新井貴浩(野球選手)

登録日 :2012/05/28(月) 14:56:40
更新日 : 2017/07/07 Fri 22:31:11
所要時間 :約 5 分で読めます




広島東洋カープに所属する野球選手で、第7代プロ野球選手会会長。

背番号:25(1999-2014、2016-)、28(2015)
守備:内野手(三塁手→一塁手)
在籍チーム:広島東洋カープ(1999-2007)→阪神タイガース(2008-2014)→広島東洋カープ(2015)

また弟の新井良太もプロ野球選手であり、中日ドラゴンズに入団したが、現在はトレードで移籍したことにより阪神でプレーしている。


【プロ入り前】
広島県出身。
広島工業高より、駒澤大に進学。
この時の新井は 打てない守れない と先輩の高橋尚成は語るが、やたらと人望はあったらしい。
プロ入りのきっかけはかねてより交流のあった同大学のOB・野村謙二郎の自宅まで行き、バットスイングをアピールしたことと言われている。
よくプロに入ろうと思ったな…
まあ、そんな新井の非凡な才能(?)を感じた野村の後押しもあり、98年ドラフトで6位指名にて広島東洋カープ入団。
しかし、大学最終年の活躍しかこれといった実績がなく、前述の通り守備難、打撃が粗いさんだったので、マスコミはもちろんチームメートや監督まで「!?」だった。
その大学最終年度は日米大学野球選手権大会で5割を打ち、東都大学野球では打点王を獲得するなど、大器の片鱗らしきものはチラチラ見せていた。


【広島時代】
どうやら野村の感じたものは確かだったらしく、1年目からホームランをそこそこ打つと2年目からレギュラー定着し、20本近くのホームランを量産。
2003年には 阪神 に移籍したアニキこと金本に代わって4番に座り、2005年には初タイトルとなる本塁打王となる。
そこ、ホームが市民球場だったからだろとか言わない。

また、この頃からチームの主軸としての意識からか カープ愛 を語るようになり、「 一つのチームで終わるのが理想 」や「 カープが好きだしいれるならばずっといたい、このチームで優勝したい 」などと口にしている。
…ん、なにか?

2006年以降はただ長打を狙うのではなく、チャンスに確実に点を取れるバッティングを意識し2年連続で100打点を達成。
その勝負強さや意識を買われてか北京五輪予選では日本代表の4番に座った。
恵体なことややたら傾きながら低めの球をかっ飛ばすパワーがよく言われるが、大学時代通算2HRだったり、絶好調期に獲得したタイトルが打点王だったりするので
実際は点をとれるバッティングが得意な中距離砲に性質は近かったのだろう。

(~中略~)


【阪神時代】
(2008年)
長年課題と言われた守備を克服したのか一塁手でゴールデングラブ賞を獲得。
打棒もホームランこそ少なくなったが率は非常に高く、岡田阪神前半戦の快進撃を支えたが、
予選で大活躍し、本戦も招集確実視された北京五輪前に腰を痛める。にも関わらず強行出場を続けたが症状は悪化し腰椎を疲労骨折してしまう。
北京五輪も散々で、帰国後も豪快なバッティングを支える腰がダメダメで成績は一気に下降。ポイントゲッターを失った阪神は一時巨人に10ゲーム以上の大差をつけていたが一気に捲くられて2位に転落。優勝の大チャンスを逃した。Vやねん!
この腰の怪我は、その後も影を落とし続けることになる。

(2009年)
他球団からのマークに合いながらも全試合フルイニング出場を果たす。

(2010年)
2年連続の全試合フルイニング出場達成。また、アニキ・金本に代わって阪神の4番に座り、勝負強さを見せ3割100打点達成。

(2011年)
東日本大震災による開幕延期を訴えるなど、チームのみならず野球ファンのために尽くし、成績では6シーズン振りのタイトル(打点王)を獲得。

(2012年)
成長を見せた弟・良太と共に4番を争い、ケガ人や不振が続くチームを支えた。
なおこの頃より一塁に専念するようになった。

(2013年)
開幕時は良太の影に隠れていたが、良太が案の定調子を落とすとレギュラー復帰。
8月まで巨人と激しい首位争いを繰り広げたが、阪神名物9月の大惨事が発生。巨人との直接対決を落とし一気に突き放されると
CSでは古巣広島一気呵成の鯉のぼりに敗れ、CS1stステージで敗退。
新井さんは特段活躍できなかった。オールスターのリプレイで笑いを提供したくらいか。

