特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ!

登録日 :2012/09/05(水) 22:36:57
更新日 : 2017/08/14 Mon 23:34:50
所要時間 :約 3 分で読めます






緊急ミッション!レディゴー!!


2012年8月4日公開の特命戦隊ゴーバスターズの劇場作品。



【概要】
時系列等はエスケイプが登場していないことから、22話以前の事件と思われる。

内容的にはよく纏まっていて、巨大ロボ戦のCGにもかなり気合いが入っている。
また、本編には登場していないバディロイドエネたん、メガゾードεの登場等もあり、見て損はないだろう。

スーパー戦隊シリーズの劇場版で唯一ディレクターズカット版が製作された作品でもある。

【登場人物】

我らがゴーバスターズ。今回はバディロイドが錆びさせられたことでマシンが使えず、苦戦を強いられる。
皆見事にウィークポイントが発動し、ヒロムに至ってはヨーコに武器として使われた。

あまり出番ナシ。最終決戦ではサポートに徹していた。

序盤で錆びた為にあまり出番ナシ。
野生の勘などなかった。

  • エネたん
正式名称は『バスターマシン FS-0O フロッグ』。
カエル型バディロイド。水中活動を得意とするが、不用意に触られるのを嫌がる難儀な性格。
陣が開発した初期型バスターマシン。武装はオタマミサイル。
CVは辻希美。演技は普通に上手く、言われなければ本職の声優かと思うほど。

  • ゴーバスターケロオー
CB-01、GT-02、FS-00の合体形態。
水中活動が可能になった他、SJ-05に引っ張られる形で、水上スキーのような動きも可能。
ちなみにオタマミサイルからはカエルが出るようになる。

いつも通り、後方からのバックアップ。
テンションが上がった黒りんの「っしゃあ!」は必聴。

恐らく今回最もはっちゃけた人。
日頃の憂さ晴らしとでも言わんばかりに、メガゾードεに乗り込んで大暴れする。
エネタワーにエネトロンを集中させ、亜空間に転送。その転送に引っ張り込む形で、周囲のエネトロンタンクを丸ごと頂くという大規模な作戦を立てていた。

  • スチームロイド
『錆びる』のメタウイルスで生まれたメタロイド。
水から生成した蒸気で、金属を錆びさせることができる。
工場長のような性格で、水を汲むヴァグラー達を急かしていた。
CVは楠大典。同時上映のフォーゼと合わせると外と中のロックバイソン(タイバニのね)が出演していることになる。

  • メガゾードε(イプシロン)
劇場版で初登場した新型メガゾード。
後にテレビシリーズにも登場。
高速飛行能力、右腕にはレールガンを装備し、強さも他のタイプとは比べものにならない。


追記・修正は川から這い上がってきた後でお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/