エンシェント・アクエリオン

登録日 :2012/09/09(日) 18:49:46
更新日 : 2015/07/27 Mon 02:06:46
所要時間 :約 2 分で読めます




  • エンシェント・アクエリオン -

2万4千年前(EVOLから3万6千年前)に堕天翅族よりも先行する神々の時代に創られた『本来のアクエリオン』である。

元々は神々が纏っていた戦闘用武具の様なモノで「合体機能」のない一体での運用されていた。

堕天翅族の時代にはアトランディアの地下深くにある遺跡に 何体かの鎧 が眠っていたが、アポロニアスがその内の一体を盗み出した。
エンシェントアクエリオンを運用するには、堕天翅族でさえ1人では神の力に及ばず、
それを解消するために合体機能が付き、3体のベクターマシンに分けることで運用を可能にした。

しかし、3体に分けられた影響やエレメントの能力不足により、アクエリオンは本来の力を発揮できなくなっていた。
そのフルパワーを発揮していない状態が ソーラーアクエリオン である。


◆CRF創聖のアクエリオンⅢ◆

最終決戦リーチ時に登場。老賢翅・夜翅との戦闘時に苦戦するアポロ、シルヴィア、
麗花の乗るソーラーアクエリオンが不動GENの「神来モード」の掛け声により脱皮する様に変化した。

因みにパイロット3人の服装も神話時代の様な鎧姿になる。

必殺技は夜翅の中にある「古の武器」を使用する。

  • 必殺技-
アポロVer:天空破砕槌
シルヴィアVer:黎明光刃翔
麗花Ver:神冥断戟破


◆アクエリオンEVOL◆

-エンシェント・アクエリオン-
ゼシカの体を完全に乗っ取ったミカゲが意識を失ったミコノとカグラと強制合体した姿。

頭翅の心の影であるミカゲの影響により禍々しい黒色へと変貌している。
禍々しさも去ることなら、巨大化しておりアクエリオンEVOLより数倍以上でかくなっている。

その巨大さを持って、幾つもの無限拳を二つの惑星の大地に突き立てプラーナを吸収しながら引き寄せ、
衝突させて無の世界に帰そうとしたが、ミコノがミカゲの心を理解した事にミカゲが動揺したのとアマタとミコノの愛にベクターマシンが覚醒。
エンシェントアクエリオンと創聖合体したことによりアクエリオンLOVEとなった為消滅している。


◆必殺技
神来無限拳(INFINITE PALM OF THE BUDDHA):ミカゲの因果律を超える原因と結果の逆転により無数に無限拳を出現させる。






追加・修正は 最終決戦リーチ を出して、 ミカゲの心 を理解してからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/