毒蜂

登録日 :2012/03/14(水) 02:25:20
更新日 : 2016/09/28 Wed 18:16:18
所要時間 :約 3 分で読めます







そう…私の体は蜂の集合体だ

だから『体形』ではなく『陣形』なのだよ


毒蜂とはGetBackers-奪還屋-に登場する人物である。

(CV.本田貴子)
誕生日:2月26日
年齢:300歳
身長:185cm
体重:不明
血液型:A型
星座:新水瓶座
属性:『医師』


鬼里人の最高幹部である七頭目の1人であり、虻や蜂を司る「蜂族」の長を務めている。

身体の欠けている部分部分を 蜂の巣 で補っており、蜂の一匹一匹が細胞の代わりとして活動しているため身体がいわばコロニーのようになっている。
身体の7割が蜂で構成されているためにあらゆる物理的攻撃が効かない。


洞察力・観察力がとても高く、第6感が冴えているために幾度の戦場という名の修羅場を潜り抜けてきた強者。その実力は鬼里人最強の魔人「奏蝉丸」と同等と言われている。

バトルセンスも高く、蛮曰く対峙しただけで攻め手がいくつかは思い付くモノだが全く思い浮かばない程。

蜂の毒手による近接戦闘や蜂を高速で飛ばす遠距離攻撃を得意とする。
身体を為す蜂の目1つ1つが敵を追うため死角が無く、相手の攻撃に瞬時に対応できる。


唯一の弱点として蜂を放つ際に放った蜂のいた箇所の機能を別の蜂が引き継ぐまでの間に 0コンマ1秒にも満たない時間 だが身体の動きが鈍る。


【マリンレッドを奪い還せ!!】
マリンレッドを守るためにブラッドによって雇われ奪還屋と対戦。
その化け物染みた身体・戦闘能力で蛮と銀次を追い詰めるも銀次の雷帝フラッシュによって逃げられる―

が、銀次を蜂の特別な毒で刺していたため蛮に解毒薬と引き換えにマリンレッドを賭けてブラッドとの対戦を誘う等と策士な一面も…

最終的に蛮の邪眼にかけられマリンレッドもろとも奪還されてしまった。


尚この時、「長に報告」「降格は免れない」と言っているが、蜂族は彼1人のため矛盾が生じる。
(長=自分に報告、降格は免れない=なるはずがない…という自虐的な言葉遊びかもしれない)
恐らく後付けの可能性あり…うわやめろ何を
この場合の長とは鬼里人の長である兜のことだと思われる。
一族郎党皆殺しは兜がやってきたことゆえに、降格されるというのは蜂族そのものが7部族から外れることを意味する可能性あり。
まぁその能力の高さから降格はは免れたようだが白くはなった。


【永遠の絆を奪い還せ!!】
鬼里人七頭目の1人として再登場。
昔は魔里人が拠点としていた獣宮城にて蛮と対戦。


蛮の死角を殺す事で赤子同然のように玩び、蛮に敗北感を与える。

そのバトルセンスに惹かれ一族のために自分の元で修行しないかと誘いをかける…が、蛮の逆鱗に触れてしまう。

最終陣形『蜂王陣』を組み迎え打つも、蛇使い座の呪文によって限界の無い速さを駆け抜ける本気の蛮に敗北。


死という輝きを追い求めていた事に気付き、蛮を『誇り高き終末を届けにやってきた 美しく優しい死神』と論じ、最終的な決着はつかずまま身体の全てが蜂に還った…



追記・修正お願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/