グエン・サード・ラインフォード

登録日 :2012/02/17(金) 13:47:19
更新日 : 2017/03/29 Wed 17:46:24
所要時間 :約 2 分で読めます






年寄りが政治と外交をやっていれば、そうするしかないでしょう





∀ガンダム』の登場人物。
CV:青羽剛、平川大輔(ゲーム等)

イングレッサを治めるラインフォード家の御曹司。
機械の技術や政治に秀でる。グゥレイト!とは言わない。
19才と若いながらも、世界の産業革命を目指す野心家で、目的の為なら仲間を裏切る冷酷な一面がある。そして変態。

数年前から独自にムーンレィスと交信を行っており、地球にて交渉に望むが、ミリシャの人間が反発した事で決裂。
その後も交渉を続けるが、反発を続けるミリシャと、地球人を野蛮と見下すムーンレィスの溝は開くばかりだった。

登場時から何故かロラン・セアックをローラと呼び、気に入っていた。
ムーンレィスに、「地球人は少女でもモビルスーツを操れる」事を示す為、ロランをローラ・ローラとして女装させ、ミリシャに参加させる。

交渉を続ける中、月から来たコレン・ナンダーに街を破壊され、金や権力を失うも、婚約者のリリ・ボルジャーノの助けもあり、再び這い上がる。

その後、遺跡から発掘した戦艦ウィルゲムを手に入れ、直接月へ行き交渉を進めようとするが、黒歴史を知り再び野望に火が付いた。

そしてリリ達を裏切り、ギム・ギンガナムと共に地球へ戻る。
その最中、ロランへ自分の理想と野望を語り、一緒に来るよう説得するが、拒絶されてしまう。

ミリシャ&ディアナカウンターの合同軍とギンガナム隊が交戦する中、モビルスーツ工場へ向かおうとしたことでギンガナムを怒らせてしまい、ターンXの砲撃を受けウィルゲムは沈む。
更にミリシャにも裏切られ全てを失った。


エピローグでは最終決戦で遭遇したメリーベルと共に船で世界を周っている姿が描かれた。



余談だが、小説版だとブラック・ドールなるMSに搭乗しており、それがあるのかスーパーロボット大戦α外伝及びGジェネシリーズではサイコガンダムに乗っている。



◆名(迷)言集

「年寄りが政治と外交をやっていれば、そうするしかないでしょう」

「私がいつでも先のことを見据えているのは知っているだろう?」

「私は…私はっ…私はロランが好きなのだ!」

「今の私に出来る事は、愛するローラの勝利を願うだけです」



追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/