ダイヤのA

登録日 :2011/05/21(土) 10:09:03
更新日 : 2017/06/06 Tue 12:47:48
所要時間 :約 6 分で読めます




ダイヤのAは、2006年から週刊少年マガジンにて連載されている野球漫画。既刊41巻。
第53回小学館漫画賞少年向け部門、第34回講談社漫画賞少年部門をそれぞれ受賞。
特に週刊少年マガジン連載作品の小学館漫画賞受賞は本作が初受賞で有る。これには誰もがド肝を抜かされたハズ。

また、2013年10月から2016年3月まで、テレビアニメがテレビ東京系列で放送された。

◇ストーリー
中学最後の大会。統合の為、廃校が決まっている母校・赤城中学の為に名を残そうと出場するも、沢村は肝心の一回戦で暴投してしまう。
それが原因で、試合の結果は負け。
チームメイト達と高校でリベンジを考える中、東京の名門校・青道高校からスカウトがやって来る。
気が乗らないまま、青道高校を見学。そこに所属している天才捕手・御幸一也との出会いが、沢村の人生を大きく変えて行く…。


◇登場キャラ
青道高校

  • 沢村栄純
(CV:逢坂良太)
主人公。守備位置:投手。左投左打。背番号:20。1年。
負けん気が強く、闘志溢れるまっすぐな性格で、よく吼える。
球速は130キロにも満たないが、肩関節と手首の軟らかさを活かし、上下左右自由自在に変化するムービングファストボールを投げられる。
寮では倉持・増子と同室。
名前の由来は「沢村栄治」からだと思われる。

  • 御幸一也
(CV:櫻井孝宏)
守備位置:捕手。右投左打。背番号は2番。2年。青道高校所属の名捕手で、サングラスがトレードマーク。
優れたリード力と捕球力で、1年からレギュラーの座についている。

  • 降谷暁
(CV:島﨑信長)
守備位置:投手。右投右打。背番号:11番。1年。
150km以上もの豪速球を投げる怪物投手。クリス曰く、「センスの塊」で、打撃面でも優れており、本塁打を大量生産出来る。

  • 小湊春市
(CV:花江夏樹)
守備位置:二塁手。右投右打。背番号:19番。1年。
小湊亮介の弟。内に秘めた闘志や偽装サイン、長目の木製バットを使う等して、相手チームを揺さぶるのが得意な技巧派。

  • 倉持洋一
(CV:浅沼 晋太郎
遊撃手。両投両打であるが、基本は右投げ。背番号:6番。2年
俊足のスイッチヒッター。小湊(兄)との二遊間は鉄壁の守備力を誇る。「ヒャハハ」という笑い声が特徴。
寮では沢村・増子と同室

  • 結城哲也
(CV:細谷佳正)
守備位置:一塁手。右投右打。背番号:3番。3年。
主将。巧打力、長打力を併せ持つ、不動の四番打者。チャンスにおける勝負強さも群を抜いている。

  • 伊佐敷純
(CV:小野友樹)
守備位置:中堅手。右投右打。背番号:8番。3年。
強肩強打の三番打者。よく吼えるため、青道のスピッツと呼ばれている。多少のボール球でも初球からガンガン打ちに来る。

  • 増子透
(CV:羽多野渉)
守備位置:三塁手。右投右打。背番号:5番。3年。
典型的なパワーヒッターで、詰まった辺りでもホームランに出来る五番打者。
但し、ストレートには滅法強いが、変化球には弱いという弱点が有る。
寮では沢村・倉持と同室

  • 丹波光一郎
(CV:森田成一)
守備位置:投手。右投右打。背番号:1。3年。
140kmものストレートとカーブが武器。夏の予選前ではフォークを修得する。打順は八番を打つことが多い。口癖は「ふしっ」。
あれは・・・青道の大エース・・・丹波!?

