装甲騎兵ボトムズ CRIMSON EYES

登録日 :2010/05/01(土) 00:40:45
更新日 : 2017/03/16 Thu 22:51:30
所要時間 :約 4 分で読めます





最も危険な罠。それはCRIMSON EYES。
巧まずして仕掛けられた歴史の闇に眠る殺し屋。
それは突然に目を覚まし、偽りの平穏を打ち破る。
チャンピオンREDは巨大な罠の雑誌。そこかしこで不安をはらんだ単行本が目を覚ます。
次回「罠」
CRIMSON EYESも巨大な黒歴史。失笑、卒倒、御用心。




装甲騎兵ボトムズCRIMSON EYESは装甲騎兵ボトムズと同じ世界で繰り広げられる外伝的な作品
作者は「アキハバラ無法街」でお馴染みの杉村麦太

その立ち位置は、さながらガンダムで言うところのGガンダム

何故ってそりゃあ……前代未聞、空前絶後の 萌えボトムズ だからさ。

ボトムズの特徴の野郎9.5、女0.5くらいの男女比率が野郎3、女7くらいになってるけしからん作品。
ボトムズは言うまでもなく男のアニメの代名詞的な存在、それがおめぇこの様だよ!だが、それがいいという人もいる。


女の匂い 染みつ~い~て~♪む せ な い

耐圧服着ないしね!ゴーグル?なにそれ


幼女が主人公だしね!スク水もあるよ!

懐かしいな…ストロングバックス…


ストーリーはボトムズだけあって結構殺伐としてるし、バトリングもあるし、メロウリンクみたいに機甲猟兵ごっこもするし…
なんだ、アレだ、だから…


◆ストーリー
アストラギウス銀河の惑星の一つ「惑星クラビウス」
その惑星では軍事政権と反政府勢力の果てなき内線が繰り広げられていた。
主人公レッカ・バロウは惑星の政権を執っている大統領サグート・プロクロスの実の妹。
自分達を拾ってくれた反政府組織を裏切って軍事政権側…しかも大統領にまでなったサグートを倒すために、大規模バトリング「グランディエロ」に挑戦する。

◆キャラクター

●レッカ・バロウ
この物語の主人公。
尻のドアップ映像 を見た最低野郎に「 出直してこい 」と言われるほど色気皆無な幼女。
小さいけれど、わずか15分の内に戦艦をぶっ壊し、護衛のATを10機も堕とす凄腕。
特に「不利な状況を無茶な奇策で強引に突破する」格上食いに長ける。そして無茶のしわよせは大体ATに行く。
流石に主人公様は格が違うが、実戦経験の不足からベテランや実力者相手では苦戦する事もしばしば。
肉体的には普通の幼女なので当然白兵戦も苦手。
本家ボトムズ主人公のキリコはたった一機で数千体のATの大軍団に突っ込んでも大丈夫だったし、それに比べたらこれぐらいはなんてことない。

最も、超絶インチキ設定のキリコと比べるのは間違いかも知れないが…

ボトムズ主人公の例に漏れず必要とあらば躊躇なくATを使い捨てるため、乗る機体がころころ変わる。
最終的に 赤い スコープドッグに乗る。
赤い、ホント赤い、レッドショルダーとかブルーティッシュドッグなんか、目じゃないくらい赤い。
ジオン公国の彗星 くらい赤い。


初登場時は首に 爆弾 が巻いてある辺りは、ボトムズっぽい最低さ。ただし、掲載誌が掲載誌なため、服装はボロボロのキャミソール一枚だった。
その他バニーっぽい衣装着せられてATに磔にされたり、AT相手に白兵戦させられたりと割と酷い目に遭ってるが、まあボトムズ的にはいつもの事である。


●サグート・プロクロス
惑星クラビウスの大統領にしてレッカの兄。
バトリングとか超好きで自らもATを駆る、マントで目眩ましとか…ボトムズですよ?これは
レッカの無茶な戦闘スタイルは大体こいつ譲り。
なんやかんやあって最終的に死んだと思われるが、いったい全体なにを思っていたのかいまいち不明な人。


●バシリッサ
サグートに拾われた戦災孤児。ヤンデレ幼女。
自分こそがサグートの本物の妹だと主張して憚らない。
AT戦の為に体に機械やらなんやらを埋め込まれていて驚異的な反射神経を持っている。
そう…「ビッグバトル」に出てくる ニーヴァのおっさんと同類 である、脳が痛てぇ。
バシリッサに歯向かう奴は皆かませ犬になると言う特殊能力をもっている。


●ハリラヤ
クエント星出身の傭兵、クエント人だけあって身長がやたらデカい。
乗ってるATは当然ベルゼルガ。
強敵匂を醸し出していたが、バシリッサの特殊能力のせいで思ったよりあっさり負ける、不憫

中盤でベルゼルガを破壊されており、最終回ではファッティーに鶏冠飾りとダブルパイルバンカーを装備したベルゼルガイミテイトに搭乗していた。


なんだかんだ書いたが、これも立派なボトムズの一つなので、興味ある方は周りの最低野郎から隠れてこっそり読んでみてはいかが?
推奨BGM「炎のさだめ」

女を見たのが幻想なのか。
男の渇きが幻想を生むのか。
ボトムズの登場人物に萌えを見るのが幻想に過ぎないことは、
視聴者の誰もが知っている。
だが、あの幼女が、スク水のアップが幻だとしたら。
そんなはずはない。
ならば、この世の全ては幻想に過ぎぬ。
では、目の前にいるのは誰だ。
次回「編集」。
性的なるものが牙をむく。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/