ラーメンマン

登録日 :2011/04/11(月) 07:46:04
更新日 : 2017/06/17 Sat 10:06:14
所要時間 :約 8 分で読めます




中国四千年の伝統…ラーメンマン!


美来斗利偉・(ビクトリー・) 拉麺男(ラーメンマン)

Cv.蟹江栄司(無印7-110話)→佐藤正治(120話、125話)→銀河万丈(130-136話)、幹本雄之(王位)、小野健一(Ⅱ世)、森功至(闘将!!)
所属:残虐超人→正義超人
出身地:中国
年齢:28歳(1980年の第20回超人オリンピック時)
身長:208cm
体重:130kg
超人強度:97万
愛読書:孫子
好物:ラーメン、担担麺、カップめん
趣味:盆栽、料理

イメージソング
カンフーファイター(歌:こおろぎ'73)



わたしはその昔、 みそラーメン だった

小さい時、わたしはよくいじめられ

みそっかすにされたものよ

だが、その苦難の子供時代が

私の精神を鍛えてくれたのだ…


【概要】
キン肉マン』に登場する読者公募にて誕生した正義超人
後にゆでたまごによるスピンオフ作品『闘将!!拉麺男(たたかえ!!ラーメンマン)』の主人公(役の別人)になるほどの人気を持つ。

ルックスは円筒形の顔に辮髪、糸目にドジョウ髭という、昔の日本人が想像する「あやしい中国人」のステレオタイプ。

ファイトスタイルは残虐そのもので初登場時にブロッケンマンにかけた必殺技《キャメルクラッチ》は 少年誌掲載内容とは思えないほどのグロさ であった。

しかし残虐なのはリングの上だけであり、試合会場前で子供にサインをねだられた時などは普通にしてあげるなど、根はしっかりとした人格者。
流石はレギュラー陣の最年長者である。

人格者だからか後の『キン肉マンⅡ世』に登場した時は正義超人達の教官も勤めている。中でもキン肉スグルの息子のキン肉万太郎とはⅡ世本編開始以前からの長い付き合いであり、とてもよく慕われている。

高い実力に加えキン肉マン第一世代の中でも一・二を争う知恵者でラーメンマンのアイデアで危機を脱する事も多い。
まぁ霊体ポケットやピラミッドパワーなどかなり胡散臭い方法も多いが。


【超人オリンピック】

この頃のラーメンマンは残虐超人そのものであり、本国では怪獣や悪行超人からも恐れられる鬼畜ファイターとして名高かった。
予選を難なく突破し、本戦のBブロックでは同じ残虐超人のブロッケンマン、カレクック(+ついでに巻き込まれたキン肉マン)と一括りにされる。
これは、こいつらの試合が余りに残虐すぎてTV放映できないためであり、彼らのファイトはラジオ放送のみとなった。
…喜々として殺し合いをするような連中を全国ネットの番組で報道するなと言いたいが、そう言うツッコミはゆで作品では野暮である。
第1試合ではブロッケンマンをキャメルクラッチで惨殺し、アニメ版では ラーメンにして食った
しかし第2試合でキン肉マンに負けたことによりリング内で正々堂々とファイトする正義超人としての心に目覚め、
以後は試合で相手を殺害することは無くなる。
3位決定戦では慢心するキン肉マンに対し血の涙を流して「私は彼との戦いを誇りたいんだよ!!!」と大泣きし、
決勝戦に進むキン肉マンを鼓舞した。


そして超人オリンピックが終わった後にラッカ星でブロッケンマンの息子、ブロッケンJrと初対面をすることとなる。


第21回超人オリンピックにも当然出場した彼は予選を難なく突破し、本戦ではブロッケンJrとの因縁の対決を制し見事逆転勝利する。

ところが次のウォーズマンとの試合では側頭部にスクリュードライバーを食らって再起不能レベルの重傷を負ってしまう。
だが例え意識不明の状態になろうともキン肉マンを激励することだけはやめなかった……。
そして決勝戦でもリングサイドでスグルにアドバイスをし続け、彼を奇跡のV2へと導いた。

ちなみにこの側頭部の傷はラーメンマンが現役生活を終えても完治することはなく古傷として残り、
何か処置を施していないとウォーズマンが傍を通るたびに痛みだすらしい。



【悪魔超人との戦い】

ウォーズマンとの戦いで再起不能級の傷を頭部に負ったラーメンマンは故郷に帰り傷を治療することにした。

しかし現代医学では植物超人となった彼を再び動かせる医者はおらず、絶望していた時にどんな病でも完治してしまう場所《終点山》の話を聞き、
そこで療養した彼は山にいる限りは大丈夫な体となる。

