狂った教頭No.2~この支配からの卒業~

登録日:2012/04/02(月) 21:24:52
更新日:2018/10/18 Thu 05:43:28
所要時間:約 4 分で読めます




2010年6月18日に蛇ノ道ハ蛇ソフトより発売されたエロゲーである。

内容を要約すると、校則違反した生徒を罰として犯す、典型的な陵辱ゲー。

しかし、発売前に「最低でも4000本売れないと会社潰れるから皆買って~(泣)」という脅迫染みた宣伝をしていた。
結局、4000どころか3000本の壁すら越えられなかったが、今も何だかんだで続けることになった。



…だが、そんなのはどうでもいい!
このゲームを語る上で欠かせないのはシリアスな笑いで埋め尽くされたカオスな展開

まずジャンルが、
「このゲームをプレイするために卒業したAVG」
と既におかしい。

他にも、教頭が色々はっちゃけまくっている…つか、美味しい所を教頭が全部持って行く(後述)。
更に言うと、下手な燃えゲーよりも熱いバトルがある。

ちなみにOPが陵辱ゲーには珍しく男性ボーカルでカッコいい。
でも、歌詞がカオス。
真面目に歌っているので腹筋破壊必至な電波ソングと化している。
そもそも、OPムービーのヒロイン紹介部分がオマケ扱いの時点で既におかしい。

また、初回特典のOVAも色々ツッコミ所全開。

……あれ、これ何のゲームだっけ?

気になるなら、体験版とデモを落とそう。



◆キャラクター

◇ヒロイン

篠崎悠莉
CV-倉田まりや
身長:155cm 体重:49kg
スリーサイズ:B83/ W54/ H82

後光学園に通う、ごくごく普通の心優しい女学生。
親は有名な政治家だが、ほとんど顔を合わせることもなく、悠莉自身もどこか距離を置いている。

運動神経が良く、特にバスケットボールを得意とするがちょっとドジ。
コートの中と外では別人のようだともっぱらの評価。

「バスケットはやめちゃったんです。……そうしないといけなかったから」

蓮城寺薔薇乃
CV-御苑生メイ
身長:165cm 体重:53kg
スリーサイズ:B86/ W55/ H84

国内でもケタ違いの財力を誇る、蓮城寺家の一人娘。
人間の価値は持っている資産で決まると考えており、金を持っていない人間はゴミ同然と蔑んでいる。

その財力・権力を振りかざし教師を買収、圧力をかけるなど、学園内でも傍若無人に振る舞う。

「その言葉、蓮城寺家への挑戦と受け取りましたわ」

青柳琴佳
CV-三郷綾夢
身長:151cm 体重:46kg
スリーサイズ:B78/ W51/ H80

遡れば神話の域に達するほど由緒正しき旧家の娘。
だが本人は明るく無邪気なムードメーカーで、そのことを微塵も感じさせない。
新任教師の主人公にも興味を示し積極的に話しかけてくるが、時折どこか醒めた素振りも見せる。

彼女については “ある噂” がまことしやかに囁かれているようだが……

「ふわぁ、秘密を抱えた新任教師! ロマンの香りがするよぉ」

神楽坂祀璃
CV-奥川久美子
身長:159cm 体重:52kg
スリーサイズ:B81/ W52/ H83

後光学園に転入してきた、無口な少女。
なぜか学園内でも特別な扱いを受けており、本人もそれを察してか、教師、大人に対して一線を画した態度をとる。

唯一自分を “普通” に扱う主人公に興味を持ち、それとなく接触してくる。

「やっぱり、大人はみんなわかってくれない……」

藤眞由梨絵
CV-氷室百合
身長:162cm 体重:54kg
スリーサイズ:B91/ W57/ H88

礼儀正しく和やかな、学園の古典教師。
主人公が副担当を受け持つクラスの担任教師でもある。

滅多なことがない限りは学生を叱ることのない穏やかな性格から、学生に好かれている。
だが一方で、腹の中で何を考えているかわからないと不気味がられている面もある。

「可哀想だとは思うけれど、校則を破ったのはあなたなの。ごめんなさいね」

立川紫
CV-葵時緒
身長:172cm 体重:56kg
スリーサイズ:B87/ W56/ H88

硬派な学園の体育教師。
曲がったことが大嫌いで、まっすぐな性格。
教頭を相当に尊敬しているようで、彼に対しては崇拝にも似た感情を抱いている。

普段からジャージ姿で色気は薄いが、そのスタイルの抜群さと人を射抜くような眼光から、Mっ気のある教師に影ながら人気がある。

「きさま、この竹刀の錆になりたいか?」

影蔵茅春
CV-森山葵
身長:159cm 体重:52kg
スリーサイズ:B81/ W53/ H82

学園の秩序と校則を重んじる、学生会の会長。
人間味を感じさせない行動から、学生からも多少恐れられている。

自分の処女を守るためだけに学生会長になったという噂もあるが、定かではない。

「学生にとって、校則はなによりも大事ですから」 

◇野郎共

伊木杉清治
主人公。
以前務めていた学園で濡れ衣を着せられクビになったが、何故か教頭に気に入られ後光学園に採用される。
頑固で融通が利きにくい所があったり暴走する所もあるが、根は真面目でルールを重んじ度胸もある。

……が、教頭のせいで空気。ぶっちゃけ、エロの為の竿要員。
出るゲームを完全に間違えた人。


不堂影獅
後光学園の教頭であり、実質的な指導者。
学園の平和と生徒を正す為に無茶苦茶な校則を作る。歪んではいるが生徒を想う気持ちは本物。
事実上の主人公。と言うか、前作の主人公。

……と、ここだけ見ると陵辱ゲーとしては普通のキャラだが、彼は下手な燃えゲー真っ青な身体能力と暴走ぶりを見せる。

★一例
○数十人のモンスターペアレントとヤクザを木刀一本で瞬殺
○機動隊を人間離れな動きで圧倒
○ダイナマイトを抱えて飛び降りて爆発するが生きている
○ミサイルを生身で破壊する
○無数のロボットと戦う
○何か人外に変身する
○OVAのPVが完全武装の機動隊を木刀一本で無双。因みに、決め台詞は「学園改革が終わるまで死ねない(キリッ」

余りの活躍ぶりに「コッチ主人公でいいよ」「と言うか、何で声無いの?」「いや、ヒロインいらなくね?」「つか、エロゲーである意味無くね?」とか言われちゃう。




追記・修正はミサイルを蹴り落としてからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/