絵柄変化

登録日 :2011/08/28(日) 21:47:28
更新日 : 2017/08/20 Sun 06:22:23
所要時間 :約 4 分で読めます




絵柄変化とは、漫画家やイラストレーターなどの絵柄が変化していくことである。画風変化や作風変化とも。
大抵の場合のは数を重ねることである程度自然に変化していくが、中にはその変化が非常に顕著な人間も多い。
また、長期の間が空いたことで以前と同じように描けなくなってしまったというパターンも存在する

しかし、絵柄変化によって従来のファンの感性に合わなくなってしまう事もあり、
そのような場合はファンの間で賛否両論になる事もある。
多くのファンが集まるコミュニティでは荒れやすい話題なので、注意する事。

絵柄変化に関する論争で「劣化」と評する従来のファンも多いが、多くは主観での評価ある。
技術的に劣化かどうかを判断するのは、評する側にも絵の教養が必要である事は留意しておきたい。

【変化の例】
  • 絵を描く基礎・技術の上達
単純な画力の上昇。おそらく最も多いパターン。
多くの場合は場数を踏むことで基礎部分が上達していくが、
逆に自身の絵柄を追及するあまり、基礎の部分から外れていく場合もある。

  • 無駄な線の削減
こなれてきたことによって無駄が少なくなっていく。大体この手の場合は初期がごちゃごちゃしていて読みづらいことが多い。
中には繊細でやわらかな絵柄から、シンプルで力強い絵柄になるということもある。

  • 無駄じゃない線も削減
いわゆる簡略化。従来の作品よりもシンプルな印象を受ける事も多い。

  • 描き込みの増加
画力の上昇や描く速度が上がったことで緻密になっていく。
これには元から上手い人がさらにグレードアップしていくというパターンも見受けられる。

  • 他者の影響からの脱却
他者から影響を受けた人が、次第に独自の画風を確立していく。

  • 個性の特化
絵柄の特徴的な部分が強化され、より独自性を持っていく。

  • 時代の変化
時代の流れに伴い、その時々の傾向に沿った絵柄となる。
逆に時代の流れに背くパターンもある。

  • 造形そのものの変化
上記の要素がいくつか複合されたことによって、全く違った絵柄へと変貌する。
中には前途のように、間が空いたことで全く違う絵になってしまったというパターンも。
従来の絵柄も描く事が出来るが、意図的に変えている場合も多く、
一つの作品内であれこれ挑戦してみたり、作風や作品によって変えてみたりと色々ある。
特に後者は、それだけの芸当ができる画力の持ち主でもあったりする。

  • カラー絵の塗り方を変える
塗りを変えると、絵柄そのものは変化していなくても受ける印象が大きく異なる場合がある。


【大きく絵柄変化してる人物】
デビュー年(※の後に表示)降順、()内はオリジナル漫画、コミカライズ、イラストレーションごちゃまぜ

長谷川町子(サザエさんいじわるばあさん)※1935年
 福岡編は師・田川水泡の影響が色濃い、後半になるにつれて頭身が下がりまくる
 コラムで作者の語るところによると初期の単行本を読んだ読者がパチモノと間違えて作者の所に通報してきたという……
 アニメ版は東京編の中盤当たりのキャラデザがモデルなので連載末期のクレしん体型とはかけ離れている異常なデカ頭+スリムボディに

手塚治虫鉄腕アトム火の鳥ブラック・ジャック他)※1946年
 何は無くとも元祖。80年代の作品はうまいっちゃうまいがリアルすぎて苦手な人もいるかも?

藤子・F・不二雄オバケのQ太郎パーマンドラえもん他)※1951年
 連載時期が10年単位のため徐々に洗練されてくるのがよくわかる

石川賢(ゲッターロボサーガ虚無戦記魔獣戦線(初期)真説 魔獣戦線)※1970年
 デビュー当時~80年代中期くらいまでは戦友・永井豪の影響も強かったが、『魔界転生』を期に独自の画風・作風をより確立してゆく

