重野なおき

登録日 :2012/10/14(日) 21:06:12
更新日 : 2016/07/07 Thu 18:20:31
所要時間 :約 4 分で読めます




重野なおきとは各誌4コマ漫画雑誌を中心に活躍している漫画家。


【来歴】
1976年の12月28日生まれのO型で千葉県出身。

教員免許は持っているものの採用試験に落選し教員になれなかった彼は、竹書房の奨励賞を受賞する事をきっかけに漫画家の道へ入る。
そしてGood Morning ティーチャーで本格的にプロデビューを果たす。

その後、僕の彼女はウェイトレスやひまじん、のの美捜査中!などを生み出して、
次々と掲載誌はおろか出版社も飛び越え新作を発表していく。
そして比喩でもなんでもなく、
一時期は4コマ雑誌を出版している出版社の作品には必ず一つ重野なおき作品がある とも思われるぐらいの仕事をこなしていた。

現在でも一時期程では無いとは言え、じょしもんや信長の忍びなどの作品を他社に渡って連載中である。

ちなみに妻帯者であり子持ち。
妻は同じく4コマ漫画家の 藤島じゅん


【人物・作風】
長年野球をやっており、現在でも 親バカぶりを妻に呆れられながら も息子に野球やらせようとして一喜一憂したりと、
現在でも野球好きなようだ。
ちなみに現役時代の野球で一番得意だったのは「送りバント」だったらしい。

また、麻雀も趣味の一つらしく、同じく麻雀好きな妻や漫画家仲間と打ってる事も楽屋裏の漫画等で描いていたりした。
ちなみに、重野なおき作品ではまんま麻雀をテーマにした作品もあるのはもちろん、
番外編のテーマから4コマの小ネタまで、いろんな作品にも麻雀ネタがあるので探してみても面白い。

また、重野なおき作品では「タイトルがオチのコマに対する突っ込み」になる事も多い。
重野なおき作品ではかなりの方法でこの手法がとられており、タイトルとオチを見比べてみるのもファンの楽しみの一つだったりする。

また、作風があまり下ネタや下品なオチに行かない健全な作風でも有名で、4コマ漫画初心者にも勧めやすい漫画家の一人でもある。

ちなみに一人息子るいの父親になった頃以降、かなり不健康だった生活が改善されたらしいとか。


【身近な人】
  • 藤島じゅん
重野なおきの嫁であり、同じく4コマ漫画を中心に発表しているプロの漫画家。
早稲田卒だったりお嬢様な生まれだったりする癖にゲーマーだったり天然だったりと、自分よりネタにしやすいとよんこまのこなどの実録作品で語っていた。
ちなみに、手書きでアナログな重野と違ってガッチガチのデジタル派。
なお、結婚・出産が公表されるまで男だと思ってたファンも多い。

  • フジワラさん
おっとりした雰囲気なわりになかなか容赦ない性格の女性アシスタントさん。
自画像、及び藤島じゅんが描くとウサギになる。

  • 重野るい
息子、描写等からかなり容姿は父親似。
基本的には年相応の普通の少年である。

  • 重野あい
娘、こっちはおばあちゃん似らしい。

  • 神奈川のりこ
同じく漫画家。
後述のアフロネタの諸悪の根源。

  • 小坂俊史
重野と合同の単行本を出したりする間柄の、どことなく重野と作風が似ている4コマメインの漫画家。
重野からの通称は「王子」。

  • あっきう
重野=アフロネタを確定させてしまった罪な人。
詳しくは後述。

  • みずしな孝之
重野とは顔見知りの漫画家であり、ハンサム探偵シゲノイジャー(後述)では毎回悪役のガキ大将風の役割で出てくる人。
重野からの通称は「和尚」。

【アフロ】
重野と同じく漫画家の神奈川のりこが雑誌に似顔絵を描いたのが全ての発端。

重野なおきは散髪を定期的にしないともっさもさになる天然パーマなのだが、
その様を忠実に描写した結果 チリ毛の石原良純 みたいになり、「チリ毛ww」「これじゃアフロだろwwww」と仲間内で笑われるはめになる。

そして、あっきうと言う漫画家が重野を似顔絵にした結果、 それはそれは具志堅も嫉妬する見事なアフロ にされてしまった。
ちなみに仲間内の反応はリアルに「wwwwww」と言った具合で声にならない具合で爆笑されたとか。

そんなネタがエスカレートし、しまいには重野をモチーフにした ハンサム探偵シゲノイジャー と言う、謎のキャラクターまで誕生する羽目になった。

ちなみに、最近では藤島じゅんのイラストから「マリモ」としても扱われる様にもなってはいるが、やはり総合的にはアフロネタが圧倒的に多い。




追記・修正はGood Morning ティーチャーのおまけページにハンサム探偵シゲノイジャーを寄稿してからお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/