燕太郎

登録日 :2011/08/24(水) 01:11:30
更新日 : 2016/10/30 Sun 12:24:15
所要時間 :約 3 分で読めます





だい3のますこっとといわれるけど、なんばーわんよりおんりーわんだよ。




燕太郎は、東京ヤクルトスワローズのマスコットキャラクターである。
2005年にデビュー。背番号は当初102だったが2008年に石堂克利の打撃投手転向に伴い8960に変更。
身長は 伸縮自在 、体重は8グラム。

荒木トンネル出身のオスのツバメ(但し羽がない)。
現在は明治神宮野球場をすみかとする。
某メタボペンギンと違いスリムでユニフォームを着用している。
スワローズのマスコットで唯一のアクション担当であり、趣味としてダンスの練習、特技としてブレイクダンスを挙げている「歌って踊れるつばめ」。
神宮主催試合では優れた身体能力を存分に活かしたパフォーマンスを見ることが出来る。
しかしながら長らく某メタボペンギンの影に隠れ、「とりあえずキモい」という認識しかされてこなかった。

キモキャラとして中日ドラゴンズのマスコットキャラクタードアラが台頭し、某メタボペンギンが妙なキャラ作りで対抗するようになると、燕太郎の存在は一気に翳み、遂に2011年の開幕前に球団関係者から 「あまりに存在感がなくて、集客に反映されていない」 と知名度の低さと球場での影の薄さを問題視され、 戦力外 となる可能性を示唆されるという危機に直面。
twitterやFacebookを利用した知名度アップ作戦を展開することを要求される。


4月に燕太郎グッズの在庫100個を手売りしたことが評価され、交流戦まで戦力外通告が延期とされるも 「今後もハードルを全部クリアしないと残留は認められない」 と厳しい状況は変わらなかった。

危機的状況である中で、2011年交流戦ではオリックス・バファローズのマスコットバファローベルに対し、 地面に寝そべりスカートの中を覗く、尻尾を掴もうとする、後ろから抱きつくといったセクハラ行為を働く。
ヤクルト球団は何を血迷ったのか一部始終を 「燕太郎キモキモ動画」 としてYouTubeの球団公式チャンネルにて公開。

しかしながらバファローベルが 「かわいすぎるマスコット」 として一気に全国区となる一方で燕太郎はキモいマスコットとしてイロモノ扱いされるに留まった。
後進のマスコットにさえ追い抜かれた燕太郎に明日はあるのだろうか。


7月には全項目をクリアできなければクビという条件の「Mission燕Possible」と題した7つの球団指令を受ける。
当初は某メタボペンギンの都内訪問活動「つばさんぽ」にならった「えんさんぽ」の実施、グッズの発売、twitterのフォロワーを8960人まで増加、という3項目に取り組むことを指示される。
9月にはPVの作成とYouTubeでの8960回再生、FacebookでのPRと“いいね”ボタンの8960回クリック獲得という2つの指令が明かされた。

2013年末、ヤクルト球団より「新たな展開で新規のファン獲得をめざす」という方針で、引退すると発表された。
そして、2014年5月4日のイベントを最後に活動を終了。普通の燕に戻り、約9年半の現役生活に終止符を打った。

ちなみに、某メタボペンギンとの血縁関係はない。
そして某メタボペンギンの妹と「むふふな関係」である。



燕太郎「追記・修正は、むふふのふ」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/