ショーン・オチンコ

登録日 :2010/02/13(土) 05:45:08
更新日 : 2017/01/30 Mon 23:03:37
所要時間 :約 2 分で読めます




アメリカのメリーランド出身のプロ野球選手。

フルネームは、ショーン・ピーター・オチンコ(Sean Peter Ochinko)



現在は、トロント・ブルージェイズ傘下球団である、マイナーリーグ・SSAのA-(日本風でいうと6.5軍)のオーバーン・ダブルデイズに所属する若手有望選手である。

180cm、93kg、右投げ右打ち。ドラフト11巡目、全体339位で指名。ルイジアナ工科大出身。 現在22歳。ニックネームはチンク(Chink)。

本職は捕手だが、守備、肩力に難があるという捕手としては致命的な評価をされており、
その関係で一塁手やDHを任されることが多い。彼のドラフト指名順位が異常に低いのは、それらの評価と、決して恵まれているとは言えない体格が原因。

しかしそれらを補って余りある打撃力を持っている。


既にNCAA(日本で言う大学野球)時代からその打撃力には定評があり、NCAA三年目には打率.333、OPS.903と抜群の数字を残している。
またプロ入り後も、マイナーながら常にクリーンナップを任されている。
マイナーの成績で、右投手に対する打率.303、対左投手に対する打率.391と左殺しなのも魅力。

このように、次世代のスーパースターたる資質は十分であり、ドラフト下位指名ながら若手の選手の中でその評価は鰻登りである。
今後大きな怪我をすることなくプレイ出来れば、恐らくメジャーで彼の姿を見るのはそう遠くはないだろう。

現地の解説を聞く限りネイティブでも オチンコ と呼んでいるようなので、 仮にメジャーに昇格したらNHKがどのように対応するのか見ものである。
また彼のニックネームである チンク は、 中国人に対する蔑称(ジャップと同じ様なもの)と同音 である為、そちらもどうなるか見ものである。


<以下余談>

ドラフトではトロント・ブルージェイズ(本拠地はカナダ)に指名されたが、本人はニューヨーク・メッツのファン。
好きな選手は同じく強打の捕手として活躍したマイク・ピアザ(野茂英雄とバッテリーを組んだこともあり、ホモ疑惑を持つメジャーを代表する強打の捕手だった)。

好みのタイプはブロンドの女性だとか。

野球以外にも、ゴルフや水泳が好きなスポーツマンである。



追記修正をお願いします。
この項目が面白かったなら……\ポチッと/