(2014年)
どうせ外れ外人だろうと思われていたガンバ大阪にアルゼンチンからやってきたサッカー選手みたいな名前のドミニカンであるマウロ・ゴメスがまさかの大当たり。
阪神での全盛期新井さんに甲子園でも軽々HRをぶっ飛ばすパワーを付加した彼の存在は、新井さんから居場所を奪うのに十分すぎる存在であった…
そして、この年の契約更改で、年俸を8000万まで下げるという提示を受けた新井さんは阪神退団を表明。新天地へと旅立った。

はずが、なんやかんやで新天地ではなく古巣の広島カープに復帰。

…控えでも8000万貰えるのになぜ出て行ったのだろう。どうせ2014年の調子じゃ守備走塁糞の実質一塁専任の新井さんじゃどこいったってレギュラーは無理だってのに。
そして広島入団時点で年俸は1/4の2000万に。
そこまでして広島に戻ったのはいかなる故なのか。

(2015年)
昨季ホームラン王のエルドレッドが怪我で出遅れるも新加入のメジャーリーガーグスマンもいたことから、一塁のバックアップ兼代打要員という全く妥当なポジションで開幕一軍入りを果たす。
そして、開幕前こんな形で帰ってきた自分にファンは大ブーイングを浴びせるのではないかと思っていた自分に対してファンは大歓声で迎えてくれたことに新井は涙した。
そんな状況に神が舞い降りたのか、グスマンが開幕直後に故障し、結果4月中旬から4番ファーストでスタメン入り。
ここからあれよあれよとヒットを連発し6月終了地点で打率は3割キープ、オールスターファン投票選出と近年稀に見る好調を維持するどころか、遠くなりつつあった2000本安打が再び視野に入る程の活躍を見せた。

(2016年)
年俸もぐっと上がって三倍の6000万となり、背番号も25に戻って迎えた。
エース前田健太がいなくなり低迷が予想された中、エルドレッド・松山竜平らと休養日とポジションをシェアしつつ一塁レギュラーで開幕。
週一の休養日が効いているのか、トリプルスリーどころか三冠王はじめ取れるタイトル総取りしそうな勢いのヤクルト・山田哲人を打率打点で猛追するほどの活躍ぶりでセリーグで唯一交流戦で勢いをつけて突っ走り始めた広島打線の中核として、見事なクラッチヒッターっぷりを発揮。
この年もオールスターにファン投票で選出されており、この年のオールスター出場選手中最年長になった。
ちなみに山田を猛追する選手として本塁打打点で追う筒香嘉智(DeNA)と打率で追う鈴木誠也(広島)、坂本勇人(巨人)がいたが、
24歳・プロ6年目の山田を21歳・4年目の鈴木、24歳・7年目の筒香、28歳・10年目の坂本に加え 39歳・18年目の新井さん が猛追しているという軽い笑い話のような打撃タイトル争いが繰り広げらた。
4月には一時は届きそうにないと思われた2000本安打、8月には通算300本塁打を達成。7月に達成された黒田博樹の日米通算200勝とともにカープの25年ぶりのリーグ優勝に花を添える活躍。そして、その25年ぶりのリーグ優勝も、最後は新井のミットにボールが収まって決まった。
自身もセリーグMVPに選ばれ、メモリアルイヤーとなった。

(2017年)
堂林翔太の調子が良い為か控えに甘んじる事が多くなる。
それでも代打などでの出場機会はかなり多く、また前年同様エルドレッド・松山らに変わりスタメン出場する事も多く主軸を張っている。



プロ入り前はあれこれ懸念されていた選手だったが、今ではプロ野球界を代表するプレーヤーにまで成長した。

追記・修正お願いします。

































































ふぅ、誉めるのもこれ位でいいだろ。


さて、ここからはなんJスレ系なども含みますので、ご注意下さい。


上述のようにカープ愛を口にしていた新井は2007年のシーズンオフに突然FA権を行使。
その際、

「辛いです…、カープが好きだから」

とこの部分だけ切り取ると「 じゃあ行使すんなよ! 」言われかねないことを涙ながらに語った。
(もっとも、前述のカープ愛による生涯カープ発言は メディアによって解釈されたもの らしいが)

