンの川内優輝選手が最良のモデルケースとなるかもしれません。


がこの遺伝子が欠けていても、事例は少ないですが400m走や走り幅跳びで成功している選手もいる上に運動能力に関連する遺伝子は200以上もあり、
あくまでもその中のひとつにすぎないことに注意してください。




熱男「結局、根性論っていらないのかよ?! はっきりしろよ!」

根性論精神論 がいらないというよりも、何かしらの目的があってそれを達成する為に練習を積むのであって、
そこから精神性だけ持ち出すことがそもそもの間違いです。

根性や忍耐がなければ目的を達成できませんし、何も考えずただ頑張るだけでは努力は報われません。

叶えたい理想があり、それを叶えるためにはどうすればいいかを考え、忍耐を持って遂行する、

それが自発的にできるのが本当のメンタルタフネスです。
……逆にどちらか一方だけで強くなれる人はそれだけ精神的にも肉体的にも優秀だってことなんですが、
世界中に競争相手のいるスポーツでトップになるのに、一方だけでどうにかなる訳もないのです。 


熱男「じゃあどうすりゃいいってんだよ! この屁理屈野郎!!!」

トレーニングの五大原則 というのを紹介します。

これを参照してください。


継続性の原則
練習効果はすぐに現れない。1~2週間で効果がないと諦めるのではなく2~3ヶ月は続けること。
筋肉がつくというのは、練習で一旦組織を壊してそれを再生させることである。

個別性の原則
トレーニング効果の個人差を理解すること。十人十色、人生いろいろ。

オーバーロードの原則
十分なトレーニング効果となりうるには一定レベル以上の負荷をかけなければいけない。

全面性の原則
専門種目に求められる特殊性ばかりを追求してトレーニングをしていると片寄った発達を招いてしまう。故にオールラウンドに鍛えていくことが必要。
腕立て伏せをしても腹筋は鍛えられない。

意識性の原則
他人にいわれるがままこなしていたのでは強くなれない。自分で考えながら取り組むことが大切。


更に、これらの原則を助ける重要なこととして、指導者との信頼関係があります。
すぐに効果の現れない負荷のある練習には、ひたすら辛いばかりで無駄に終わる不安が付きまといます。
そんなときのために、指導者と選手の間には「この人の言うことに従えば成果が出る」という信頼関係が必要になります。
信頼関係をおろそかにした結果としてアニヲタ界隈で有名なのが「まるで成長していない…」の例です。

熱男「なんだ、結局根性出せってことじゃねえか。回りくどいこと言いやがって!!」

※そもそもの精神論/根性論の出自


根性論/精神論のそもそもの出自は旧・大日本帝国陸海軍のアイデンティティな『大和魂』精神に由来しており、軍隊が解体された後、各界に散らばった元軍人達が再就職後に、軍隊時代に教わった『大和魂』精神をそれぞれの再就職の職場で持ち込んだのが始まりです。
スポーツ界のコーチも戦後しばらくは『戦前、もしくは太平洋戦争中に従軍経験があった世代で占められており、世の中にも旧軍の経験があった人たちが大勢いました。
東京五輪女子バレーボール日本代表チームのトレーニング風景がジャーナリズムで宣伝されると、選手をしごきぬく事が正しいと思い込んでしまう空気がありました。
それを信じる子供も続出していき、その時の子供達が指導者になった時代、『上辺だけの特訓』に酔いしれ、スポーツ医学無視な特訓をさせた結果、逆効果になってしまうケースが各スポーツ界で続出しました。
バレーボールや体操、マラソンなどの競技での凋落は精神論の普及で起こったと言って過言ではありません。
アマ界でも、近年の箱根駅伝で、脱水などが原因で上記のようなリスクを越えてでも棄権するケースが相次ぎ、その翌年から塩分も補給可能なスポーツ飲料が解禁になった事例が知られています。

このように、旧軍の風習を叩きこまれた世代は逆に、戦場や苛酷な訓練の経験から、限度を知っていました。
戦場であれば命にかかわりますから、多少の無茶は仕方ない所もあったでしょう。
しかし、命にかかわらない、人生を豊かにするためのスポーツに戦場の考え方を持ち込んだ上、世代交代で後代の人間のほうが限度を知らないという事態になった結果、
かつては日本のお家芸と言われた各競技の凋落を招いてしまったのです。
精神論者が心の拠り所としている東京五輪女子バレーボール日本代表チームは、実は当時としては高度なスポーツ医学に支えられていたという歴史的事実は、戦後の精神論者の多くが嫌う旧帝国陸軍の精神を最も受け継いでいるという皮肉を妙実に表しているのです。

熱男「こんな下らん書き込み見ている暇があるなら根性入れろ!!!」




追記・修正は強固な目的を描きそれを達成する為のプロセスを考えてから忍耐と根性を持って適切な練習をして目的を達成してからお願いします。
熱男「要するにひたすら根性入れればいいんだよ!!!」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/