キュウリ

登録日 :2011/11/11(金) 18:00:19
更新日 : 2017/05/10 Wed 01:58:43
所要時間 :約 3 分で読めます




キュウリとは、ウリ科の多年草植物である。漢字表記は「胡瓜」。「胡」は、シルクロードから渡ってきた事を指す。

かつては成熟した実も食べられていたが、甘味が無くあまり美味しくなかった為、現在では未熟な緑色の実を食する。

キュウリの呼称は、中国語の表記が「黄瓜」だった事に由来する。

カロチンやミネラル、ビタミン類、シトルリン等を含むが、その量はとても少なく、90%は水分である。
「世界一カロリーの低い食物」として、ギネスブックにすら載っている。

日本に昔からあったのは四葉(スウヨウ)と呼ばれる品種だが、この品種はブルームと言う、乾燥防止の粉を自ら分泌し、これを農薬と間違える人々が沢山いた為、
現在はブルームレスと言う品種が一般的(因みに、作り方は、南瓜の苗にキュウリの苗を接ぎ木すると言うもの)。
また、原種に近いものは、表面にイボが存在する為、怪我をする恐れもあるので注意。

主な産地は、群馬県、埼玉県、福島県、宮崎県、千葉県など。


■主な食べ方

◆サラダ
おそらく最も目にするだろう形。
切り方をアレンジすれば、色んな楽しみ方が出来る。

◆野菜スティック
ニンジンと並ぶ定番。初心者は、キュウリスティックから食べるのがいいだろう。

◆カッパ巻き
キュウリが主役になれる数少ない料理。
さっぱりとした味わいで、箸休めやシメに持ってこい。

◆モロキュウ
キュウリの若い実(モロキュウ)を、モロミソに付けて食べる、オツマミの定番。
モロキュウでなくとも、切ったキュウリでも大丈夫。

漬け物
そのまま漬けたり、白菜やカブと一緒に漬けたり。
ご飯のお供に。

◆冷し中華
スープをかけ、玉子焼きやハムや麺と一緒にいただきます。
マヨネーズもあるとまた美味い。

◆キュウリのサンドイッチ
バターやマーガリンを塗ったパンで薄切りのキュウリを挟む。それだけ。
日本ではあまり馴染みがないが、イギリスの一般的なおやつで、アフタヌーンティーのお供。
イギリス人は小さい頃から食べ続けてやみつきになるか、うんざりするかのどちらかに分かれるらしい。




また、ある地域で有名な米田悠希の愛称でもある。

気になった方はググってみよう。



追記、修正は、キュウリを正しい使い方で使用する方にお願いします。
かっぱっぱー

この項目が面白かったなら……\ポチッと/