三ツ廣さち

登録日 : 2009/08/17(月) 00:15:17
更新日 : 2016/10/29 Sat 14:47:20
所要時間 :約 2 分で読めます




車輪の国、向日葵の少女に登場するヒロインの一人

CV.芹園みや


特殊な薬を使い、疲れの取れない強制的な眠りを強いられる「1日が12時間しかない義務」を持つ

自称「元気系」というだけあり、非常に明るい性格をしているが、やや協調性に欠ける

かつては絵画で賞をとったこともあるが、とある出来事をきっかけに自堕落に陥り現在はネット為替にはまる毎日を送る

学園の寮で移民の少女である「まな」と二人暮らしをしているがほったらかしにしている



彼女の名言
「――よーし!今日も、びりっとがんばる ぞーっ!」

「なにそれ? 世の中にはお金より大事なも のがあるっての?」

以下ネタバレ












七年前の内乱で両親を失い、生活費を稼ぐ為にギャンブルに手を出したが失敗し、大きな借金をするハメになった
借金の返済を免除されるかわりに義務を負うことになった
この義務は働けば解消されるのだが、既に自堕落な性格になっていたために一向に働かなかったので、初めは二時間しか奪われていなかった時間が徐々に増えていき現在の内容になった

絵画は賞をとったのちに、とある画家の手法を真似をしたものであるという疑惑をもたれ批判されたのがトラウマとなりやめてしまった(彼女は我流で描いており、もちろん真似していない)




追記・編集をよろしく

この項目が面白かったなら……\ポチッと/