マテリアル・パズル

登録日 :2009/11/09(月) 11:27:26
更新日 : 2017/06/10 Sat 17:59:44
所要時間 :約 7 分で読めます




月刊少年ガンガンで連載していた漫画。序章+0~4章の6部構成。

現在、連載は中断されており、最終章である『神無』の開始は未定となってる。
第0章であるマテリアル・パズル ゼロクロイツは、ガンガンONLINEで連載されていた(作画は吉岡公威)。
でも最初の何ページかは月刊少年ガンガンにしか載っていなかった。
汚いなさすがガンガンきたない
というかそれってオンライン連載の意味が薄くね?

各話タイトルは「○○と○○」の形で統一されている。



■各章のあらすじ


1000年前

大地の底から現れた 大魔王デュデュマが

世界を滅ぼした


どんな時だってあたしたちは一緒だろ?

たとえ…もしこの身体が分かれる日が来ても

一度ひとつになった魂は二度と離れることはないよ


  • 序章:大地の片隅の3つのかけら

辺境の村に住む少年ミカゼは、とんでもない脅威に襲われた村を救ってもらうため、遥か東の絶壁の上に住む3人の魔法使いに会いに行く。
なんとか試練を超えて力を認めてもらったミカゼは、不老不死の魔法使いのひとりである、生意気な幼い少女アクアを背負い村へと急ぐ。

しかしその途中、アクアが突然死んでしまう。

途方に暮れるミカゼだったが、なんとアクアの身体がパズルのピースのようにバラバラになったかと思うと、それはまた別の形へと組み上がり――少年に換わった。

彼はティトォと名乗る魔法使い。
ミカゼがアクアに話した内容を知っていて、アクアのかわりに村をなんとかしてくれると言う。
そしてふたりがやっと村に辿りつくと――



人間の持ちうる究極の力 魔法

それを操る者を人は 魔法使いと呼ぶ


  • 第1章:大陸の魔法使い達

村からとんでもない脅威が去ったあと、ティトォとミカゼの前に女神の三十指を名乗る水の魔法使いアビャクが現れる。

「100年ぶりの本当の客だ」

ティトォの使う回復・強化魔法「ホワイトホワイトフレア」を駆使し、ふたりはアビャクと戦う。

「お前のバックにいる奴は 100年前のあの事を知っているのか?」

奴等はすべてを知っている。
ティトォたち3人の持っている「この大地で最も清い力を持つ物」を奪いに来たのだ。

「100年間ぼくらはずっと立ち止まっていた
 でも遂に先に進むときが来た
 ぼくらの運命がまた動き出す時が…!!
 しかし…… そのためにはまず………

  目の前にいるこの男を倒さねばならない!!!」

そしてふたりは、ティトォのもうひとつの能力をもって、アビャクの奥義を打ち破り勝利する。

そして旅が始まる。ティトォたちの昔の友人に会うため、メモリア王国を目指すことになる。

道中、何度も女神の三十指の襲撃を受けることになるが、その中で心優しいパン屋の少女リュシカや、
かつてのTAP(ティトォ・アクア・プリセラ)の弟子である石の精霊使いサンが仲間になる。

第2章
腹が減ったから飯食って 眠くなったからベッドで寝た

それだけで俺は おふくろも友達も飼ってたモルガンも――――

全部失った


  • 第2章:眠れる城の王子様

メモリア王国の王子・グリンが目覚めた。

彼はふたつの魔法を使える。
その内ひとつは絶対に使ってはいけない、禁断の魔法だ。

「周り皆30年たってんのに俺だけ止まってたんだぜ」

そう、彼は使ってしまったのだ。
時の禁断魔法。使えば時の呪いに縛られ、ひとり取り残されたまま、時間だけが過ぎる。

「……俺の居場所 あんのかな………」


ずだば――――――

バサバサバサ――ム


「グリン!」

「誰っすか? そいつ」「知り合い?」

「うん グリン! ぼくの友達なんだ


何十年の時を経て、ティトォとグリンは再会した。
そしてティトォたちの昔の友人、メモリア王のバレットとも再会し、物語は大きく動き出す。

「五本の指」「獣面」「死神ヨマの襲撃」「切り裂き魔の正体」「五大石」「マジック・パイル」「檻」「大魔王デュデュマ」「カミッツ」「光刺体」「スーパーキャンデー28号」「剣仙」「ドーマローラ」「女神」「星のたまご」「グリ・ムリ・ア」

そしてアダラパタの策略により開かれることになる、禁断魔法「命七乱月」の封印を解き、その使用者を決める儀式「メモリア魔法陣」。

第2章の殆どを占めるメモリア魔法陣、優勝するのは誰なのか――?



