特別装備(BORDER_BREAK)

登録日 :2011/08/18(木) 21:44:57
更新日 : 2016/07/01 Fri 12:42:46
所要時間 :約 8 分で読めます




この項目ではSEGAのアーケードゲームBORDER BREAKに置ける特別装備について解説する。


◆特別装備
各兵裝の特徴を際立たせている装備が揃っている。
この装備には特別なゲージ(SPゲージ)が割り当てられており、ゲージを消費して各種行動を行う。
ゲージは時間経過で回復していくが、ゲージを使いきってしまうと完全に回復するまで特別装備を使用できなくなってしまい、回復速度も通常より遅くなってしまう。

◆強襲兵裝
◆アサルトチャージャー(以下AC)系統
強襲兵裝を強襲たらしめている装備
SPを消費して他兵裝とは比べものにならない高速移動が可能。
敵拠点への攻撃や、自軍拠点の防衛にいち早く駆けつけることが出来る。
この装備を使いこなしてこそ真の強襲使いと言えるだろう。

●AC
初期装備
他と比べて容量は少ないが圧倒的な加速力を誇る
MWや箪笥、MWⅡでは速さが足りないスピード狂向け

●AC-マルチウェイ(MW)
速度は最低クラスだが、ACや箪笥には出来ない前後左右への高速機動が可能。
戦闘は勿論コア凸にも使える汎用装備。

●AC-ディスタンス(箪笥)
初期よりも出力が低下したが、容量が2倍近くなった巡航型AC
その豊富な容量が可能にした長距離航行能力は他の追随を許さない。

●AC-MWⅡ
MWから出力をさらに落とした代わりに箪笥を超えるSP容量と回復効率を獲得
MWを戦闘寄りにした性能。
誰が呼んだか通称:補助ブースター


◆重火力兵裝
◆榴弾砲系統
SPを消費して長距離砲撃を行う。
最大射程距離は250~500M、道中の障害物を無視して遠距離から一方的な攻撃が可能
ただし上空にある障害物は無視できない
発射後着弾までに時間差があり、狙いを誤ると見当違いの場所を砲撃したり味方機に誤射することも
榴弾は地面で爆発する

●タイタン榴弾砲
堅実な性能を誇り、最終装備としても十分な性能
最大6発発射可能

●コロッサス榴弾砲
タイタンの2倍近い量の砲撃をする
しかし上位クラスになるとよけられて当たらない残念な子
最大12発発射可能

●アトラント榴弾砲
自軍拠点から前線に砲撃ができる長い射程が特徴だが着弾誤差がでかく当て辛い

●ギガノト榴弾砲
指定した位置に確実に落ちる弾を発射する
威力が2万ありプラント内程度の距離なら大抵のBRは大破する
着弾まで10秒かかるので、ニュードタイプの人にしか使えない上級者向け。

●ネフィリム榴弾砲NEW!
三発同時に発射し着弾がT10より早い



◆エアバスター系統
空中炸裂する弾頭を発射する
基本仕様は榴弾と同じ

●エアバスターT-10
着弾時間が最速なので、見てから発射が容易
欠点は火力密度の低さと威力/SP効率


●〃T-25
エアバスター版ギガノト
チャージ時間短縮&着弾時間も早くなっている。


●〃XHR
空中炸裂弾を広範囲に雨霰と降らせる
着弾音のうるささでリアルでも聴覚破壊兵器
面制圧では右に出る者は居ないだろう。

●〃T-30
T-10が軽量化され、射程も伸びた
爆発範囲が広い、着弾誤差が狭いというハイスペックぶり。
しかし威力は低く最大2発しか撃てないので火力密度は低い

◆UAD系統
照準を合わせて発射すると近付いて敵を自動攻撃するビットを発射する。
ロックされるとミサイルアラートが鳴って結構煩い
ver3.0で大幅にパワーアップ。
●UAD-レモラ
初期型
最大3つのユニットを発射する。