  • 小湊亮介
(CV:岡本信彦)
守備位置:二塁手。右投左打。背番号:4。3年。
春市の兄で、ショートの倉持と共に鉄壁の二遊間を誇る。優れた選球眼の持ち主で、粘り打ちやセットプレーも巧みな投手が嫌がるタイプの二番打者。
何時も笑っているが、かなりの毒舌家。神威ではない。

  • 滝川・クリス・優
(CV:浪川大輔)
守備位置:捕手。右投右打。3年。
通称・クリス。父親が元・プロ野球選手。

  • 金丸信二
(CV:松岡禎丞)
守備位置:三塁手。右投右打。1年。
何だかんだで沢村の良き理解者。ストレートに滅法強い。

  • 東条秀明
(CV:須藤翔→蒼井翔太)
守備位置:外野手・投手。右投右打。1年。
投手として入部するが、実力不足を痛感し外野手に。

  • 片岡鉄心
(CV:東地宏樹)
青道高校野球部の監督。元・投手。サングラスがトレードマークで、見た目は893の組長さんと言った感じ。

  • 吉川春乃
1年。野球部のマネージャーで、沢村とは同じクラス。エースを目指している沢村を応援している可愛い娘。沢村と恋愛フラグが立ちそうで立たない。

【市大三高校】
  • 田原俊彦
市大三高校野球部の監督。「真中ボーイ」等、カタカナ交じりの日本語を話す。

  • 真中要
(CV:鳥海浩輔)
守備位置:投手。右投げ。背番号:1番。3年。
高速スライダーがウイニングショットのエース。

【黒土館高校】
  • 財前直行
(CV:寺島拓篤)
守備位置:投手。右投右打。3年。
金髪がトレードマークで、かつてシニアでクリスと鎬を削った事が有る投手。口調は乱暴だが、チームメイト思いの一面も有る。

【都立桜沢高校】
  • 長緒アキラ
守備位置:投手。背番号1。右投右打。
無名の進学校の桜沢高校を準決勝に導いた投手。魔球・ナックルボールを操る。

  • 菊川早苗
都立桜沢高校の監督。愛称は教授。アキラ達に刺激され、監督として甲子園を目指す。

【稲城実業高校】
  • 成宮鳴
(CV:梶裕貴)
守備位置:投手。背番号1。左投左打。2年。
MAX148キロの直球、多彩な変化球を武器にする本格派左腕。緻密なコントロールに加え、緩球も一級品。自信過剰な性格だが、原田によって制御されている。
打順は五番だが、作中では打撃で活躍した場面はあまり無い。
だが青道戦では川上からサヨナラ打を放ち激闘に終止符を打った。

  • 原田雅功
(CV:前野智昭)
守備位置:捕手。背番号2。右投右打。3年。
強肩・強打を誇る稲実のキャプテン。チームの精神的支柱で、ここ一番での勝負強さを持つ。

【鵜久森高校】
  • 梅宮聖一
守備位置:投手。背番号1。右投右打。2年。
鵜久森のエースで四番。リーゼントっぽい髪型が特徴。カーブの使い手。つねに何か喋ってるやかましい奴だが、何か自信に満ちた表情をしている。


【薬師高校】
  • 轟雷蔵
薬師の監督。雷市の父。一見適当な采配をしているように見えるが、ちゃんとした野球感を持っている。

  • 轟雷市
(CV:小野賢章)
守備位置:三塁手。背番号20。右投左打。1年。
薬師高校の四番。尋常ならざるスイングスピードから本塁打を量産。口癖は「カハハハ」。
沢村と少し顔が似ている。

【その他】
  • 蒼月若菜
沢村の幼なじみで、沢村とよくメールする。可愛い。マネージャーの春乃と共に沢村の彼女候補。

  • 落合博光
青道の次期監督候補。今は青道の解説役。元紅海大相良高校のコーチ。通称・軍曹。

  • 狩場航
青道高校1年の捕手。

  • 坂井一郎
青道高校、左翼手、3年。青道一の苦労人。夏の大会では、なかなかの活躍をした。


【漫画の特徴】
主人公以外のキャラにも平等にスポットライトを当てている。観客の声援や実況が多い。
「爆熱スクリュー」や「デスソード」のような派手な技は存在しないが、高校野球のリアリティを最大限に引き出している。


追記・修正よろしくお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/