かとうひろし(駆けろ!大空 チョコボのふしぎものがたり)※1971年
 作品間での画風の変化は意図的なものであると明言している

平松伸二ドーベルマン刑事、ブラック・エンジェルス、マーダーライセンス牙他)※1974
 見やすくはなったが、味気が無くなったという意見も

小林よしのり(東大一直線、おぼっちゃまくん、ゴーマニズム宣言)※1976年
 そのままの画風で画力は上昇していく例

秋本治(こち亀)※1976年
 連載開始当時にタイムスリップする話は必見

本山一城(どっきり!エンジェル、キララQQQ、スーパーマリオシリーズ(本山版)他)※1977年

鳥山明(Dr.スランプドラゴンクエストドラゴンボール他)※1978年
 だんだん簡略化された「完成されたイラスト」に

ゆでたまご(キン肉マン)※1978年
 初期はヘタすぎてジャンプ編集部から表紙イラストを描かせてもらえなかった
 現在進行形で画力が上昇している

宮下あきら(魁!!男塾暁!!男塾)※1978年
 全体的にあっさりし始めた。劣化とか言ってはいけない

荒木飛呂彦(バオー来訪者ジョジョの奇妙な冒険)※1980年
 初期は純劇画って感じの荒々しさだったが今や現代アートに

高橋和希(遊戯王)※1981年
 初期は尊敬する荒木飛呂彦風の絵柄だったが、その後はアメコミ風のシャープな絵柄に。
 ちなみに漫画の絵柄変化に関しては29巻にて本人もツッコんでいたりする *1
 連載終了後は非常に厚塗りな画風を披露しており、新規書き下ろしのブラック・マジシャン・ガールが別人過ぎて、もはやブラック・マジシャン・レディ。
 ただアニメ風の絵をかいたり、TRANSCEND GAME 遊戯王のように当時の作画を再現する事もできるようだ。

原哲夫(鉄のドンキホーテ、北斗の拳CYBERブルー花の慶次、蒼天の拳他)※1982年
 北斗執筆中からどんどん書き込みが増え、迫力が増す

あらいずみるい(スレイヤーズ)※1982年
 第2部からデジタル化。泥臭さが消え一気にポップに

尼子騒兵衛(落第忍者乱太郎他)※1983年
 今の忍たまから入ったちびっ子たちが落乱1巻を読んで仰天するのはいつものこと

柴田亜美(南国少年パプワくん自由人HEROジバクくんカミヨミ)※1984年
 鳥山路線からの脱却に成功した

衛藤ヒロユキ(魔法陣グルグル)※1985年
 いわゆる垢ぬけた作風に

小畑健(サイボーグじいちゃんGヒカルの碁DEATH NOTEバクマン他)※1985年
 年を重ねるごとにデフォルメが加速している

藤島康介(逮捕しちゃうぞああっ女神さまっ)※1986年
 テイルズやサクラ大戦からのファンが、初期の「逮捕~」を見て絶句するのは良くあること

青山剛昌(まじっく快斗YAIBA名探偵コナン)※1986年
 初期は少女マンガテイストが強かった

冨樫義博(てんで性悪キューピッド、レベルE幽☆遊☆白書HUNTER×HUNTER)※1987年
 絵柄もそうだが話のサツバツ度も変わりすぎ

和月伸宏(るろうに剣心武装錬金エンバーミング)※1987年
 初期は師匠・小畑の影響が強かった。エヴァにハマった際には貞本義行氏の影響を受けた事も。
 作品間での画風の変化は意図的なものであると明言している

臼井儀人(クレヨンしんちゃん)※1987年
 初期は目も小さくいわゆる「大人向けギャグマンガ」の色が濃かった

萩原一至(BASTARD!!-暗黒の破壊神-)※1987年
 完全版と原作が同じ漫画に見えない

三浦建太郎(ベルセルク)※1988年
 書き込みすぎて連載できないんじゃないかとかまで言われる始末

渡辺道明(ハーメルンのバイオリン弾き、PHANTOM、ラッキーナイトカスタードくん他)※1988年
 続ハーメルンのカラーイラストはかなり美麗になっている

CLAMP(カードキャプターさくら魔法騎士レイアース)※1989年
 ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-を他作と比較すると分かりやすい、そもそも描いてる人が違うのもあるので要注意

杉森建(ポケットモンスターシリーズ)※1989年
 ジムリーダーやトレーナーを見ると変遷が分かりやすい


板垣恵介(グラップラー刃牙)※1989年
 第2部でガラリと筆遣いが変化する。スクリーントーンの貼り方が鬼

久米田康治(行け!!南国アイスホッケー部かってに改蔵さよなら絶望先生)※1990年
 初期はデフォルメがかなり少なかった

安西信行(烈火の炎MARMIXIM☆11)※1990年
 特に烈火に関しては1巻と最終巻はもはや別人。毎巻の画力の向上がはっきり分かる。

雷句誠(金色のガッシュ!!どうぶつの国)※1991年
 初期はそうでもなかったがガッシュ連載以降明らかに二次関数レベルで画力が上がっている

さとうふみや(金田一少年の事件簿探偵学園Q)※1991年
 粗削りながらも素朴な絵柄から、いかにもジャパニメーション的な非常に可愛らしい作風に

尾田栄一郎(ONE PIECE)※1992年
 書き込み量の変化が半端ではない

草河遊也(魔術士オーフェンBLACK BLOOD BROTHERS)※1993年
 オーフェン東部編から突如絵本風の垢ぬけた画風に

熊倉裕一(王ドロボウJING、KING OF BANDIT JING)※1994年
 半端じゃないくらい画力が上達している

武井宏之(シャーマンキング機功童子ULTIMO他)※1994年
 完全版は最早別漫画

津山ちなみ(HIGH SCORE)※1994年
 そもそも連載初期、まだ中二だった

赤松健(A・Iが止まらないラブひな魔法先生ネギま!UQ HOLDER!)※1994年
 現在進行形で画力が上昇中。ネギまの3巻辺りから次第に垢抜けたキャラデザになってはいるものの「味が無い」という意見も

