レミオロメン

登録日 :2011/12/21(水) 01:19:02
更新日 : 2016/11/04 Fri 11:23:41
所要時間 :約 4 分で読めます




レミオロメンは、2000年に結成した日本のロックバンド。略称はレミオ。

バンド名は、メンバーでジャンケンをし勝った順に1文字、2文字、3文字好きな文字を選び繋げたものである。
藤巻はイギリス出身のロックバンド、レディオヘッドが好きなことから「レ」、神宮司は当時の彼女の名前と自分の名前の頭文字をとって「ミオ」、
前田は路面電車が好きなことから「ロメン」を取り、それらを繋げて「レミオロメン」とした。


◆メンバー

藤巻 亮太(ふじまき りょうた)
1980年1月12日生まれ。
ボーカル&ギター。
ほぼ全ての楽曲の作詞と作曲をしている。
山梨県笛吹市御坂町出身、既婚。

叙情的で季節感がある作詞をする。
3月9日、粉雪などの詩にもそれが顕著に表れている。
声質のせいか、楽曲は低く聞こえるが、初期の楽曲も男性ボーカルにしてはそこそこ高い。
歌唱に集中するため、ギターのサポートメンバーをいれて歌唱力がアップした。
2012年にソロデビューすることが発表されている。

前田 啓介(まえだ けいすけ)
1979年9月11日生まれ。
ベース・コーラス。
一部楽曲の作曲をしている。
山梨県笛吹市御坂町出身、既婚。

SMAPに楽曲を提供するなど、編曲家や作曲家としても活躍している。


神宮司 治(じんぐうじ おさむ)
1980年3月5日生まれ。
ドラム・コーラス。
山梨県笛吹市御坂町出身。


◆来歴

2000年に結成。
2003年にミニアルバム「フェスタ」でインディーズデビュー。
同年、メジャー1stシングル「電話」でメジャーデビュー。
同年、1stアルバム「朝顔」を発売、ロングセラーを記録し一部で注目を集める。
2004年、メジャー2nd(3rd)シングル「3月9日」を発売。
2005年、「粉雪」を発売ミリオンヒットに近い売り上げを記録する。


◆音楽性

藤巻の性格によるものか、音楽性がころころ変わる。
1stアルバム「朝顔」までは3ピースバンドを基調とした、暗く暖かい楽曲を中心に作っていたが、
2ndアルバム「ether」は小林武史のプロデュース色が強くなっており、ストリングスが入るようになった。
一部の懐古ファンはレミオロメンはこのアルバムで終わった、と嘆くほどの名盤である。

3rdアルバム「HORIZON」は粉雪の大ヒットの影響か、藤巻自身がひどくブレてしまっており、アルバムとしては、まとまりにやや欠けるものになってしまった。
さらにこのアルバムが大ヒットを記録したことにより、藤巻は答えのない悩み(良い曲とは何か、ファンが求めている楽曲とは何か)を抱えることになる。
このあたりの葛藤を描いた曲が「アイランド」である"君に好かれて 君からは嫌われたんだ"
"彼方から三日月の明かりに照らされた道 僕は何処へ行けば良い"
など如実に表れている。

4thアルバム「風のクロマ」では、迷いを払拭しきれていないのか、冗長でシングルばかりのアルバムになってしまった。
そのため、懐古ファンからは見限られてしまった。
5thアルバム「花鳥風月」では自分なりの答えを出し、
サウンドプロデュースを自分達の手で行うようになったり、新たにサポートメンバーである皆川真人の編曲が増えた。


◆主な楽曲

フェスタ
電話
3月9日
南風
蒼の世界(着信★うた♪のCMソング)
粉雪(1リットルの涙」の挿入歌)
太陽の下(映画「子ぎつねヘレン」の主題歌)
茜空(JRAのCMソング)
もっと遠くへ(北京オリンピックのテーマソング)
翼(劇場版MAJOR主題歌)
SakUra(「auLISMO! Recommend レミオロメン」キャンペーンのCMソング)
立つんだジョー(アサヒスーパードライCMソング)



2012年にて活動休止を発表。お疲れさまでした。




追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/