電波ソング

登録日 :2009/09/14(月) 22:04:09
更新日 : 2017/06/15 Thu 08:40:34
所要時間 :約 2 分で読めます





【概要】
電波ソングとは、広義の意味で規格外な歌謡曲を指す造語、ネットスラングである。
元々は頭がお花畑な事を意味する「電波系」が語源。
主に一般的な歌謡曲とは一線を画す独特な歌謡曲を表現する為に使われ、音楽ジャンルとして扱われる事もある。
また、女性アーティストがボーカルを担当している場合が多く、萌え系カルチャーと密接に関係している。

世間的にはあまり知られてないが、所謂萌え電波ソングの元祖はFCソフト「アイドル八犬伝」主題歌、「キミはホエホエむすめ」にまで遡る。
元々は楽曲と歌詞のみ存在していたが、現在はモモーイこと桃井はるこやミクによりカバーされている。
気になる人は聴いてみよう。

かつては一部のエロゲ主題歌等を指す場合に使われる事が殆どであり、一部の愛好家やエロゲーマーしか使う者がいないアングラ的なネットスラングだった。
が、FLASH黄金期に電波ソングをBGMに使用したFLASHアニメ(巫女みこナース、いちごGO!GO!etc)が大量に作られ、それに伴い一般のネットユーザーにも認知されるようになった。

使われ出した正確な時期は分かっておらず、このジャンルを明確に定義する事は困難であるが、
「意味不明で常軌を逸した歌詞」「やたらキャッチー且つ中毒性の高いメロディー」「聴いた後に残る絶大なインパクト」等の特徴は共通している。
また、その他のよく聴かれる特徴として

  • ギャグ要素を突出させた完全なおふざけ
  • 伴奏に電子音が多用される
  • リスナーに羞恥心を沸き上がらせる歌詞
  • およそ常人には真似出来ない超絶超早口
  • 放送コードに引っ掛かるレベルの下ネタ
  • やたらと合いの手が挿入される(いぇい!、ハイハイ!、キュンキュン☆等)
  • 日本語でおk

等がある。

【余談】

オウム真理教の麻原彰晃が歌う歌(通称オウムソング)のように、
歌うと団体そのものから発せられる怪電波を公安警察にキャッチされるであろう不謹慎なものや、
猛毒、毒殺テロリスト、オナニーマシーンのような下ネタがメインのバンド、
cali≠gariのように猟奇的なビジュアル系の曲などのように耳から離れない曲等も電波ソング扱いされることがある。
また、爆乳戦隊チチレンジャーのテーマソングなどとようにAVにも電波ソングは存在する。

編集・追記お願いねっ♪(ハイハイ!)

この項目が面白かったなら……\ポチッと/