セルティ・ストゥルルソン

登録日 :2010/04/17(土) 21:59:36
更新日 : 2017/06/03 Sat 11:16:09
所要時間 :約 4 分で読めます




――セルティ・ストゥルルソンは人間では無い。


デュラララ!!の登場人物。
声:沢城みゆき
※厳密にはセルティの書いた文字を読むナレーション的な役割
セルティ自身が喋ってはいない。


一応 主人公 。そしてヒロインでもある。首ないけど。

池袋の生きる都市伝説
その正体はデュラハンと呼ばれる、アイルランドからスコットランドに伝わる妖精の一種で、性別は女性。

二十年程前に自分の首をなくしてしまい、離れた首が発する気配を追って池袋にやってくる。
その際にデュラハンの鎧を漆黒のライダースーツに、首無し馬コシュタ・バワー(セルティはシューターと呼んでいる)を黒いバイクへ変えた。
その外見から、原作小説では思いっきり仮面ライダー呼ばわりされていた。

スタイルはかなりのものであり、ライダースーツごしに見ても解る通りにイイ体である。

質量を持つ影を操る能力があり、作中では
  • 財布
  • 大鎌
  • 物体を球体で覆う
…etc

などかなりのチート。
因みにライダースーツもこの能力で作っている為、解除すると素っぱd(ryいたたた、セルティ痛いよ……!
コホン、強度はかなりあるようで、ナイフで刺されても車に跳ね飛ばされても全く本人に外傷はなかった。


前述の通りデュラハンである為に首が無く、話すことはできないが視覚や聴覚は人間と同様であり、PDAやノートパソコンを介した文章によって発言。
(アニメでの声は視聴者に向けて解りやすくしたものであり、実際は作中では聞こえていない。ただ新羅には聞こえるらしい。声エロ…可愛いのに)
ただし聴覚の方は一般人よりは優れているらしく、エンジン音のするバイクに乗っていたヴァローナの独り言のような囁きを正確に聞き取ったこともあった。
視覚の方は夜目は利くようだが後ろは常人と同様に死角らしく、静雄が背後で常識を超えた業を平然と披露していた時に気づかなかったこともあった。


同居人である岸谷新羅とは日本に来る際に船の中で出会った。

副業として非合法の運び屋をしており、その報酬がそのまま新羅の生活資金になっているんだとか。

普段の外出時は首に当たる部分に 猫耳の着いた可愛いヘルメット を着用している。
また、ネットやDVD・テレビ鑑賞を趣味としており『世界不思議発見!』がお気に入り。
他にも、原作4巻では『ガッテン』、『テレビ特捜部』、『月9ドラマ』、『相棒』、『なんでも鑑定団』を(おそらくVHSに)録り貯めている。

と、まぁこんな彼女だが作中ではかなりの常識人&お人好し。


また、妖怪や幽霊の類いは平気だが宇宙人には恐怖に震えるという一面も。


そして、交機に追われた件から 警察は化け物だ とトラウマを植え付けられ、某ひぐらし宜しく謝る場面もある。
この時のセルティは凄く可愛いので要チェック!

平和島静雄と仲が良い。
というのも、セルティは余計なことを喋らない(性格的にも身体的にも)ので、異常に短気な静雄を怒らせることが無いからである。
バイクに二人乗りしたり、静雄の過去を語られたりと、あまり人と接しないセルティには数少ない貴重な友人となっている。


顔が無いから解り難いが、感情表現は非常に豊か。
アニメ版だと、首から出る影の形や量がコロコロ変わる。(ハートになったことも…)

作中では、
インターネットの王様、ヤンキーのトップ、切り裂き魔の母親、破壊神、情報屋、変態etc
と並んでいるためトップクラスの常識人で普通の人である。
首無いけど。
人ですらないけど。



以下各巻での活躍( ※ネタバレ注意 )













デュラララ!!:自らの首を探して池袋の街を走り回り都市伝説として語られており、チャットでのハンネは「セットン」。
ある日、自分の首を付けた少女を発見。追いかける内に竜ヶ峰帝人の正体を知り、ダラーズの集会で矢霧製薬の人間を無双した。
この時のセルティの心情は必読。
後、自らの首を付けた少女―張間美香の証言により、岸谷新羅と互いに想いをぶつけ合い晴れて恋人となり、自らの帰る場所を獲得し首への執着を断ち切る。

デュラララ!!×2:前述から首への執着が無くなり、首の無い自らを愛してくれる新羅とイチャイチャする(新羅の事を『変態』呼ばわりした臨也に鎌を向ける程)。
運び屋の仕事でたまたま現れた罪歌と交戦、罪歌を宇宙人と勘違するセルティ可愛い。
後に杏里と静雄が罪歌に狙われる最中、罪歌の「子」達に囲まれるも静雄に影で作ったグローブを渡し杏里を迎えに行った。

デュラララ!!×3:新羅の父親、森厳を迎えに行き自らの首を盗んだ犯人を知る。ドジッ娘セルーティ!
尚、上記の警察へのトラウマはこの時の交機とのバイクチェイスで植え付けられた。
黄巾族に囲まれる杏里を助け出し、終盤正臣と乗っ取られた黄巾族との場に杏里と帝人を連れてきた。

そして 【アニメネタバレ注意】


















アニメのラストでは岸谷新羅に対して無防備な格好をさらけ出し尚且つ、

「挑発しているんだよ」

の一言。

もうセルティ可愛いよセルティ!!ハァハァ



※ちなみに昼間の話



以下重要なネタバレ













実はこれまで作中で起こった事件のほとんどに、「セルティがいなければ事件は起こらなかった」レベルで関わっている。
例えばセルティの首が矢霧製薬に渡らなければダラーズが表に出ることはなかったし、
首を切り離すために使用された罪歌を森厳が園原堂に売らなければ贄川春奈も罪歌に斬られずリッパーナイト事件は起こらなかった。
さらに言えば、臨也の人間好きがあれほどまでに悪化したのも、セルティを愛する新羅の姿に衝撃を受けライバル視するようになったため。

ただし、例えば杏里はそもそも罪歌がなければ父親に殺害されていた可能性が高く、
静雄もリッパーナイトのお陰で人間的にある程度成長したりなど、必ずしも悪影響ばかりを与えてきたわけではない。





追記・修正よろしくお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/