のんのんびより

登録日 :2011/01/12(水) 00:28:03
更新日 : 2017/03/20 Mon 11:35:25
所要時間 :約 5 分で読めます





田舎の学校、日々是平穏、
仲良くのんびり、穏々日和。


月刊コミックアライブ』にて連載中の漫画。作者はあっと。

日本のどこかにある田舎、生徒が5人しかいない旭丘分校を舞台としたコメディ漫画。何でも揃っている都会とは一風変わった田舎の不便ながらものんびりとした生活を描く。

○舞台について○
とにかくド田舎。モデルとなった町があるわけではなく、作者の家周辺・祖父母の家の記憶からひっちゃかめっちゃか取り出しただけという。
その為標識や学校の名前が北海道くさい。一応日本ではある。

  • 自宅の鍵は閉めないのが普通
  • 次のバスは5時間後
  • レンタルショップは10駅向こう
  • 「牛横断注意」の標識
  • 地元の電車は一両編成手動ドア
  • 無人販売所≒コンビニ
  • 東京から6時間
  • 新幹線や飛行機に興味津々
  • 最寄りの本屋までは自転車で20分
  • ジャ○プの発売日は毎週水曜日(首都圏では月曜日)

このくらいド田舎。


○登場人物○
  • 一条蛍(いちじょう ほたる)
CV:村川梨衣
小学5年生。両親の仕事の都合で東京から旭丘分校へと転校してきた。家はかなり大きい。都会育ちではあるものの都会風を吹かせ田舎を見下すようなことはしないよくできた子。
小学生とは思えないほど発育が良くスタイル抜群で、まさに成長期の真っ只中。電話に出れば「奥様ですか?」と間違われ、近所のおばさんにはお見合い写真を渡され、海では小鞠を絶望のどん底に叩き付けた上にナンパされた。君は本当に小5かね?
少々(というかかなり) レズっ気 があり、先輩である小鞠をとても愛でている。自宅でこまぐるみを量産してしまうほど。そのうちお持ち帰りしそうである。
歳の割には落ち着いていてしっかりした性格であるが、取り乱して泣いてしまうなど歳相応の一面を見せることもある。

  • 越谷夏海(こしがや なつみ)
CV:佐倉綾音
中学1年生。小鞠の妹。天真爛漫な性格で、旭丘分校のムードメーカー。小さい頃からいたずらが大好きで母親を辟易させている。人をからかうのも大好きで主なターゲットは小鞠。
姉とは違い、歳相応のスタイル(中一にしては良い方だが、蛍には及ばず)である。身体を動かすのは好きだが勉強は苦手。通知表は10段階評価で平均5を下回る。体育の成績もいいわけではない。テストで0点を取ったこともあり、母親に答案を発見され大目玉をくらっている。
能天気な性格だが、人間は死んだらどうなるのかについて夜通し考え込んでしまったこともある。

  • 越谷小鞠(こしがや こまり)
CV:阿澄佳奈
中学2年生。夏海の姉。中学生にも関わらず身長が130cm程度というヒジョーに小柄なスタイルであり、本人も気にしている。
あだ名は「こまちゃん」。小鞠だからではなく、細(こま)いからである。ただし本人はこのあだ名を気に入っておらず、呼ばれると怒る。
体型ゆえか人一倍大人への憧れが強く、事あるごとに年長者らしく大人の女性っぽく振る舞おうとするが空振りに終わるため、夏海にからかわれている。
大人ぶりたい本人とは裏腹に海では迷子センターに連れていかれるなど周りからは完全に子供扱いされる。怖いものが苦手だったり幼い面も垣間見える。憧れの女性はおめかしした蛍(ただし小鞠は相手が蛍だと気付いていない)。

  • 宮内れんげ(みやうち れんげ)
CV:小岩井ことり
小学1年生。旭丘分校の生徒の中では最年少。語尾に「のん」がつくことが多い。他にも「にゃんぱすー」など独特な口調で話す。
ネーミングセンスも独特である(狸は「具」、サワガニは「お塩」、蝉の幼虫は「その日暮らし」)。他のメンバーとは一線を画す感性を持ち、あまりの独自性に周りは理解できないことも多い。
成績はすこぶる良好で、1学期の通知表は5段階評価でオール5。
スタイル?貴様は小1に一体何を求めているんだ?

CV:???
中学3年生。小鞠と夏海の兄。旭丘分校の最年長者であり、唯一の男子生徒。寡黙であり言葉を発することはほとんどない。
最年長者ながらその扱いは往々にして雑であり、彼を除いた4人で行動していることも多い。
成績は優秀らしい。手先は器用であり、粘土で猫を作れと言われ短時間でハイクオリティな猫耳少女を作り上げた(直後に夏海に破壊されたが)。
その影の薄さに共感を覚えたのか、コミック3巻の帯ではなんと\アッカリ〜ン/からメッセージを送られた。

  • 宮内一穂(みやうち かずほ)
CV:名塚佳織
24歳。れんげ、ひかげの姉。旭丘分校教師。
授業はほぼ自習にして眠りこける、遠足の名のもとに生徒達に田植えを手伝わせる、小鞠が行方不明(迷子センターに連れてかれてた)になった際にビビッて引率責任を放棄しようとする、妹(7歳)が逃げた兎を釣ろうとして置いたモロコシに釣られる、いい匂いがする消しゴムをかじるなどなどはっきりいってダメ人間。
かなりのマイペース人間だが、たまに年長者らしい気配りも見せる。ホントたまにだけど。

  • 宮内ひかげ(みやうち ひかげ)
CV:福圓美里
高校1年生。れんげの姉で一穂の妹。東京の高校に通っている。おそらく東京での生活は3ヵ月程度であると考えられるが、夏休みに地元に戻り都会風を吹かせるニワカ都会人。しかし生粋の都会人である蛍には勝てず。
姉は身長も高く胸もあるが、こちらは小鞠ほどではないにしても背も胸もちっこいお子様体型。れんちょんの明日はどっちだ?
元は作者の別の漫画『こあくまメレンゲ』のキャラ。

  • 越谷雪子(こしがや ゆきこ)
CV:平松晶子
卓、小鞠、夏海の母。時には鉄拳制裁も辞さない厳格な母親で、子供たちは逆らえない。
3人の子供達を一年ごとに産んだ地味にすごい人。

  • 石川ほのか(いしかわ ほのか)
CV:高垣彩陽
小学1年生。夏休みに祖母宅に里帰りしていた女の子。れんげにとっては唯一の同年代の友達。

  • 加賀山楓(かがやま かえで)
CV:佐藤利奈
20歳。旭丘分校の卒業生で、現在は駄菓子屋を経営している。不良っぽく見えるがそうではないらしい。
れんげにかなり懐かれている。

  • 富士宮このみ(ふじみや このみ)
CV:新谷良子
高校3年生。越谷家の隣人。明朗快活で猪突猛進気味。吹奏楽部所属。
得意技はアイアンクロー。



2014年4月、イベントにて二期の制作が発表された


追記・修正してくれるのん?

この項目が面白かったなら……\ポチッと/