大暮維人(天上天下エアギア)※1995年
 デビュー当時からそれなりに上手かったが、今はもはや別人が描いているとしか思えないレベルに上達

久保帯人(ZOMBIEPOWDER.BLEACH)※1996年
 思い描く一護をビシッと描けるようになったのは尸魂界終盤当たりらしい

真島ヒロ(RAVEFAILY TAIL)※1998年
 商業デビューはわずか1年差ながら、今や尾田栄一郎とはかけ離れた絵柄に

天野明(家庭教師ヒットマンREBORN!PSYCHO-PASS)※1998年
 リボーンの1巻と最終巻は完全に別物

介錯(鋼鉄天使くるみ神無月の巫女水戸納豆カレー)※2000年
 瞳が小さくなり線や塗りもシャープに。カレーのパッケージを見ても介錯と気付かなかった人も

山田孝太郎(ファイアーエムブレム 覇者の剣聖剣の刀鍛冶)※2000年
 初期はいかにも少年漫画然としていたがドンドンアニメ調に変化

塩崎雄二(ZOIDS惑星Ziバトルクラブ一騎当千)※2000年
 大暮の影響を受けている?

藤異秀明(真・女神転生 デビルチルドレンUMA大戦 ククルとナギバトルスピリッツダンボール戦機)※2000年
 変わりやすいときは1話単位で変化するほど

澤井啓夫(ボボボーボ・ボーボボふわり!ドンパッチ)※2000年
 ふわり!ドンパッチは、アシスタントが描いたスピンオフ漫画ではありません
 月間誌に掲載しており時間的余裕から一人で書いている
 作者曰く“日常系”の漫画に挑戦したかったらしい

はいむらきよたか(とある魔術の禁書目録)※2001年以前
 アニメ化決定から作風が完全に変化

氏家ト全(妹は思春期女子大生家庭教師濱中アイ生徒会役員共)※2001年
 特に妹は思春期は巻数が進むごとに変化します

森薫(シャーリー乙嫁語り)※2001年
 目に見えて描き込み量が増え描き込み「魔」と化した

大久保篤(B壱ソウルイーター炎炎ノ消防隊)※2001年
 「炎炎~」が大久保作品だと分からなかった読者もいたほど

福地翼(うえきの法則タッコク!!!アナグルモールサイケまたしても)※2001年
 初期はマジで「絵の上手い中学生」レベルだったのが、十団編辺りから青天井に画力が上昇

相田裕(GUNSLINGER GIRL1518!)※2001年
 GUNSLINGER GIRL連載当初は線が太くなったり細くなったり、パースや構図が若干おかしかったりトーン頼みだったり、
 一時期は老若男女問わず鼻の穴がでかくなったりで絵面がイマイチ安定しなかったが
 中盤から描き込みの量が半端ではなくなると同時に絵面が安定し始め、1巻と15巻では最早別人レベル。

畑健次郎(ハヤテのごとく!)※2002年
 その時の絵柄に合わせているのでアニメ4作のキャラデザが全員別キャラにしか見えない
 マリアさんだけ10年前の絵柄に戻してみたなどというメタギャグを披露している

星野桂(D.Gray-man)※2002年
 数巻ごとで差がかなり出てます

日向悠二(吉永さん家のガーゴイル世界樹の迷宮、リメイク版スレイヤーズ)※2003年
 ガーゴイル8巻辺り参照

長野拓造(レイトン教授イナズマイレブン)※2005年
 絵柄変遷というより作品ごとに造形そのものを変えている例

藤巻忠俊(黒子のバスケ)※2006年
 キャラクターのイケメン化が甚だしい

濱田浩輔(どがしかでん、パジャマな彼女、はねバド!)※2007年
 デフォルメの効いたタッチからだんだん写実的な画風に

サンカクヘッド(干物妹!うまるちゃん)※2007年
 2012年辺りから顔の輪郭に丸みがかかり可愛さが増した

あわ箱(浪漫三重奏、金田一少年の1泊2日小旅行、杖ぺチ魔導士♀の冒険の書)※2009年
 『金田一~』の最終巻でも「次回からはもっと絵柄ブレないようにします…」と書いている程


追記・修正よろしくお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/