トーマス(FE)

登録日 :2012/03/22(木) 20:47:01
更新日 : 2017/03/29 Wed 17:39:25
所要時間 :約 3 分で読めます




『ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣』および『紋章の謎』の登場人物。
クラスはアーチャーで、CC後はスナイパー。


【暗黒竜と光の剣&紋章の謎】
アカネイアの宮廷騎士団の一人で、暗黒戦争の時には4人の仲間…ミディア、ボア、トムス、ミシェランと共に牢屋に囚われている。
クラスはアーチャー→スナイパー。
加入時にはCCアイテムの「オリオンの矢」と神器「パルティア」が手に入り、次のステージではペガサスナイトが大量に出るので鍛えやすい。
『紋章』では第一部しか登場しない。

トーマスを語るのに欠かせないこと…それは彼が とことん不遇 であることだ。

まず、全体的に影が薄い。ゴードンが育っている場合、「誰?」と思われるプレイヤーも少なくない。
『紋章』第一部だと直前にジョルジュが仲間になるので忘れられがちになる。

次に、同僚達の方が個性的で重要な役割を担っている。
ミディアは恋人のアストリアの説得担当。
つるっぱげことトムスとミシェランはFC時代には某コピペロスみたいに使い回しの顔グラで、プレイヤーにインパクトを強く与えた。
EDの後日談ではトムスは将軍の位を与えられるが新国王のやり方に反発して逃走し、ミシェランもその後に付いて行く…という内容。
これには多くの謎を残しており、『紋章』第2部の伏線とも思われる。 『新・紋章』には二人とも出演し、ハーディンに疑念を抱いて軍を退いた…という設定になっている。
ボアはその第2部において、 ある意味元凶 となった。

アカネイア戦記でもミディアは騎士道を貫こうとする心意気を見せ、
トムスとミシェランは自らを盾として敵を食い止めようとする心意気を見せ、
ボアとニーナも杖や魔道書で援護するなど見せ場もあった。
トーマスはというと弓で援護するだけで何の見せ場もなし。
オマケに相手が相性の悪い敵ばかりでテコ入れアイテムもセリフも無い…酷ぇ。

FC版でトーマスの顔グラもゴードンやザガロの使い回しで、死亡台詞(しかもこれが唯一の台詞)もテンプレ。
SFC版でゴードンとウルフ、ザガロは特有の顔グラを手に入れたものの、トーマスはザガロそっくりであった。分かり辛い。
成長率は下から数えるのも早く、何とあのビラクより下だった。

トドメとして『紋章』第一部EDの後日談では 「その後彼の姿を見た者はいない…」 。どこのテイルズだよ!
FC版と『新・暗黒竜』では故郷に帰ったということになっている。

あとどっかの機関車と名前が同じだからネタにされることも少なくない。
このように、トーマスはプレイヤーから不遇なネタキャラとして色んな意味で愛されていた。


【新・暗黒竜と光の剣】
なかなかカッコイイ固有の顔グラを手に入れた。
長年のライバルだったゴードンの成長率との違いが生まれたが、兵種変更&シューターの存在で立場が危ぶまれる。
更に元使い回し同盟だったウルフとザガロの成長率が爆発的に良くなったため、未だに不遇から抜け出せずにいた。
しかし、大幅に弱体化したゴードンや大陸一(笑)よりはマシな成長率だった。


新・紋章の謎
遂にトーマスにも春が来た。
何故かグラに滞在しており、17章ではマルスが村を訪問すると仲間になる。
マイユニットとの支援会話では、真面目で練習熱心な努力家であることが判明。
だが微妙に天然が入っており、某ウィリアム・テルばりにマイユニットの頭に林檎を乗せて弓術の練習をしたりする。
その天然っぷりは、マイユニットに思わず「なん…だと……?」と言わしめたほど。
このやり取りは、全支援会話の中でもカオスで腹筋崩壊ものなので必見。

加入時のクラスはスナイパーで、レベルはジョルジュより低い。
だが、実は成長率が前作より大幅に良くなっている(技と守備はジョルジュに劣るが…)
初期装備も銀の弓であるため、即戦力として使える可能性が高い。


ここに来て、やっとトーマスが不遇から脱出したことが伺える。
是非ともこの機会に『新・紋章』で彼を使ってみてはどうだろうか。

なお、『新・アカネイア戦記』ではやはり空気なので(セリフも会話も無し)あしからず。



追記・修正…開始!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/