そして彼が《終点山》に永住することを決意したその日に正義超人が七人の悪魔超人に苦戦しているニュースを知り、
天才超人医師ドクター・ボンベに作ってもらった特殊なマスクを被ることで、
覆面をつけている間は《終点山》にいる時と同じように動けるようになったラーメンマンはマスク超人《モンゴルマン》として、
ピンチに陥ったブロッケンJrや悪魔超人二人と一気に相手をしなければならなかったスグルなどを助けることとなる。

黄金のマスク編ではスグル対悪魔将軍戦での審判を務めた。

なお、このころゆでたまごは『闘将!!拉麺男』の連載も並行していたため、「二つの作品にラーメンマンが同時に出ていると読者が混乱するのでは」という配慮から、モンゴルマンに変装させたらしい。整合性をぶん投げておきながら読者の混乱なんか気にせんでも…


【宇宙超人タッグトーナメント】

キン肉マンの誘いを蹴り、バッファローマンと《2000万パワーズ》を結成。

途中で乱入してきた完璧超人タッグ《殺人遊戯コンビ》と対戦し、これを撃破する。

しかし次の対戦相手はネプチューンマン率いる完璧超人最強タッグ《ヘル・ミッショネルズ》であった。
完璧に実力負けしてしまい、マスクも奪われてしまう。


ミッショネルズに敗北するまではやけに性格が悪かったが、あれは悪魔超人が友情パワーを封じたせい。



【キン肉王位争奪戦】

タッグトーナメント終了後、モンゴルマンマスクなしでも動けるようになり、
頭部の傷はモンゴルマンマスクを改良したヘッドギアで隠すようになった。

二回戦でバイクマンに変装し、技巧チームの偵察を行っていたが、正体がバレた事でキン肉マンチーム次鋒として正式に参戦。
モーターマンをわずか37秒で瞬殺し、その後に控えていたバイクマンも苦戦の末に新必殺技の《九龍城落地》で倒し二人抜きを決める。

決勝戦の対知性チームでは次鋒のプリズマンと戦い、プリズマンの超人破壊光線を浴びて半死半生の状態まで追い込まれるが脅威のゆで理論で復活。
プリズマンを倒し次鋒としての役目を果たす。



【キン肉マンⅡ世】
本編開始時には既に悪行超人達相手に挑み玉砕した後で、キン肉星の洞窟で倒れているところをキン肉マンの息子のキン肉万太郎に発見された。
その後しばらく万太郎に勉強を教えると同時に超人格闘技の基礎を仕込んでいたが、悪行超人の一人がキン肉星に来てしまいラーメンマンも見つかってしまう。
しかし突如として万太郎が 《火事場のクソ力》 に目覚め悪行超人を一蹴。
それを唯一目撃したラーメンマンは新世代の正義超人達に希望を見い出し、正義超人養成施設の《ヘラクレス・ファクトリー》の教官になることを決める。
(なお、TVアニメではこのエピソードは変更が加えられ、ラーメンマンは最初からHFの教官である)

教官時代には得意の料理の腕を振るい、生徒たちに担担麺を始めとした麺料理を振る舞い英気を養っていたらしい。


超人オリンピックでは決勝戦の前座カード《ザ・マシンガンズ》VS《2000万パワーズ》戦でキン肉スグル相手に善戦するが、
スグルがパンツドライバー( 相手の頭を自分のパンツに突っ込みながら落とす パイルドライバー)を出した後に
ぶちキレて試合はグダグダの展開で終了。

その後は決勝戦の審判を務め、万太郎がケビンマスクに敗れる瞬間を目撃する。



【究極の超人タッグトーナメント編】

2000万パワーズとして出場し本戦シード枠を勝ち取るが初戦の相手は主人公キン肉万太郎のチーム。
主人公達の噛ませ犬にされ自身は 「モンゴルマンマスクを脱ぐ」 という自殺行為をしてしまい敗北。
その後ラーメンマンはこの世から消え去ってしまう…… どう考えてもマスク脱ぐべきじゃなかった。

