マリア・フォキナ・バンローズ

登録日 :2010/01/12(火) 08:54:26
更新日 : 2017/10/14 Sat 16:32:13
所要時間 :約 3 分で読めます






「ものども。私に続け!!」




PS用ゲームマクロスVF-X2に登場する最終鬼畜兵器。最強最悪のエースパイロット。

CV:紗ゆり


反統合軍組織「ビンディランス」の長。


ロングストレートの深緑の髪を持つ絶世の美女。
年齢不明(元々、メルトランの美女な方々は見た目で年齢を判断できない)
冷静かつ真面目な性格だが、ギリアム隊長のジョークをユーモラスにツッコミを入れるなど、ネタ知識豊富で穏やかな温かみのある人物でもある。


反統合軍=テロリストと言う訳ではないらしい。


様々な説が流れているが、その経歴や過去は一切不明。
いまいち、よくわからない人。

わかっているのは
メルトラン出身者。
圧倒的な技量を誇るエースパイロットである事。



VF-X2の主人公で後に“エンジェルエース”と呼ばれる事となる「鬼畜見境無し絶倫隊長」こと、エイジス・フォッカー閣下を地獄のドンゾコに叩き落とす御方。


愛機は、往年の名機たるVF-1 バルキリー

かつての「エースのミリア」の異名を持つ、ミリア・ファリーナ・ジーナス(現マクロス7シティ市長)が駆った真紅のバルキリーと同機種。

その操縦テクニックは、もはや異常。

彼女が駆る「VF-1J(真紅)」は、ベクトルすら無視する超魔改造仕様。



とあるミッション……狭い谷を最大加速で駆け抜けていくと、自機を追い抜き唐突に現れる。

突如として現れた敵機…しかし、相手は凄まじい動きをしてプレイヤーを翻弄していく。


内容は下記の通り。
  • フル加速で追尾する自機(エクスカリバーを選んでも)の鼻先で、旧式の「VF-1J」で挑発しまくる→しかしプレイヤーの攻撃は当たらない。
  • ヘタに自機をバトロイドに変形した途端に「蜂の巣」にされてゲームオーバー。
  • 自機より速いハズのミサイルすら「置いてけぼり」にする超加速性能



常識と言うカテゴリーを根本からベキベキ折りまくる超エース。





ビンディランスルートが採用された小説版マクロスFではバンローズ自身は登場しないが、特殊部隊『VF-X』の監察機関として『バンローズ機関』なる組織が存在していることが示された。

最終決戦では、ここより連絡を受けたキム・キャビロフ中将がロストナンバー『マクロス13(忌み番のため、バトル13のみ)』を率いてマクロスシティに現れたバジュラの迎撃任務に参戦する。


以下ネタバレ

実は彼女はあのジーナス夫妻の娘の1人である

そりゃ化け物な筈だわな…






「追記…修正はどうなっている?」

「王子様のキスでバッチリだ!」


この項目が面白かったなら……\ポチッと/