竹姫葉月

登録日: 2011/10/01(土) 06:36:27
更新日:2016/07/24 Sun 21:53:40
所要時間:約 6 分で読めます




竹姫葉月とは、武装神姫BATTLE MASTERS及び武装神姫BATTLE MASTERS Mk.2に登場するキャラクター。
神姫はアーンヴァルMk2の"アルテミス"だが、シンシアのアルテミスとの関連性は不明。
常になんかカッコイイポーズをしているのが特徴。

F2クラスバトルを勝利した主人公の前に????として突然現れ、いきなりバトルを吹っかけてくる。
なお、このときは謎の権力によって、武装紳士・淑女をゲーセンから追い出しているので、葉月としかバトルができなくなっている。
実は公式バトルは封鎖できていないといううっかりさん。

このとき、主人公の神姫は適正LOVEだとせいぜいランク3の武装を装備するのがやっと程度だが、対する葉月はランク4
当然ながら負けイベントだが、勝利すると称号が手に入るため、大抵の武装紳士は勝てるまでリトライすることだろう。

近接RAを1、2回を食らうとまず自神姫は沈むので、近接、特に一旦視界から消えるダブルブレードのRAに注意すること。
RAやコンボをからぶった後の隙にコンボ→RAを叩き込んでやろう。遠距離ガン逃げでも可。

なんだかんだで倒されても「本気じゃなかった」旨の発言をされる。
こっちのLOVE以上の装備してきてそれはないと(ry
思えばこの時からヘタレだったのかもしれない。

ちなみにF1チャンプという素性をバトル後まで明かさなかったのはミステリアスだから。
さすがずっとカッコイイポーズしてる人は格が違った

その後、爆弾アプリ事件が発生してヴァルハラに行くと再び出会うことに。
ヴァルハラ摘発、爆弾アプリ開発者逮捕のため主人公と囮になり、巨大な賭博バトルが行われるよう画策。

そして大地さんことガイア、そして千歳とタッグバトルを行うことに。
ちなみに自神姫がアーンヴァルの場合は新旧黒子・白子対決となり、かなり燃える展開に。

このとき、空気を読まずに話が持ち上がって即バトルをしようとすると、肘鉄を食らわされる。(正確にはドゴッ!と殴られる音がする)
全国4万人の葉月さんスキーは周回プレイでもここで殴られるのを楽しみにしているとか。
また、バトル決定後の会話で文句を言うと「ご、ごめんなさい…」と素直に謝ってくれる。かわいい。

なんやかんやで始まる決戦、しかし…しかし…

この葉月さん、弱い

この葉月さん、弱い

大事な(ry
正確にはそこまで弱くはない。しかし、

  • ガイアの超威力バズーカ
  • それに加えて葉月のバトルスタイルは接近戦
  • さらに相手二人は専用RA持ち

等のため、バズーカに突っ込んで落とされるという事故が多発し、ダウンした葉月の印象が強いプレイヤーが多く、チャンピオン(笑)という汚名を着せられる羽目に。
プレイヤーによっては千歳撃破前にガイアを倒し、チャンピオンすげー!という紳士も存在する。

この雑魚っぷりや、常にカッコイイポーズ!!などで、ガイアほどではないがネタにされることもしばしば。だがそこがいい

ヴァルハラ編エピローグでは昔は強さのみを求めるマスターだったことが語られる。



F1で無印版ラスボスとして登場。このときの前会話はずっとこのバトルを心待ちにしていたとの発言をしており、デートの約束待ちに見えなくもない。
今回はタッグ時よりもさらに武装強化、そして専用RA「先々の閃」を習得。
ヴァルハラで使ってくださいよ葉月さん!!

このRAがなにより厄介で、

構え
→超スピードですれ違いざまに切りつける
 →納刀(この間無敵)

というかなり強力なもの。初見殺しは誰もが通る道である。
しかし、もちろん弱点も存在し、

  • 上下の追尾性能が悪いのでジャンプする
  • 溜め中に潰す
  • SPダメを狙って出させない

などを駆使すればなんということはなく、あっさり落ちる。葉月さんェ…

勝利後は素直に勝利を祝ってくれる。アルテミスが「頭おかしくなったんですか!?」というほど意外なことらしい。
つまり素直な顔を見せてくれるのは主人公のみなんである。かわいい。



以下Mk2での葉月さん


F1後、チャンピオンになった主人公にチャレンジャーとして宣戦布告。
しかし、直後に起こった爆発事件により神姫バトル中止のため、事件解決へと動き出すことに。

ヴァルハラの件で警察にパイプができたため、たびたび現れては事件の情報を教えてくれる。
ちなみに、今回のイベントで主人公に(タッグバトルの)初めてを捧げていたことが分かった。主人公爆発しろ。アルテミスにばらされて照れる葉月はいちいちかわいい。もふもふしたい。

だが、主人公がトライファントムに葉月が黒幕と匂わせる情報を吹き込まれ、それを信じてしまう。
ミステリアスさがここにきて仇になったか。
確かに事件があるとかならず出てきて誰も知らない情報を提供するなど怪しい点はあるが。

真相は、黒幕が警察とつながっており、葉月にだけ情報を流していたので、仲間割れを狙った作戦と考えられる。

ちなみに、葉月を疑わない選択肢は存在しないそんなにF2後のバトルを根に持ってんのかよ…
全国6万人の葉月さんファンは悔し涙を流した。



最終決戦前、囚われの身となった主人公とオーキドを助けに来てくれた時は、問い詰められて結局主人公を囮扱いしていたことが発覚。
このとき「信じてたのに…」とかいう選択肢が出るが、今までの選択肢からして全くの嘘っぱちである。主人公ェ…
とりあえず申し訳なさそうに謝る葉月さんがとにかくかわいいので許してあげよう。なでなでしてあげよう。

最後はハーデスを再改造したガイアと戦い、敗北を喫する。バトル描写は無い。
千歳にちゃんとライバルポジとして活躍させるために仕方ないこととはいえ、これはあまりにひどい仕打ちである。
アーンヴァルのランク7大剣を託してくれるので、これを葉月さんだと思って進もう。

このあとはラストバトル、エンディング…出番は終了である。
共に戦った主人公に疑われ、揚句かませのかませにされてしまうという、とんでもない不遇っぷり。
コンマイは葉月さんに恨みでもあるのか…



だが、今回の活躍でヘタレっぷりや可愛さに磨きがかかったため、きっとファンは増えただろう。
シルエットの女性キャラの中一番メインストーリーに関わり、千歳があんなんになってしまったために一番目立つこともあるがやっぱりかわいい。
敬語キャラで強がりだけど主人公には素直なところも見せてくれるマジ可愛い天使である。その天使っぷりはそこいらのしろにーじゃかなわない。
また、ゲーセンをとめたり千歳の保釈金をぽんと出したりするため、実はいいとこのお嬢様ではないかとも。

とにかく天使っぷりが半端ないので武装紳士たちは心眼で彼女の可愛さをシルエットの向こうに見ている。
中ではケモ耳が見えてくる豪の物も。
さすがフィギュア時代から妄想力を鍛えてきた紳士達といったところか。

だが神姫がメインのこのゲーム、フラグは十分だとは思うが攻略できない。
とりあえず葉月さんの上着もふもふさせてくださいよBIG BOSS!!




追記・修正はガイアに圧勝する葉月さんを見てからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/