Holy Brownie(ホーリーブラウニー)

登録日 :2010/11/06(土) 04:32:31
更新日 : 2017/09/22 Fri 14:00:07
所要時間 :約 5 分で読めます





     ―――これは
      小さな小さな
       彼らから始まる
          物語―――






『Holy Brownie(ホーリーブラウニー)』とは、六道神士によるギャグ漫画作品。

成人向け漫画雑誌「COMIC激漫」にて、1996年から1999年まで連載。その後休載していたが、一般誌に移籍し再開。「ヤングキングアワーズ」や「ヤングキングアワーズプラス」などで2001年から2010年まで不定期で連載していた。
単行本は全6巻。


Brownie(ブラウニー)とは西欧における妖精のことで、一晩で靴を作ってあげる『小人の靴屋』なんかが有名。


あらすじ

ファンタジア・スペースの使いである妖精コンビ「ピオラ」と「フィオ」。二人は神様の命により、様々な時代・世界に現れては、困っている人の手伝いをしたり願いを叶えてあげたりしていた。

現世にいられるのは夜の間だけ。
決して人間に姿を見られてはいけない。
グリム童話の「小人の靴屋」に出てくる小人のようなこの二人。

でも、まわってくる仕事は、童話のようなファンタジーでメルヘンなものとは程遠いおかしなものばかりで………?
1話完結型のギャグ漫画であり、アニメや漫画、政治に歴史など、様々なネタが多く使われている。

また、風刺やブラックジョークが非常に多く、レイプ食人近親相姦から、不特定多数の隣人にケンカを売っているとしか思えない宗教ネタまで、多数含まれている。

さらに元々成人向け雑誌で連載していただけあり、性的描写や猟奇的描写が多い。





話の基本スタイルは

ピオラとフィオにおかしな仕事がまわってくる

フィオが好き勝手にやりピオラがキレる

アンハッピーエンド

フィオ「でも“目的は”達成してるよね?」
ピオラ「もうやだこの相方……」


といったかんじ。まぁ時にはハッピーエンドに見えなくもない終わりになることもあるが。
「(自称)妖精」とは

神様の命により様々な場所に現れ、人々を助けてやっている存在。目的は主に歴史の改変や修正であり、後の世界に影響を与える人間の手助けをしたり、その時代に存在するはずのない技術を生み出したりして歴史を変えていく。

性別や年齢はなく、肉体すらない。情報体のようなものであり、無限に情報を蓄える事ができる。
また、人や物に憑依することができ、仕事の際は必要に応じて様々なもの憑依する。

過去や未来に飛ぶ事ができ、さらには「竹取物語」などの物語の世界にもいける。また、死んだ人間を生き返らせる事もできる。(ただし魂が残っている場合のみ)

神に近い存在であるがあくまで神の使い(パシリ)であり、神様の“領域”に近づくと記憶の消去や最適化、最悪の場合は初期化されてしまう。


登場人物

  • ピオラ
主人公その1。神様の命により人々の手伝いをする自称妖精。一人称は「あたし」

性格は生真面目で短気。
仕事には真面目に取り組み、人間を助けてハッピーエンドで終わらせたいと思っている。がいつも上手くいかない。(主にフィオのせいで)

ツッコミ役であり、度々フィオのブラックジョークにカッターナイフでツッコミを入れる。てか切り刻む。むしろ何もしてなくても八つ当たりで切り刻む。

仕事で人型になる際は主に赤毛の美女になるが、基本的には赤いとんがり帽子に赤いピエロ服、赤いショートヘアをした人形の姿でいる。

本人はファンタジーでメルヘンな仕事をしたいと思っているが、何故かまわってくる仕事はメルヘンとは程遠いものばかり。また、フィオとしかペアを組まされない事に少なからず不満がある様子。
自分達や神様の存在に少なからず疑問を持っているようだが、初期化を恐れ考えないようにしている。


「ファンタジィィィ!!」
「黙れ下劣人形!!」
「何処がどうメルヘンかあッ!!」


『エクセル・サーガ』最終巻で、キャラの一人「イルバラッツォ」はビオラが久遠の時の中で「壊れ」、第3者が干渉して「修復」しても、フィオらしき存在が声を掛けても想い出せない程変わり果てた姿らしい事が示されている。


  • フィオ
主人公その2。ピオラと同様、自称妖精の一人。一人称は「ぼく」

品性下劣で、厭世的・退廃的な性格。
レイプや戦争などの非道徳的、破壊的な事を見ては満足そうにしている。
また性的快感が好きなようで、事あるごとに人間に憑依してはセックスしようとする。

仕事の際は自分の趣味嗜好を満たすための行動をとる事が多く、時には規則違反な行動(生きている人間に憑依する等)も平気で行う。
また、遠回しな表現を多用したり、ピオラに仕事内容を正しく伝えなかったり、ピオラに誤解を招かせる事をよくする。が、そのほとんどは意図的であり、本人はそれを見て楽しんでいる様子。
人型になる際は主に、黒みがかった青のショートヘアをした童顔美女になる。ただ他にも、巨乳美女やスク水少女になったり、某吸血鬼の旦那を連れてきたりとピオラよりバリエーション豊富。
普段は、青い二股帽子に紺色のワンピース、青いショートヘアの人形の姿でいる。

また、デフォルメされた細い目でいることが多い。 =▽=←こんなん

悪意のこもったブラックジョークを度々吐き、その度にピオラに切り刻まれている。

終始おちゃらけているように見えるが、神様や自己存在についての深い考察を行っていたり等、ピオラと一線を画す面もある。

またピオラ曰わく「神様のお気に入り」らしい。


「ほ〜〜〜 ファーンタスティックー」
「とりあえず暴力とセックス希望」
「よッ ザ・近親相姦!」


主な仕事内容
  • 高性能ダッチワイフを作成する
  • とある夫婦をセックスさせる
  • 極度の電波娘を救う
  • AIの代わりに人間の脳を使った宇宙戦艦を作る
  • 素人トレジャーハンターに財宝を見つけさせる
  • 年老いた浦島太郎にハッピーエンドを迎えさせる
  • とある人魚の願いを叶える
  • 引きこもり達に現実と向き合わせる

などなど





ピオラ「ふぅ、とりあえずはこんなものね。これからどんどん追記修正していくわよ」

フィオ「え〜、どうせラグナロクですぐ消えちゃうんだし、テキトーでいいj(ザシュ)

ピオラ「あぁもう!!そーゆーやる気の無くなる事言うな!!」

フィオ「否定はしないんだね〜」

ピオラ「…と、とにかく、あんたも手伝いなさい!」

フィオ「はいはーい。んじゃ早速、セックスする時ぼくが一番好きなシチュエイションと体位を詳しk(ズシュ)

ピオラ「ら゛あ゛あぁぁ!!」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/