このように珍しくラーメンマンの扱いが悪いシリーズである……何もこの世から消すことはないだろうに。


その後も霊魂が万太郎達を支援。決勝でもセコンドとして美味しい場面に登場。

決勝終了後、球根の欠片を現世に残った弁髪に当てて、あの方(ケビン談)は無事復活します。


【完璧・無量大数軍編】


メディカル・サスペンションが解けるのが遅れ、ロビンマスクらと共にセカンドステージより参戦。
第1ステップで 完璧・無量大数軍(パーフェクト・ラージナンバーズ) の『完昇』マーベラスと対戦する。
第2ステップでクラッシュマンと戦うブロッケンJrを気にかけサポートをし、更に自分も優勢に闘う、という余裕っぷりを見せる。
この時、クラッシュマンに善戦超人だの万年未完の大器だのと散々ディスられまくって諦めかけていたブロッケンJrを奮い立たせるためか、
彼の父のことを「過去最大の難敵」と表現した。

バイクマン、プリズマン「「………」」

また、ブロッケンマンを殺したパターン(口に足を突っ込んでグリグリ→無理やり立たせて中国拳法で殴りまくる)に
「暴獣口蓋捻り」、「猛虎拳嵐」という技名があることが明らかになった。

優勢に試合を進めていたが、クラッシュマンが敗れ自害した姿を見て様子が変わる。
マーベラスにかつては生か死か、二者択一の理論で闘ってきた超人拳法の伝承者であり、その考え方は完璧超人と変わらぬ求道者であったことを指摘される。
マーベラスも超人拳法伝承者である事が明らかになり、甘さを指摘されるも「殺人拳より生かす拳によってお互いに成長すること」が
超人拳法の真の道、と反論。

超人拳法伝承者同士の高度な技のぶつかり合いになるが、最後は変形九龍城落地を決め、マーベラスを下す。
ここに至るまでラーメンマンは執拗にマーベラスの首を攻めており、最終的に変形九龍城落地で失神させる。
相手に自害する力を残さないため、全身全霊をかけて絞め落とした。
まさに「生かす拳」の考えで闘い、勝利したのだ。

しかし、左肩の蒼龍が心臓に食らいついたことで、マーベラスは死亡。
ラーメンマンとマーベラスは試合を通じてお互いを認め合うに至ったが、
やはり完璧超人の掟は彼にとって絶対であったようだ。

その後、ラーメンマンを含む勝ち残った超人達は国立競技場に集結。
この地には、かつて「下等超人」らがカピラリア七光線を逃れるための避難所としていた「許されざる世界樹」が埋まっており、
再び地上に姿を表した世界樹内部のリングで完璧超人らが待機し、正義・悪魔超人軍に自由に対戦相手を選択する権利を与えた。

ラーメンマンは、ロビンマスクを倒したネメシスを対戦相手に選択。
いつかロビンに勝つことが自分にとって密かな夢であったことを明かし、
そのロビンを倒したネメシスの実力の程を見極めたいと語った。

ネメシスとの試合では、彼がキン肉族の事になると冷静さを失うことが気にかかり、理由を問い質した。
そこでキン肉王家の深い闇を知るラーメンマンだったが、キン肉族の闇の犠牲になったのがネメシスなら
自分はキン肉族の光に救われた超人だと冷静に諭す。

というのも、彼は過去に 完璧超人となるために『聖なる完璧の山(モン=サン=パルフェ)』に渡ろう と考えたことがあり、
下界の最後の思い出に出場したのがあの超人オリンピックであった。
しかし、キン肉マンにまさかの敗北を喫したことに納得がいかず、彼の側についてその謎を研究し続ける。
やがてラーメンマンは彼の力の根底に「火事場のクソ力」がある事に気付き、キン肉族伝統の正義の魂が自分を打ち負かしたのだと悟り、
正義超人の道を志したのである。

ロビンマスクを苦しめたネメシスの驚異的な柔軟性にはキャメルクラッチも効果が無く、必殺技をまともに受け続け著しく体力を消耗。
遂にロビンを葬った大技「《完肉》バトルシップ・シンク」に捉えられてしまう。
だが、キン肉マンの呼びかけがラーメンマンのもう一つの姿にして「 救世主(メシア) 」でもあるモンゴルマンとしての魂を今一度呼び起こし、
火事場のクソ力を発揮して窮地を脱することに成功。
逆にネメシスを追い詰め九龍城落地を決めた。

…ところが、技が決まったはずのネメシスにも 火事場のクソ力と同様のオーラ が表れ、復活。
実は、ラーメンマンの真の目的はロビンが生前成し遂げられなかった「ネメシスに友情パワー=火事場のクソ力を発露させる」ことだった。
仮に勝利できなかったとしても、正義超人の象徴でもあるその力を得させた時点で
ラーメンマンにしてみれば立派な戦略的勝利なのであった。

