キレンジャー(初代)/大岩大太

登録日 :2011/12/14(水) 02:27:19
更新日 : 2017/05/21 Sun 19:14:50
所要時間 :約 4 分で読めます





キレンジャー!

大岩大太とは秘密戦隊ゴレンジャーに登場するゴレンジャーの一員であり、キレンジャーに変身する戦士である。誕生日は7月15日の23歳。

演:畠山麦

人物
イーグル九州支部で柔道のクラブ活動中、黒十字軍の仮面怪人・青銅仮面の襲撃を受け、唯一生き残った。

その後は他のゴレンジャーとともにゴレンジャー指令室「ゴレンジャールーム」の入り口を擁するスナック「ゴン」に集まった。他のメンバーからは「 大ちゃん 」と呼ばれている。

ゴレンジャーのムードメーカーであり、女子供にも優しいがそれが仇となって敵の策にはまることもある。

ゴレンジャーの中で唯一出身が九州と判明しており九州弁で話す。

ミドレンジャー/明日香健二 や太郎君になぞなぞをよく出されるが「何じゃろな〜?」「何じゃらホイ?」など言うあたり苦手らしく口の悪い九官鳥・ゴンやナレーションにも次回予告で馬鹿にされていた。
その一方で精密機械のスぺシャリストという一面もあり、毒ガスの濃度を測る機械を使用したり、個人装備のYTCや福引で当たったアンドロイド(実は黒十字軍の仮面怪人・赤面仮面)を一人で組み立てることもあった。
その事もあってか、 アオレンジャー/新命明バリブルーンを操縦する時サブパイロットとして同乗し、スイッチの操作を任されることが多かった。

(↑)「さて行きましょうか、大ちゃん。」

(ー)「はいな、新明どん!」

またスナック「ゴン」のマスターが江戸川権八総司令であることに最初に勘付いたこともあった。

第55話で外の人の都合で唐突に九州支部の教官になるが キレンジャー(2代目)/熊野 大五郎 が殉職したため復帰し、黒十字軍と戦い抜いた。


キレンジャー=カレー好き
キレンジャーの中で外すことの出来ないものといえばこれだろう。
第1話でスナック「ゴン」に入ってすぐに カレーライス大盛りで四枚!」 と頼み、それを全部平らげたのである。

その後もスナック「ゴン」にいるシーンではほとんどカレーを食べており、キレンジャーの個性として深く根付いた。

ちなみに第3話の時点で早くもマスターにツケのことをぼやかれてたりする。
また味にもこだわっているようで、料理教室に来た女性たちのカレーのまずさに悶絶していた。

黒十字軍には戦闘員であるゾルダーにすら知れ渡っており、キレンジャーを捕獲するために時々カレーが使われるほどである。

後年の作品においてもリスペクトされており、影響の強さを伺える。

放送終了後は石森プロと東映の許可を得て「キレンジャーカレー」が発売された。

ゴー!

キレンジャー
おどば阿蘇山たい!おこればでっかい噴火山たーい!!
大岩大太の変身した姿。
得意の柔道で敵を投げ飛ばしたり、頭突きや怪力などで攻撃する。
個人装備は初期のころは持っておらず、第22話でやっとYTCが登場した。
しかし武器としての個人装備は第43話まで待たなくてはならなかった。


【武器と技】
  • 阿蘇山投げ
上記の台詞を言いながら投げ飛ばす技。

  • 阿蘇山頭突き
自慢の石頭での攻撃。メガトン頭突きと呼ばれることも。

  • YTC
様々な音波や電波を出して攻撃する無線機。水爆を不発にしたり、戦艦を破壊したりした。

  • キーステッカー
第43話から登場した伸縮自在の棒。YTCの能力を受け継いでいる。
短くした状態(キーモクギョ。キーゲンコツやキレンジャー怒りの鉄拳などとも)でゾルダーの頭を殴りつけるドレミ打ちが得意技。


海賊戦隊ゴーカイジャーにて】
レジェンド大戦にも 初代キレンジャー が参戦し、集団で襲いかかるゴーミンを相手に力でねじ伏せていた(199ヒーロー大決戦で確認できる)。
レンジャーキーはゴーカイイエロー/ルカ・ミルフィが使用するが、どうなるかは…ご想像通りです。


【余談】
大岩大太役の畠山麦氏はゴレンジャー終了から1年半後に亡くなっており、キレンジャーのイメージが付きすぎてその後のテレビ出演や収入がなくなったのが原因だと言われている。
キレンジャー役を石ノ森章太郎に推薦した漫画家のすがやみつるは当時、自分が気をきかせて売り込んだことに責任を感じ、滅入っていたことを明かしている。
スーパー戦隊シリーズ歴代作品の全戦士の中で、畠山氏は消息がわかる範囲で鬼籍に入った最初の役者であり、2017年までは唯一であった。



追記・修正大盛りで四枚御頼み申す!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/