アルシェ(エターナルファンタジー)

登録日 :2010/08/18(水) 01:56:53
更新日 : 2017/09/17 Sun 01:00:57
所要時間 :約 3 分で読めます





Arcie


王位継承を控え

身分を隠し

城を飛び出した王女


エターナルファンタジーのメインヒロイン

cv:立花あや
flower name:決心
種族:ジン
好きなもの:庶民的なもの/頼れる大人
嫌いなもの:掟やしきたり/悪者/早起き
テーマ:アルシェの好奇心/城下のお姫様



百年祭の夜、王都レオメトルの路地裏で小悪党(スコッティ一味)に襲われていたところをカロに助けられた赤毛の少女。その後戴冠式の騒動からカロ、プリルと共に逃げるように王都を出、前線の街コーンウォールを目指し、三人で旅に出る


性格は良く言えば天真爛漫、悪く言えばKY。無邪気で何にでも興味を持つ反面一般常識や心の機微に疎いところがある。だが根は優しく純真な少女なので反感こそ買えど禍根を残すことはあまりない
ある意味彼女の性格はユーザーにとって序盤最大の壁。受け入れられるか否かでモチベーションに差が出る


戦闘スタイルは双剣によるコンボ型。太陽の剣ジュスティアと月光の剣リベルテを振るう流麗なスピード重視の闘い方
能力も回避が圧倒的に高く終盤ともなると大抵の攻撃は難なくかわす。が、その分耐久は紙なので過信は禁物


両親は既に亡くなっており、コーンウォールに墓がある。いつも謎の生物スゥとカクをお供に連れている
友人と呼べるのは従者のエフメルだけ(エフメル本人は否定)だったが、旅を続けるうちに背中を預けて闘えるかけがえのない仲間を得る
また、幼馴染みで両親が決めた許嫁のイスティオがいるが、二人の間にそういった感情はない

世界観の関係か身長体重やスリーサイズは不明だが、少なくともスタイルはかなりいい部類
旅の当初は羞恥心が普通とズレていたため、その容姿と相まってカロはドギマギしっぱなしだった


旅の途中、幾度も刺客に命を狙われる。本人は最初コーンウォールのレジスタンス『イル・イゾレ』の仕業だと考えるが……



以下ネタバレ












正体はフィデリトール王国の継承権第一位、王太女アルカンシェ・プティフルール・フィデリトール

Arcencie Petitfleur Fideliterre

……ぶっちゃけ上の紹介文や公式HPですら全面に押してるのでネタバレもクソもないが


戴冠式襲撃により重体と発表され、命を狙われていたが、全ては国を手に入れんとする宰相デジロンの差し金
エフメル捨て身の偽装により公式に死亡が発布され、彼女の死に消沈してしまうが、気持ちを整理し王国を取り戻す決意を固め、三ヶ月後の葬儀・戴冠式に仲間達と共に颯爽と現れその野望を白日の下に晒す
逆上したデジロンとの決闘で、剣の師でもあったデジロンを打ち倒し致命傷を与えるも、魔物の襲撃により生死不明で逃がしてしまう


その後、王位継承を一旦棚上げし、王太女として親政を開始。魔族討伐のため各地の組織に協力を依頼するため、再びグラディオ全土を旅することとなる

二度の旅、特にエルフの女王エルシスネや既に王族として政務に携わるイスティオとの交流によって、王族としての自覚や民を思う心を成長させていく
一方で仲間と一緒の時は相変わらず「アルシェ」として、一人の少女として振る舞う。常識も身に付いたが無邪気な本質は変わっていない


デジロン・マラキア率いる魔族侵攻の際には自ら戦地に飛び出し、民を思い民に思われる王太女として毅然と軍を率い、勝利を勝ち取ったその時には自然と「女王(ラ・レーヌ)アルカンシェ」と称えられるほどの成長を見せた


エルセリカの戦いではピュアドラゴンとして覚醒したスゥ・カクとの別れを乗り越え、仲間と共に覇王のいる塔へと向かう
全ての終わった後、正式に王位を継承し女王となり、周りの若干の態度の変化に戸惑いながらも執務に勤しんでいる



王道ファンタジーのメインヒロインということもあって設定・個別√もかなり王道。あとHシーンも彼女だけ「長い戦いを終えた夜」と個別名称付き(他ヒロインは「○○とエッチ」)
他にも色々優遇されており、まさにメインヒロインの鑑。王都凱旋や遊撃隊のCGに至ってはもはや主人公の立ち位置





追記・修正よろしく

この項目が面白かったなら……\ポチッと/