ちなみに新井は阪神移籍後広島カープの悪口は 一切言っていない 。どこぞの顎畜生も見習ってほしいものである。


阪神に移籍してからは確かにトップクラスの成績を収めてはいるものだが、期待の裏返しか単なる不満かやたらと ファンにも叩かれる。


【叩かれる理由】
  • 「勝負強さ」←帳尻合わせによるもの
  • 危うい三塁守備
  • 盗塁!しかし 塁に手が届いていない
  • しなくてもいい二塁からのタッチアップ
  • 無死(又は一死)、ランナー2人→ ゲッツーフラグ
  • 4タコ(orチャンスで凡退)→「また明日」→同じ内容の凡退→「またry」→同じry→…のループ


またチームメイトの金本知憲
  • ヒーローインタビューで「お兄ちゃん」発言
  • 通算2000本安打(金本)と1000本安打(新井)達成日に「運命的なものを感じる」
  • オフに一緒のトレーニングジムで自主トレ
等大変慕っているが
  • 弟の新井良太とはバットのスイングからフォロースルーまで殆ど同じであり、金本に初めて見た時に爆笑された
  • 新品のランニングシューズにウンコの落書きをされる
  • ロッカーに置いてあったグラブに所有者不明の紫パンツを入れられる
  • 金本のいたずらで複数の飲みかけの缶コーヒーを球場内にセットされ片づけさせられる
等々今日も金本に弄られているかもしれない

もっとも、最近は新井も多少反撃出来るようになったらしいが。




最近では全く関係ない場面にも関わらず 「新井が悪いよ新井がー!」 と理不尽な声が飛ぶ始末。


それでも忘れた頃に見せるホームランや人柄の良さ、ひたむきなプレースタイルはファンを魅了し、同時に先輩後輩問わず多くのプレーヤーに親しまれる由縁となっている。


後彼を話すのに欠かせないのがツラゲ

辛いさん+ゲッツーからきており、新井はとにかくゲッツーが多い。2003年と2011年に併殺王になっている。チャンスに強いが1塁にランナーがいると察しのごとくゲッツーをやらかしやすい。ゲッツーにならなかった場合はツラゲ未遂と呼ばれる。
また、ただゲッツーが多いならまだしも記録上では併殺扱いにならないゲッツーをやらかすことも多い(通称変則ツラゲ)ためネタになっている。いつしか彼がツラゲをすると検索ワードランキングにツラゲが上位に上がるほどに。

2014年4月に通算200併殺と変則トリプルプレー(トリプルツレー)を達成。

そして、シーズン後に前述のとおり阪神を退団。北京五輪で腰をいわした彼を強行出場させ続けた星野仙一に縁があり、長距離砲がお散歩おじさんしかいない楽天が獲得する噂が出たが…
なんと広島復帰が決まった。おんどりゃあどの面下げて…という向きもあるかもしれないが、阪神に残ってりゃ 控えでも8000万貰えた上、全盛期は2億以上の給料をもらっていた男に 年俸2000万提示 という、同じく広島に復帰したメジャーリーガー黒田博樹に年俸3億円を提示する(黒田は単年で18億はもらえる)より酷い所業をされてでも、 堂林と膝がボロボロの梵からならレギュラーを争ってポジション取れる と思い帰ってきた新井さんの広島愛を褒めてあげようではないか(フラグ)。

と思ってたら先述した通り一塁レギュラーに定着。先述した通りエルドレッドや松山との併用ではあるがこの二人は左翼も守れるので新井さんが出る機会も結構多い。
またオールスターで解説に「年々守備が上手くなっているんですよね」と言われるなど、課題とされていた守備も何故か上達している。
そして広島に帰ってきてからの新井はとにかくイキイキしている。
そんなイキイキしている新井さん、巨人フランシスコのミスによるサヨナラインフィールドフライ事件の後、我を忘れ大ジャンプする姿が映されさっそくクソコラグランプリが開催されるなど
相変わらず狙ったわけでもないのにネタになる光景を提供しており成績とネタ両方ともファンに愛される活躍をみせているのであった。
そして、そのひたむきな姿勢で広島帰還にひねた見方をしていたファンも再び虜にしたのであった。本当にすいませんでした(土下座)。



追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/