エクレール・マルティノッジ

登録日 :2012/03/23(金) 21:25:12
更新日 : 2016/07/05 Tue 22:09:19
所要時間 :約 4 分で読めます





アニメ「DOG DAYS」及び「DOG DAYS'」の登場人物。
CV:竹達彩奈

異世界フロニャルドにあるビスコッティの騎士団に所属する騎士であり、親衛隊隊長である。

明るい緑のショートヘアと、そこから覗くタレ耳と尻尾、アホ毛が特徴。

釣り上がった瞳と強気な性格の持ち主。要するにツンデレ
二振りのダガーを用いた二刀流と紋章術、小柄ながらも素早い動きで相手を翻弄する戦闘スタイルを持つ。

紋章砲

疾風一文字
烈空十文字
どちらも気力で形成された刃を放つ。

気力武装
気力を練り集めて巨大な腕と剣を具現化させる

家族構成は兄ロラン・マルティノッジがおり、両親については描写が無いので不明。


ビスコッティ最強の自由騎士ブリオッシュ・ダルキアン卿を尊敬しており、彼女の話題になると普段冷静なエクレも熱くなる。

一期でのシンクの活躍に影響されたのか、エクストリームキャッチを会得した。

◇アニメ一期
初登場は第1話。
ミルヒオーレが勇者召喚を行っている間、多数のガレット兵相手に兄ロランとともに善戦していた。

勇者を召喚することに関しては懐疑的で、当初は納得していない様子だった。

シンク・イズミが合流してからは紋章砲のレクチャーを行いつつ、彼とともに閣下と交戦。
この時、ToLOVEる!なハプニングでシンクに胸を揉まれた。


シ「…女の子?」
エ「このすっとこ勇者が~!!」

閣下の獅子王炎陣大爆破を回避した後、シンクとの連携で閣下に白旗を上げさせ、戦に勝利した。

…だが、この時シンクは閣下ではなくエクレに攻撃をヒットさせてしまい、身につけていた服が破れ、全国ネットで縞パン残しの全裸をお披露目してしまった。

「おいしい映像、あざっす!!」
エ「やかましいわ!」

これ以降、シンクとは多少衝突しながらも、名コンビとなって戦場を駆け抜けていく。

戦興行の無い平時には、親衛隊隊員とともに訓練に励んでおり、また(文句を口にしつつも)フロニャルドに来たばかりのシンクの案内役を務めた。

ガレットとの宝剣を賭けた戦の最中、突然現れた魔獣に取り込まれたミルヒを救う為、シンクとともにトルネイダーで魔獣の元へ向かう。

魔獣の所まで飛距離が足りないと判断するや、トルネイダーから飛び降り紋章砲で打ち上げるという捨て身の策に出る。
(シンクを打ち上げたエクレはそのまま落下していったが、タイミングよくリコに救出され、無事だった)

シンクが元の世界に帰る事になり、別れの時が迫る中、口では「いなくなって清々する」と零しながら、涙を浮かべていた(直接泣いてる描写こそなかったがシンクが帰った翌日には目の下が赤く腫れており、おそらく一晩中泣いてたと推測できる)。


◇アニメ二期
1話から登場。
シンクに対しては相変わらずツンデレだが、ベッキーに対しては丁寧な態度で接していた。
次回予告での全力尻尾フリフリは必見。
シンクの復帰戦ではユキカゼとともにレオ閣下に挑む。連携攻撃で盾を破壊するも、閣下の“獅子王烈火 爆炎斬”により武器防具を失った。

右腕の防具に代わって1期終盤でシンクに貰ったリストバンドを装備しておりちょくちょく触っている姿が見受けられる。
うっかりキスする事になったりしてもシンクへの想いを中々認められずにいたが、ユニオンフェスタでのレオ閣下との一戦以降少しは素直になれた模様。
その後閣下は恋愛関連の相談相手になっているらしく最終回でエクレが贈った服を着ているシンクを見て満足げに頷いている。



追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/