佐伯克哉

登録日 :2010/08/07(土) 18:21:27
更新日 : 2017/02/05 Sun 15:40:29
所要時間 :約 5 分で読めます




オレは変わるんだ。今までのオレじゃない


Sprayから発売された18禁BLゲーム『鬼畜眼鏡』の主人公。
因みに中の人はあの伊藤誠と同じ人である。

CV:平井達矢

誕生日:12月31日
年齢 :25歳
血液型:AB型
身長 :180cmくらい
出身地:栃木県


キクチ・マーケティングへ入社3年目ながら、要領が悪い為営業成績は下を争うばかりで自信を失う毎日。
ある日、Mr.Rと名乗る人外から半強制的に眼鏡を受け取らされたことで彼の運命が大きく変わっていく……。


眼鏡非装着時
気弱で何事にも要領が悪く、身長が高いわりには地味で目立たない印象を受けるが、
他者への優しさや気遣いが十分にあり慎重で洞察力に優れている。

スーツも私服もデザインはシンプルかつ着心地優先。
アイロンがけにはこだわりがあり、シャツは必ず自分でアイロンをかける。
ジーンズを切ったことがないのが密やかな自慢らしい。
下着はボクサーパンツを愛用。

好きな食べ物は、海産物。
特に寿司、刺身等の 生が好き
苦手な食べ物は、腐った果実。
年収は本多と同じくらい。

自然消滅だったが、一度だけ彼女が出来たことがある。
この頃にファーストキスを経験したが、それ以上は進展はなかった。
また、高校の時に友達とコンサートに行く為に、
授業中に携帯でチケットの予約を取ろうとしていたところを先生にバレる等、結構なリア充だったりする。

大学生の頃は本多と共にバレーボール部に所属していた。
ポジションはリベロ(守備専門プレーヤー)
しかし、レギュラーポジション争いに嫌気がさしたので2年生で退部する。

周囲に流されやすく、特にエロ方面に流されやすい 受け であり、
ファンや内部の人から『ノーマル克哉』略して『ノマ』と呼ばれている。
人気投票では、1位を獲得した。



オレに関する追記・修正……よかったら、よろしくお願いします。



この項目が面白かったなら……\カシャーン!と/

さあ、始まりです。

あなたのためだけの時間が。









お前はもう、俺の所に堕ちてくるしかないんだよ


眼鏡装着時
克哉が人外Mr.Rから半強制的に受け取らされた眼鏡をかけた時に現れる、もう一人の自分。
非装着時とは正反対の 攻め

ノーマル克哉の時より能力がアップしているので仕事をバリバリこなす。
集中力と闘争心が高く、読みの鋭さと的確な決断を誇る。
また、他人の心や性感帯の機敏に聡く、その揺らぎや隙を利用することも。

自分の有能さを自覚しており、独断専行が過ぎてしまうが、最終的に良い結果をもたらす為誰も文句が言えない。
実はかなりのワーカホリック。

攻撃的で支配力が強く、自分より上の者を屈服させることに喜びを感じる鬼畜。
言葉攻めや道具を器用に使いこなす鬼畜で、狙った相手には 一途に 攻めまくる。

ここで調子に乗ってしまうとBadEndになり、大体は攻略キャラに包丁で殺される。
これは……某世界の影響か!
因みに5つほど刺されるルートがある。

各ルートの後半からは、相手を気遣う優しさ(?)を兼ね合わせたツンデレになる。
特に片桐ルートではとにかく優しい。

どこぞのとは違い一途。
さすがは愛ある鬼畜である。

好きな食べ物は、石榴と隙のある人間。
嫌いな食べ物は、バナナ。
年収は本人曰く、もう一人の自分よりは稼いでいるらしい。

ファンや内部の人からは『眼鏡克哉』略して『眼鏡』と呼ばれている。

【以下ネタバレ】






眼鏡装着時が本来の克哉 であり、小学生の頃は明るく、成績優秀でクラスの人気者だった。

しかし、ある日を境に何故かクラス全員からイジメを受けるようになる。
克哉は理由も分からないまま毎日を過ごすことになってしまう。

そんな克哉に救いの手を差し伸べたのは、幼馴染みの親友だった。
イジメから克哉を庇い、励まし、いつも一緒に居てくれた。
克哉はその親友に100%の信頼を寄せていた

そして卒業式の日、満開の桜の下、克哉は親友に呼び出される。
















察しの通り、 イジメの首謀者は親友 である。

彼曰く、
『お前が何の努力もしないくせに、何でも出来るからだよっ。
俺がどんなに頑張ったって出来ないことを、お前はいとも簡単にやりやがって……。
勉強だって……試合だって、いつも俺はお前のせいで2番目のままだったんだ!』

という妬みから、クラスのみんなを利用して克哉を苛めるように仕向けていた。

そして、苛められている克哉を見て嘲笑い、
自分にすがり付いてくる姿に優越感を覚えたことを告げられ、克哉の心はひどく傷つけられた。

その日を境に克哉は、
『目立たないように、嫌われないように、近づかないように。誰にも憎まれたくない。目立ちたくない。
好かれることなんて望まないから、誰も自分のせいで不快にならないで欲しい。』という思いで、
自分の人格を封印し 〈ペルソナ〉 (ノーマル克哉)を作り上げ、『佐伯克哉』として生きていくことになる。
人格封印にはMr.Rも関わっており、この頃から彼を未来の鬼畜王として目を付けていたようだ。

ファンディスクではかつての親友にしてトラウマの張本人である澤村が登場。
彼を許すか否かで、結末が大いに変わってくる。

特定のエンディングをクリアするとMr.Rから柘榴が貰え、本編にはないストーリーを閲覧することが出来る。
特に『腐った果実』では、眼鏡克哉の罵倒が聞けるのでお勧め。
あと、自分同士のセクロスがあり、やたらエロい上に一人二役を演じる平井氏に尊敬するであろう。

因みにファンディスクでは、ついに 結婚 までし、ノーマル克哉が 妊娠 するというカオスな展開になる。
ある意味最強のナルシスト。


余談だがドラマCDの収録では、平井氏の名演技で自分同士のセクロスシーンが一発でOKになったり、
眼鏡(攻め)の演技なのに息継ぎで呼吸困難寸前までになったりと色々頑張り過ぎ。
平井氏の為にある様なゲームである。
ギャップのある演技に惹かれたファンも多いはず。

キャラクターソングも発売されており、眼鏡とノマのデュエット曲も収録されている。 まさに一人デュエット。

また、制作メーカーのラジオにも出演しており、他のゲームの番組をジャックしたり、
中の人を出したり等眼鏡の方は、性的な意味も含め色んな意味で無法地帯。
眼鏡自重しろ。



……という訳で、この項目の追記・修正を頼む。もちろん眼鏡の装着も忘れずにな?
おい! 何でお前が出てくるんだよ!
はぁ? バカかお前は。この項目は俺の項目でもあるんだ。何もムキになることはないだろ。
そりゃ、確かにそうだけどさぁ……。
Wiki篭り達がより良い項目を作ってくれるよう、俺達も楽しもうじゃないか。なぁ、〈オレ〉?
って〈俺〉! なんでそっちの話に行くんだよ!?

この項目が面白かったなら……\ポチッと/