無論、これを受け入れず逆上したネメシスからは執拗な攻撃を受け、奥義マッスル・スパークで処刑され敗北。
が、奇跡的に息があったことと、「リング外での殺戮は好まない」と言うネメシスの計らいで辛うじて生存するも、
既にこれ以上戦える身ではなく病院に運ばれていった。
その際、ネメシスのマッスル・スパークについて「似て非なる技」だとキン肉マンに意味深な言葉を残して…





フッ…この美来斗利偉・拉麺男を倒すことは1000人の軍隊を倒すよりも困難だということを知らんか


【得意技】
“1000万の技を持つ男”の異名は伊達ではなく、ラーメンマンは非常に多くの技を作中で披露している。
ここでは使用頻度の高い技や印象深い技を抜粋して紹介する。


◆キャメルクラッチ
うつ伏せに倒した相手に馬乗りになり、顎をつかんでエビ反りにし、そのまま上半身を引きちぎってしまう。
サソリ固めを前後逆にしたような形といえばわかりやすい。
またの名を“美来斗利偉・解腹折り”すごい当て字である……。
相手の協力があれば簡単に真似できるため、『闘将~』の単行本では「読者の諸君は真似するなよ」と書かれている。
ブロッケンマンを少年誌にあるまじき描写で惨殺したラーメンマンの象徴的な技。
前述した通りアニメでは規制の関係でブロッケンマンの体を材料に 拉麺にして食べてしまう。
ある意味原作よりエグい。
「麺類は人類!」
「男は黙って残酷ラーメン!」


◆レッグラリアート
ラーメンマンが得意とする蹴り攻撃の中でも一番有名な技。
足でラリアットをすることができるのは技量が高いラーメンマンだからこそ。試合によっては前に“フライング”を付ける場合もある。

◆龍尾脚
後ろを向いて放つドロップキック。空中でバック転を加える応用技もある。その場合は「回転龍尾脚」となる。

◆百戦百勝脚
北斗の拳シンが使う“南斗獄屠拳”に似た飛び蹴り。
その名の通り失敗することがまずない。

◆烈火太陽脚
解りやすく説明するとライダーキックのような飛び蹴り。
バリエーションに、“沈む太陽”こと落陽紅脚もある。

◆ロメロ・スペシャル
ラーメンマン曰く「本当の殺人技」。吊り天井固めと呼ぶ事も。
この技だけでブロッケンJrに勝った。

◆ヘアー・ネット
弁髪を網状に広げ、吹っ飛ばされた仲間を受け止める。
ラーメンマンの弁髪はかなり便利な道具であり、黒騎士ブラフォードのように様々な使い方を作中で披露した。

◆ネコジャラシ
髪の毛を相手に絡ませることで動きを封じたり、
ネコジャラシの反発原理をりようして技から脱出するための隙間を作る。

◆一伐・乱舞髪(いちばつ・らんぶはつ)
辮髪を鋭く尖らせて相手に突き刺す。

◆九龍城落地(ガウロンセンドロップ)
空中で逆肩車の体勢から全体重をかけて落下する、ラーメンマンが持つ中でも最大級の威力を持つ必殺技。
妙に名前が格好良い。

◆20ミリオンアバランチクラッシュ
モンゴルマンとのツープラトン技。
モンゴルマンが相手が垂直になるようにうつ伏せの体勢で担ぎ上げ、
続いてバッファローマンもジャンプで空中で逆さ状態で相手の体を捕らえ、
そのまま側転しながら2人掛かりで地面に叩き付ける。

◆猛闘クラッシュ
モンゴルマンとのツープラトン技。
バッファローマンが相手の両腕を掴み上下逆さまの体勢で担ぎ上げる。
その状態でモンゴルマンが相手の上から背面ドロップによる股裂き、
下からはバッファローマンがロングホーンを両肩に食い込ませる攻撃。

◆猛闘・日月脚
モンゴルマンとのツープラトン。
モンゴルマンがジャンプし、バッファローマンの脚を両腕で高く上げることにより強化された蹴り。

ロングホーン・トレイン
バッファローマンとの合体技。
受けた相手がきらめく血飛沫を上げ倒れることから「きらめきの流血列車」の異名が付き、
マッスル・ドッキングクロス・ボンバーと並ぶ至高のツープラトン技と称される。


勝負は最後は技ではない

精神力


何事においても、強くなりたかったら

孤独に耐えて、 を磨け!

トアーッ!!


附加編輯希望




この項目が面白かったなら……\ポチッと/