橘サクヤ

登録日 : 2011/02/27(日) 14:18:25
更新日 : 2016/11/19 Sat 17:31:40
所要時間 :約 4 分で読めます





「生き延びるわ、必ず!!」


GOD EATER」の主要登場人物

CV:大原さやか
性別:女性
年齢:21歳
神機:旧型遠距離(スナイパー)「ステラスウォーム」
所属:第一部隊

主人公の先輩で第一部隊のサブリーダー。
おかっぱ頭と大胆な露出多めの服装が特徴的。
リンドウツバキとは幼なじみ。

現オペレーターのヒバリと同じく、適合可能な神機が見つかるまではオペレーターとして勤務していた。

銃の腕前は非常に高く、その制動力に加え、衛生兵としての技能も抜群の為、未確認のアラガミとの戦闘時に招集される事も多い。
判断力もサブリーダーに相応しく、他部隊では隊長相当の任務を引き受ける事もある程。

気難しく、諸事情から仲間を拒みがちなソーマと対等に話せる数少ない人物で、どんな事があっても他人を責めない姿は大人そのもの。
料理の腕も中々なものらしく、時々アナグラの人員からリクエストされて作ることもあるらしい。
主人公が第一部隊に所属する事になり、新型と旧型遠距離のコンビで指導に当たるのが始まり。
そんな中、ミッション 「蒼穹の月」 にてリンドウは教会に閉じ込められてしまい――


以下、物語の核心に迫る為ネタバレあり











リンドウが行方不明になり、MIAと確定、除隊死亡扱いとなる中で珍しく取り乱し、暫しの休暇をツバキに言い渡される。

リンドウとの思い出を浮かべ、落ち込む彼女はふとしたきっかけからリンドウが残したディスクを入手。
「別任務に当たっていたはずの同一部隊が同エリアで遭遇」「ミッション履歴の削除」等の矛盾を知ったサクヤは、彼の意思を継いで真実を求めて行動する事に。

その過程で療養中のアリサとも面会するが、リンドウがMIAになる原因となった彼女に対しサクヤは決して責めはせずに優しく問いかけ、復帰後はアリサと共に動き出す。

その過程でプリティヴィ・マータを倒し、現れたディアウス・ピター相手に決意を固めたり、ピターを滅し仇を打って涙したりと、中心人物の中ではかなり感情が強く出ている。

最終的に、ディスクから得た真実とチカラを使ってエイジスに侵入するが、それすら把握していた支部長&大車の罠に掛かり、追ってきたアリサに撃たれてしまう。
しかし、主人公との触れ合いで暗示を振り切ったアリサは回復弾での演技を仕込み、最終的には二人揃って逃走に成功。

指名手配されるが、最終決戦直前に合流。
主人公達と力を合わせ、支部長が駆るアルダノーヴァと戦った。



バースト追加シナリオでは意外にも中心では無いし前面にも出ないが、リンドウとの再会直前にリンドウの姉の前で想いをぶちまけると言うカッコイイことをした。しかもツバキが「同じ悲しみを二度も味わう必要はない」と待機命令を出すが、「 愛する人の最期を見届ける義務がある 」と拒否し、エイジスに向かう漢の一面も見せた。

しかも、リンドウと結婚してしまう始末。 部屋も同じである(主人公がリンドウの部屋を使っていたというのもあるが)。

決して女主人公のがフラグ立ってるとか言っちゃいけない。

ED後、リンドウが撒き散らす羽の掃除に苦労しているノロケ話が聞ける。幸せそうで何よりです。

RESSURECTIONでは 揺れる 。そして 透ける
追加シナリオ冒頭では支部長代理の指示のもと、リンドウと世界各地の調査(新婚旅行)に向かうためしばらくの間アナグラを留守にする。
戻ってきてからもリンドウとともに陽動や偵察に出る事が多い。

尚、アリサ同様ボイスが時期により変化する。
リンドウが行方不明になる後は悲壮を乗り越えた強い意思が垣間見えるが、前は優しいお姉さんみたい。
当然、リンドウが復帰するとボイスはリンドウ行方不明前に戻るので、聞き分けたい人は気を付けよう。

漫画だと妊娠している為、一時的に第一部隊から外れている。父親は無論彼。やはり公式でリンドウの嫁はサクヤさんだった。



・NPCとしてのサクヤさん

遠距離からレーザーで狙撃、ホーミングするので多少のブレにも強い。
同じ旧型スナイパーのジーナと比べると火力は低く、奇襲もしにくいが、治癒能力で差別化可能。回復が足りないならば此方。
リンクエイド性能が高く、回復Hレーザーでピンチを回避出来る。体力0でぶっ飛ばされ着地する直前に回復Hレーザーのアシストで窮地を脱した神機使いも多いのではないのだろうか。
スキルも衛生兵らしく回復重視なので、こちらがやられた際のリカバリーと早期戦線復帰も安心出来る。

無印では誤射が多く「制動力(笑)」やら 「高機動型コクーンメイデン」 やら呼ばれていたが、バーストでは大幅改善されたので気にしなくても良くなった。

特典衣装はチャイナ服。
スタッフはよくわかっていると言いたくなるチョイス。

RESSURECTIONではリンクエイド関連のスキルが充実しているのは同じだが、なぜか回復弾の使用頻度が下がっているため回復役としての価値は相対的に低下した。
代わりに回復弾が固定装備ではなく、火力に特化した構成も可能となっている。
戦闘中は主にレーザーではなく狙撃弾を使うためスナイパーNPCとしては火力が高めである点も見逃せない。



・余談

初期デザインでも見た目や方向性はあまり変わらないが、適合神機は近距離型でより戦う女性らしさが強くなっている。
服装も赤色が主体なので、今の緑とは異なり攻撃的。


また、たまに彼女の部屋に入れる。しかも、なんと洗濯物が干してある!!つまりブラジャーがある!!そしてブラジャーが大きいこと大きいこと。こんなの見たら……ふぅ。


ロシア殲滅戦を描いたアニメで支部長の側に控えているのはオペレーター時代のサクヤである。また、核爆発直後にもアリサ、コウタと共に一瞬だが映っている。
この時の服装はヒバリと同じもので露出度が低く、初見で彼女だと気付いた視聴者は少なかった。
サクヤが神機使いになるとはっちゃけた服装になったので、ヒバリもそうなるのではと期待する人も多い。


尚、名前がまるっきり同じで武器も同じ銃使いの仮面ライダーギャレンこと橘朔也がいるのだが、全く関係ない(スタッフが狙ってない限りは)
当たり前だが変身もしないし、オンドゥル語も話さない。





肩の力抜かないと、いざという時に追記修正出来ないわよ?

この項目が面白かったなら……\ポチッと/