ゼネラル・マネージャー(GM)

登録日 :2010/04/29(木) 22:29:29
更新日 : 2016/11/04 Fri 12:37:14
所要時間 :約 3 分で読めます




ゼネラル・マネージャー(以下GM)は、主にプロスポーツチームでチーム管理を任される人物の事である。


GMと監督の関係を例えると、プロデューサーとディレクターのようなもの。

海外では終身雇用の概念が希薄なため活躍の場が多いが、日本は流動性がほとんどないため長く目立たない職種であった。

しかし少ない賃金でやりくりする方法が必要性をおびてきた現在、日本でも注目度が高まってきている。



〇主な仕事

【選手の獲得や放出】
チームの強化に直結する部分で、世間一般に最も知られている仕事。
シーズン中に行うこともあるが、基本はオフシーズンに行われる。
ちなみに選手はもちろん、監督やコーチ、スカウトといった首脳陣まで管理するのが大方である。

この仕事は所属するチームの状況(主に財政面)に左右される傾向にあり、資金が潤沢なチームのGMであれば札束攻勢で選手を獲得する事も出来る。


しかし資金難のチーム(スモール・マーケット球団)では新戦力の補強どころか活躍した選手の引き留めすら難しいため、
GMはやりくりに苦労しながらチームを強化していかなくてはならない。


こうしたスモール・マーケット球団の辣腕GMとして有名なのが、アメリカのメジャーリーグ球団、オークランド・アスレチックスのビリー・ビーンGM。
2000年代前半に球界で最低ランクの資金力ながらも、野球に統計学を取り入れた見方を用いて球界最強クラスのチームを形成した。

彼の軌跡はベストセラー作家マイケル・ルイスによって書籍化され、その作品『マネー・ボール』はメジャーリーグに革命を起こした。

『マネー・ボール』はアメリカや日本と比べて野球が盛んではない欧州でも大ヒットを記録し、2011年にブラッド・ピット主演で映画化が決定している。



【イベント等の考案】
試合会場で行われる様々なイベントを考えるのもGMの仕事である。
イベントに呼びたい人物の決定→その人物へのアポ取りや、会場で無料で配られるグッズの発案、チケット代の制定など意外と多い。

ちなみにGMが1番嫌がるのが雨天中止(チケットの払い戻し等で手間がかかるため)。
そのため雨天中止の最終決定では最後まで抵抗することが多い。


GMは主に元選手(あまり実績のない)がなるのが通説となっていたが、
現在は担当する競技に対してプレー面では素人(つまりオタク)のであっても、大学で経済学や経営学を修めた人物がGMになるケースが増えてきている。

しかし、こういった人物は元選手とは違い、いわゆる『コネ』を持っていないため、最初の内は苦労する事が多く、
また選手達からもいい目では見られないため、そういった覚悟は必要である。


さらに、GMの仕事には休日は無いに等しく、いつどんなときでも連絡が来たりするため、家庭も持つのは大変である(奥さんの我慢が必須となる)。

あるGMの奥さんは、
「もしご主人がGMを辞めたらまず何をしたい?」
と聞かれ、


「夫の携帯を車で踏み潰したい」


と答えている。
このように、GMは非常に過酷な職業だが、それを知ってもGMを目指したい!と思う人もいるだろう。


最後に、あるGMの
「GMになるには何が必要か」
という問いに対しての答えを記載しておく。


「自分の仕事を趣味と考えること、そしてそれに自らの情熱を注ぎ込むこと」


追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/