ゲッターガイア

登録日 :2010/03/24(水) 01:39:47
更新日 : 2017/05/06 Sat 09:24:05
所要時間 :約 2 分で読めます





概要

ゲッターロボ飛焔 - THE EARTH SUICIDE -」のラスボスのめちゃデカいゲッター、以上。








…これだけだと余りにもナニなので、少々解説を



戦いの場所は上空3万メートル、地球上の植物の生命力が一点に集中している巨大樹木「地球樹」の上
竜牙剣・天草弾・鋼轟鬼らが操縦する汎用型ゲッター通称プロトタイプ・ゲッターロボは敵のボスたるプロフェッサー・ジャコフとの決戦に臨んでいた
ジャコフ自らが搭乗するメカと激しい戦いを繰り広げるゲッターチーム
で、その戦いの最中にジャコフの息子のマニウスが現れ、ジャコフもろともメカを地球樹に取り込む
ジャコフメカにはゲッター炉心が積まれており、それを取り込んだことにより地球樹より生まれた物――それこそがゲッターガイア。
このゲッターガイアは凄い奴なのだ


まずデカい、三万mある地球樹と大体同じくらいある、実に『真(チェンジ!!)ゲッターロボ 世界最後の日』に登場する真ドラゴンの約五倍の大きさ…これはデカい


そしてそのプロポーション、これがまた凄い
ゲッターガイアはマジンガーにおけるダイアナンAのように女性型なのだ
…と言うのも、ゲッターガイアには主人公チームのメンバーの母親の細胞や、敵であるマニウスの母親の細胞が組み込まれているから
そう…ゲッターガイアはまさに
「ゲッターおかん」とでも言うべき存在


その身体にはくびれがあるし、へそもある。
そして何より、見開きで描写された全長数千メートルもある

ロケットパイオツ

などはそうそう漫画で見れるモンではない


そしてガイア最大の凄さ、それは…ゲッター線の量。


主人公機であるプロトタイプ・ゲッターロボは真ゲッターロボの汎用機であるが、そのゲッター線量は400くらい
対して、ゲッターガイアのそれはなんと10000もある、飛焔と比較してみると約25倍、これは凄い。
ゲッター線の導きでゲッターロボ飛焔へと進化しても倒しきれなかったほど。

「飛焔からしてあんまり強くないんだから、それの25倍じゃ大した事なくね?」

ガイア「おい、パン買って来いやエンペラー」

エンペラー「あ″?なんだって?」

ガイア「すんません自分ちょっと調子こいてました」


……その後、ゲートから現れた謎の敵にくっちゃくっちゃされてしまったのは言うまでもない
そして、剣・弾・轟鬼の三名は飛焔もろとも別の次元へ。
ゲッターエンペラーの軍勢とともに宇宙のどこかで闘っていることだろう……



追記、修正できる精神的強者は編集よろしくお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/