北条響/キュアメロディ

登録日 :2011/08/23(火) 21:42:46
更新日 : 2017/05/19 Fri 19:45:39
所要時間 :約 8 分で読めます



スイートプリキュア♪」の登場人物。
声:小清水亜美


私立アリア学園中学校2年生の14歳。
音楽教師の父である団とヴァイオリニストである母のまりあの間に生まれるが、とある事情により音楽嫌いだった(後述)。

明るく少しおっちょこちょいな性格だが、誰よりも負けず嫌い。
曲がった事が大嫌いで、正義感も人一倍強い。

見た目がすごい美少女なのに、中身の性格がすごい男の子。
男装生徒会長みたいなイケメン的なのじゃなくて、ワンパク系のショタっぽい感じ。
ぶっちゃけ「どっかの元気な小学生男児が美少女中学生とぶつかって中身がだけ入れ替わった」みたいなTSもののアニメみたいな設定でも違和感ない。



面倒見も良く、必要とあらばゴリラにもなる。響マジゴリラ。
(ただし、ゴリラ顔は予告のみで、本編では披露されず)

実際、エレン加入後は奏とともに人間の生活に慣れてないエレンを献身的にサポートしたりしている。

幼馴染の南野奏とは小学生時代まではとても仲が良い親友同士だったが、
中学の入学式での些細な誤解が原因で、目が合えば喧嘩するという関係になってしまっていた。

しかし、響と奏がプリキュアに選ばれたことがきっかけで互いの誤解が解け、プリキュアとしての活動を通じて2人が一
今でも度々ケンカはするが、初期に比べてお互い態度はかなり軟化しており、二人一緒にいる時間がかなり増えている。

幼少時はピアノを習っていたが、小学3年生の時、父との些細なすれ違いがきっかけで、自分には音楽の才能がないと思い込み長い間ピアノから離れていた。
いや、これは100%オヤジが悪いよ……。

それ以来音楽全般を嫌いになっていたが、心の奥では音楽に対する愛情を捨てきれていなかった。
後に音楽への情熱を取り戻し、まりあとの交流をきっかけにピアニストを志すようになった。

しかし、ブランクがかなり長かったせいかピアノの腕前は相当落ちており、時間があるときには奏と一緒に連弾を練習している。




歴代プリキュアの例に漏れず食欲旺盛であり、特に甘いものには目がない。
そのせいかスウィーツ部のお菓子をつまみ食いしては奏を怒らせている。
奏の実家のケーキショップ「ラッキースプーン」のケーキが大好物。
よく食べる響マジ可愛い。

運動神経は抜群だが、運動そのものが好きなため特定の部活には入らず、助っ人として部活に参加している。


テニスウェアは非常にけしからん。

しかし、勉強の方は壊滅的にダメで、夏休み明けの小テストでは散々な点数をとってしまった。
久々のパラメータ偏りのピンクである。

口癖は「ここで決めなきゃ女がすたる!」。
他にもプリキュア共通の口癖として「絶対に許さない!」もある。



  • キュアメロディ

爪弾くは荒ぶる調べ!キュアメロディ!

北条響がキュアモジューレで変身した姿。イメージカラーは ピンク。
変身する際のバンクはため息が出るほど 美しい。
髪型はピンク色のツインテールになり、ヘソ出し、腋見せ、絶対領域と実にけしからんスタイルになる。エロい。ペロペロしたい。
ただし ヘソは見えない。
何故なんだ…!!
「ヘソがない」と言われることもあるが公式曰くギリギリ見えない様なデザインらしい。
なお、腹部が露出したデザインのプリキュアは現在メロディが最後である(スマイルとドキドキにはいない)。

武器はミラクルベルティエ。
だからって決して音撃棒ではない。

必殺技はプリキュア・ミュージックロンドとプリキュア・ミラクルハート・アルペジオ。

キュアリズムとの協力技としてプリキュア・パッショナート・ハーモニー、さらにリズム、ビートとの協力技でタトバリングが出せる。



フィナーレ!!

ヤバい。可愛い。スゲエ可愛い。


本編だけではなく、OPやEDでの可愛さも異常。
どれだけ可愛いかはOPとEDを見て欲しい。
とりあえず前期EDの 投げキッス でやられた野郎は多い事だろう。

そして26話ラストからは謎の声が響にだけ聞こえるようになる。
その声の主は 「クレッシェンドトーン」。
音符を失って弱ったフェアリートーンを救うため、クレッシェンドトーンに導かれ奏達とともにメイジャーランドに行く事になる。
そして魔境の森に突入してヒーリングチェストの入手に成功した。

最近では落ち込んだエレン=キュアビートやアコ=キュアミューズを励ましたり、プリキュアとして戦う理由を熱く語ったりしており、
まさしくスイートチームの頼れるリーダー。

後半では ミューズ が主役扱いされる回が多く裏方に回りがちだが、 アコ 視点で描かれるため頼りになる先輩といった雰囲気になってきている。


なお、この際に某トップを狙う超巨大ロボばりの腕組みポーズ( ガイナ立ち )を披露。
きっとアフロディテ様から直々に伝授されたのだろう。



  • スーパー キュアメロディ
プリズムフラワーの力によって、キュアメロディがパワーアップした姿。
露出部分が減少、肩にフリル追加、スカートがロングになっている、全体的に白っぽい配色になり、エンジェルピーチのような翼が生えている。

必殺技は通常形態と同じく、プリキュア・ミュージックロンド。ただし威力は段違いにアップ。まさかの先行使用である。

オールスターズDX3で初登場した姿だが、本編にもこの姿が出るのかは不明。

もしパワーアップがあるとしても、去年のようにオールスターズのパワーアップとは違う姿になる可能性も……






















以下ネタバレ


















  • クレッシェンド キュアメロディ



劇場版で初披露された、案の定全く違うパワーアップ形態。
こちらはプリズムフラワーではなく、その名の通りクレッシェンドトーンの力でパワーアップしている。
去年同様、オールスターズの形態は真のパワーアップ形態が出るまでの仮の姿であり、以降の劇場版はこちらに変身すると思われる。
システム的にも上書きされるのだろう。


アフロディテと似たような服装にクレ様の翼の付いた、歴代でもトップクラスのド派手な姿。
そして、通常やスーパー時には見えなかった ヘソがしっかりと見えてる。
と思ったら実は抱き抱えたリズムの肘がヘソに見えるだけで残念ながらヘソ出しでは無い。
ドレスに神々しい翼と、見る者を圧倒するほどの威圧感!

実はこのフォーム、 単独での必殺技が無い。
作中では リズムパッショナートハーモニー クレッシェンド を使っただけで変身解除。
トドメは ビート とミューズを加えた4人で スイート セッション アンサンブルクレッシェンド だった。
これは作品のテーマである『スイート(組曲)』を強調するためと考えられる。







そして47話で登場。ちょっとだけどね!


響「ノイズが泣いてる…私、あなたとは戦えない…」

~変身~

ノイズ「戦わないんじゃなかったのか?」
響「ううん戦う。戦ってあなたを助けてみせる!」


余談だが集いのTOP画も勤めた。


項目に追記・修正しなきゃ女がすたる!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/