あの部屋には一歩たりとも入れさせはしない―――!!!

あの部屋には――――


  • 第3章:煌めきの少年

第2章終了時にプロローグが載るものの、その直後になんと 第4章「マテリアル・パズル~神無~」 の連載告知が。
どうやら第4章の中で「第3章では何が起きたのか」を断片的に明かすような構成にするつもりらしいのだが……



世界は救われていない……

もはや残された希望は お前だけなのだ グリンよ


  • マテリアル・パズル 彩光少年

第0章連載にあたって、一区切りをつけるための短期連載。
パキ島での最終決戦という、第3章の中でも重要な一部分が明かされる。
短編もたくさん載ってる単行本が全2巻で発売中。



デュデュマの下僕が

近い 決戦の時が迫っている

虹との 戦いの時が―――


第0章:マテリアル・パズル ゼロクロイツ

本編より1000年以上前の世界。女神と大魔王の伝説が生まれた時代の物語。
魔王の骨と存在変換し、魔導兵器クロイツとなって ロボット と戦う。
見どころはやはり、 ミト様☆ とクリムのふとももだろう。
前提条件を考えれば当然であるのだが、鬱展開がすごい。



■用語

  • 魔法使い
マテリアル・パズルを扱える者。人間の頂点を極めた達人。


  • マテリアル使い
一言で言えば超能力者。
魔力が突出して高いために、力が異常に強いとか、動物の言葉がわかるとか念力があるなどの能力を持っている。


  • マテリアル・パズル(魔法)
科学とは違う、この世に新たな法則を生み出す式。
作者「 簡単に言うと、色々めちゃくちゃな事ができる不思議な力です

あらゆる存在に宿るマテリアル・パワー(魔力)を分解し、それを再構築することで発動する。

魔法使いは、才能あるマテリアル使いが何十年も修業して、それでもなれるかどうかわからないという厳しいもの。

(生まれつき魔法使いなんて人もいる)

しかし、魔法の力が込められた「魔法の道具(アイテム)」があれば、マテリアル使いは魔法を使えるようになる。
星のたまごのかけらから作られたそれは、複雑な魔法構築を全部行なってくれる。
ただし、無くしてしまうと使えなくなる。


  • 存在変換
ひとつの身体を3人で使っている主人公たちティトォ・アクア・プリセラ。
彼らは死んだり、精神的なショックによって、その存在が入れ替わる。

このため3人は不老不死といわれる。
が、魔法の類によって殺された場合、不死の鎖が断ち切られ、本当の意味で死ぬ。


  • 女神の三十指
女神を騙るグリ・ムリ・アの配下である30人の魔法使い。超特級戦闘員。
一番大切なものを奪い心を空っぽにしてから魔法アイテムを授け、味方に取り込む。
素質があれば誰でもスカウトされるため、グリ・ムリ・アの目的すら知らずに操られている者や、忠誠心の薄い者も多い。


  • 五本の指
女神の三十指の中でも特に強力な5人の魔法使い。
魔人ジャンクーア、鬼人ジール・ボーイ死神ヨマ、斬り裂き魔コルクマリー、守護騎士ナトラレーゼ。


  • 三大神器
女神の三十指の上に立つ、ブライクブロイド、舞響大天、クゥの3人。
禁断五大魔をひとつずつ持っている。


最強ランクの5つの魔法。

血:真紅虎龍牙
歌:ヘルキルデスベル
仔:マザー
時:ゴッドマシン
命:命七乱月


アニメ版バンブーブレード(BAMBOO BLADE)の世界ではマテリアル・パズルはアニメ化されており、タマちゃんはこれのDVDボックス(特典に喋るドルチルフィギュア付き)欲しさにバイトを始めるのだが……
また原作でも後に怪我をしたタマちゃんがテレビでM・Pを見ているシーンがある。
続編(作中の時系列は同じだが)BAMBOO BLADE Bではクロイツもアニメ化されており、DVDには特典カードがついてくる。



追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/