●UAD-ケリブ
ユニットが4機に増えたUAD
レモラから単純に火力が増加
より立体的な攻撃が可能に

◆バリアユニット系統
近接以外の攻撃を無効化するバリアを周囲に展開する
ダメージをSPゲージで肩代わりする
これを装備してると俗に「リア重」と呼ばれる。

●バリアユニット
機体前面にバリアを発生。
コングの直撃にも耐える耐久力が売り

●〃β
機体全周にバリアを発生。
耐久力が低くエネルギー切れを起こしやすい

◆狙撃兵裝
◆シールド発生装置系統
設置型のシールド。射撃や爆発によるダメージをSPゲージで無効化
が、敵も味方も動き回るため余り使い道がなく芋砂専用

●シールド発生装置
初期型、シールドは青で大きさはブラスト1機分。

●〃・改
シールドが広くなったが持続時間が低下

●高出力シールド
シールド改の耐久力が上昇
10万ダメージを肩代わり出来るが、持続時間が非常に短い。

◆光学迷彩系統
SPゲージを消費し姿を眩ます。プレデター
影や射線などいろいろ消せない物も有るので油断できない

●光学迷彩・試作型
迷彩効果、持続時間のバランスがいい初期型
稼働音も小さいので人気な装備
欠点は攻撃すると一瞬姿が見えること

●〃・実用型
試作型の欠点だった攻撃すると姿が見えるのを克服。
迷彩出力をあげた分稼働音が大きくなり、持続時間が低下している。
設置武器以外を装備する際に向く。

●〃・耐久型
持続時間が大幅に伸びたが迷彩出力が低下、止まってもうっすら姿が見え、稼働音も大きくバレやすい
ロック外しには使えるが、それなら試作型で十分との意見も…
◆マグネタイザー系統
磁力により敵の動きを遅くする薄紫色の電磁フィールドを発生させる装置を投げる


●マグネタイザー
プラント約3/4程度の効果範囲を持つ初期型
範囲は狭いが速度低下とのバランスはよい。

●〃β
プラントを覆える程の範囲強化型
範囲が広い為に確実な妨害ができる反面、速度低下と持続時間は初期型より劣る


●〃γ
速度低下強化型
圧倒的な遅さを実現。
範囲に入れば最後、致命的な速度低下を引き起こす。
しかし有効半径が狭いため、的確な設置センスが要求される

◆照準補正装置系統
起動すると狙撃銃で近距離ロックが可能になる。
ロックするとスコープを覗き、通常の近距離ロックの様にある程度敵の胴体に向かってAIM補正がかかる。
あくまで【補正】なので最終的には手動でのAIMが必要
砂に乗るならAIMは出来て当たり前だが、一方で砂初心者にとってはかなり良い装備

●照準補正装置・試験型
追尾Lv2

●〃・耐久型
追尾Lv1
使用可能時間が伸びた

●〃・強化型
追尾Lv3
使用時間が短いがAIM補正が強い。

◆支援兵裝
◆リペアユニット系統
ゲージを消費して機体や施設を修理できるユニットを発射する。

重火力兵装のECMグレネードを喰らうと味方機や施設修理が中断されるので注意が必要

●リペアユニット
初期型 SP容量に優れる。
容量の大きさから前線で味方機を修理する立ち回りに向いている。
しかし、ユニット射出限界距離が短いという欠点がある

●〃β
射程強化型 初期の2倍離れた場所から修理が可能。
容量が減ったがSP回復速度が早くなった。
敵機の射線から隠れながら修理ができる

●〃γ
回復力強化型 初期の1.5倍の速度で修理ができる。
欠点は初期と同等の射程とSP容量の低さ、初期の7割程度しかない。

◆リペアショット系統
銃を構えて発射し味方機や施設を修理できる粘性ニュード液をかける
味方機にAIMする必要が有るため、慣れないと無駄なショットをしてしまうことも
ECMの妨害下でも正確に撃てば修理が可能。またセントリーに次いで軽量。

●リペアショット
初期型 1射でブラストの1/4程度耐久力を回復させる
2射で味方機を再起動可能

●〃β
1射で半分程度耐久力を回復させる
密接して撃てば1ショットで味方機を再起できる。


●〃γ
ショット可能な射程が伸びた代わりに回復量が低下、再起には2射必要。
当てにくく更にAIMが必要だがSP効率が良い。

◆リペアポスト系統
味方機を修理/再起動できるフィールドを発生させる装置を投げ、フィールド内の味方機を同時修理できるのが特徴。
装置が攻撃を受けるとゲージが減ってしまうので爆発物には要注意。
ver3.0から施設の修復が可能に。

●リペアポスト
初期型 プラント半径程度の広さのフィールドを発生させる

●〃β
範囲強化 プラント直径程度の広さになった
SP効率は系統最低だが使い勝手のいい装備。

●〃γ
回復速度強化
初期ポストより範囲は狭くなったが脅威の回復速度A+を獲得

◆リペアセントリー系統
リペアショットを装備したセントリーガン。
回復スピードは早いが狙った相手を回復してくれない事も…
ショットより軽量で支援の特別武器では最軽量

●リペアセントリー
初期型

●〃β
まさかの回復速度Sを獲得


リペアフィールドNEW!
周囲に味方や施設を修復するフィールドを展開する、いわば移動式ポスト
起動でも手が自由だが、回復速度がやや遅く、再起は間に合わないことがある。また敵にこちらの位置がバレやすい。
しかし設置式でないため攻撃でSPが減少せず、ACやバリアと同じスイッチ式で武器変更が影響しない。

●リペアフィールド
初期型ながら範囲は半径15mとポストβに匹敵する。回復容量16000。
ただし前述のように回復は遅く速度に1.5倍の差がある。

●〃β
範囲強化型で半径20m以内の味方を修復する。
回復容量12000と容量が減少し、チャージも僅かに延びている。
一方で回復速度は据え置きであり使い勝手は良い。


追記・修正をお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/