SISTERS~夏の最後の日~

登録日 :2011/05/02(月) 05:12:34
更新日 : 2017/10/30 Mon 02:16:55
所要時間 :約 4 分で読めます





自然豊かな山あいにある白い家。
少年は美しい姉妹とその母に出会い、
ともに暮らすことになる。
姉妹との楽しげな日々。
しかし、少年は知らなかった。
そこには秘密があったことを―――

Jellyfishの抜きゲー。エロゲーじゃなくて抜きゲー
大事なことなので二回言いました
タイトルが公式HPでもSistersやsistersと表記されていたり安定しないが、パッケージではSISTERS。
Hシーンどころか立ち絵ですらアニメーションなのが最大の特徴。
Jellyfishのゲームにはよくあることだが、製作発表から数年音沙汰もなく、せっかく発売が決まってもやはり延期を繰り返し、マスターアップしたとの情報が流れても釣りだと疑われる始末であったが4月28日に無事発売された。(ちなみにこの日はかなりの激戦区である)

「ラブ・エスカレーター」をリメイクして作られた前作・LOVERSはエロシーンこそ完璧であったがシナリオがやたら重苦しかったり、ツギハギ感が否めなかったりと散々な出来だったので、本作はシナリオには期待しないで主にオカズ目的で買う人が大半だったと思われる。
どれくらいエロいんだろうと思った人は、ティッシュ箱を持参の上で体験版をどうぞ

■登場人物
  • ???
この物語の主人公で名前変更可。黒髪の没個性系主人公。
特技はギターと無限射精(いかにもエロゲー主人公らしい彼の異常なまでの絶倫っぷりは、一応公式で裏設定がある)。
自転車に乗っていた彼が車に轢かれたところから物語は始まる。
基本無口で、あまり感情を表に出さない。

  • 秋子
CV:湖月紅れ葉
春香、千夏の母親。未亡人であり娘がいない間に、事故にあった主人公を看病していた。
クールな知性派の女性に見えるが、だいぶ派手なドジっ娘属性を持つ。
また家事があまり得意ではなく、そのためか春香の料理の腕が上がっている一因にもなっている。
かなりの巨乳で、「彼女で抜かない奴はおそらくいないんじゃないか」というくらいの異常なエロさを誇り、タイトルがSISTERSであるにも関わらず本作屈指の人気キャラになってしまった。
残念ながら物語早々に主人公を娘達にまかせ退場する。

  • 春香
CV:桃井いちご
音楽好きで作曲が趣味。フルートの演奏もする。
おっとりした優しい性格だが、妹にはお姉さんぶる。
お菓子が1つしかないときは妹に譲る優しいところも。
料理が得意。
メインヒロインかと思いきや過去にけいすけ(主人公)と付き合っており非処女である。
しかし、交通事故でけいすけが記憶を失って今に至る。
胸元にホクロがあったりとエロさでは負けていないが、後年リリースされたUltra Editionで唯一ピンでの新規カットを与えてもらえなかったりと少し不遇。

  • 千夏
CV:氷室百合姉
春香の3つ年下。ロシア人の少女っぽいイメージでデザインされたキャラであるらしい。
子ども扱いされることを嫌い、姉は自分より子供だと思っていて、ませている。
スポーツなど体を動かすことが好きで、負けず嫌いで時々意地悪になることも。
不器用で料理は苦手。本当はさびしがり屋。
全ヒロインの中で唯一処女だが、けいすけ(記憶を失う前の主人公)の事が…

  • 中年男
主人公の前に現れる謎の中年男性。
見た目は某バスケ漫画に出てくるホワイトヘアードデビル。
秋子さん目当てで会いに来るため、NTRを期待する輩が大量発生した。

眼鏡をかけた千夏の友だち。
明るい性格で表情をころころ変える。

  • けいすけ
金髪ロン毛のイケメンで、秋子の旦那の葬式に出席したのが縁で春香と付き合いだすが…
見た目通りのチャラ男で過去の回想でたびたび出てくる。実は記憶を失う前の主人公

■実際の内容
購入前からの予想通りシナリオが残念…っというより無い
主人公の心理描写が全く書かれていないため、はっきり言ってプレイしていてつまらない。
また、選択肢はあるもののその後の展開には影響せずEDも一つだけなので、エロアニメと割り切ってプレイする方が好ましい。
さらに終盤に入ると日常パートがほとんど無いまま夜になり、そのままHしてその日を終えることもザラであり、プレイヤーはよくわからないままEDになる。

スタッフロール後の 
終わり

は、まるでJellyfishのその後を暗喩しているようでシュールな笑いを誘ってくれる。

本来ED分岐やイベントを用意していたものの、発売までに製作が間に合わずにHシーンを無理やり繋げて纏めたのがげいいん(なぜか変換できない)だと思われる。
そのせいなのか主題歌はボーカロイドに歌わせる暴挙に出た。

散々延期しておきながらこれでも時間が足りないのはもはや呆れる。

しかし、上記のつまらない話の中にも伏線が散りばめられており、なにも考えずにオナニーばかりしてスキップしていると、自然にミスリードさせられるので、まともな文章を書けるライターと時間さえあればシナリオ方面でも高評価を得たのではないかと惜しまれる。
また、システム回りもよくなくスキップはF2を押さなければならないしクイック系もない。
さらに移動がめんどくさく、だらだら歩く上に部屋間違えるといちいち元の場所に戻る。

その反面、Hシーンはかなり力が入っており、一つのシーンを除いてかなりエロい。
普通のエロアニメよりもよっぽどエロいので、これだけでもフルプライスの価値はある。
作画が合う人にはたまらないだろう。


追記、修正は秋子さんにお世話になった人だけお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/