坂本雄二(バカとテストと召喚獣)

登録日 :2011/08/31(水) 18:26:35
更新日 : 2016/07/19 Tue 21:11:11
所要時間 :約 5 分で読めます




「俺はお前の幸せが大嫌いなんだ」


坂本雄二は『バカとテストと召喚獣』の登場人物で、メインメンバーの一人。

CV.鈴木達央 / 谷山紀章(ドラマCD)

全ての原作において、冒頭は彼と翔子の会話から始まっており、実質的な準主役とも言える存在。

学年最低学力を誇るFクラスの代表と、ぱっと見微妙な立ち位置。

しかし幼少期は神童と謳われた程の頭脳の持ち主で、現在も頭のキレはピカイチ。
当初こそクラス相応の学力の持ち主だったが、Aクラスに敗北した事をきっかけに猛勉強。
二学期現在ではほぼ全教科でAクラスの平均レベルまで到達している。
また、知略を張り巡らせる事に長けており、卑怯な手段から細やかな心理戦まで、奇策を考えさせたら右に出る者はいない。
……最近は看破される事も多いが。
特に四巻におけるDクラス戦は見物。敗北必至の状況から和平条約までこぎつけた策略には脱帽させられるだろう。

恐ろしい頭脳の持ち主という称号は、彼にこそ相応しいのかもしれない。

また、良くも悪くも個性派揃いのFクラスをきっちり統率する等カリスマ性も高い。


「――皆、女子風呂の覗きに興味はないか?」

「仕方がない。各員に伝えろ! この作戦を遂行した者には、後でアキちゃんと秀吉がメイド姿で茶を振る舞うと!」

「でぇーい!ムッツリーニもつける!」


人の望みを把握し叶える彼の人心掌握術は、現代社会でも通用するだろう。

また、中学時代は喧嘩に明け暮れた日々を送っており、身体能力は高い。正攻法での単独戦闘力は学年随一と推測される。


翔子「……浮気は許さない」

FFF「会員全員によるジャーマンスープレックスリレーだ」

雄二「ぎゃぁああ!」


……あくまで正攻法の単独戦闘力なのであしからず。

主人公である明久とは名コンビであり、凸凹コンビであり、そして悪友。

普段の馬鹿騒ぎでは敵対したり、足を引っ張り合ったり、自分が助かるために平気で相手を売ったりする。酷い時には本気で殺し合ったりする。
特に3.5巻の食品戦争は必見。身近な飲み物でも十分凶器になりうる事を教えてくれる為になる話だ。

しかしシリアスシーン等で協力しあっている時のシンクロ率は異常。
8巻では明久と腕を手錠で繋がれ、戦争中の為に居場所を公開し続けなければならない状態で高校生97名による包囲網を突破した。

またお互いに自分に持っていない何かがある事を自覚しており、口では文句を言いつつも、相棒として認め合っている。
……ハズ。

雄二を語る上で欠かせないのはやはり妻・翔子の存在だr……ん?誰か来るかと思ったらすぐに引きずられて行ったな。

雄二自身は認めないものの、相思相愛なのは周知の事実。というか、つい最近とうとう本音をぶちまけた。

翔子の雄二への愛し方は当該項目にて解説されている通り、かなり問題。もはやSなのかMなのかとかで済む話ではない。

しかしながら翔子を本気で拒絶しないところを見る限り、雄二の翔子に対する想いも本物。冒頭における掛け合いは見ていて非常に微笑ましい。


「だからせめて、トランクスだけは――!」


……立場を変わって欲しいとは思わないが。

翔子との関係が始まったのは小学校から。

以前から交流自体はあったものの、翔子の恋心が確実になったのは、彼女が転校されない為に雄二が有名私立校への推薦をふいにした事がきっかけ。

以降、雄二は勉強だけできても意味がないと悟り、中学三年間を棒に振って喧嘩三昧の日々を送る事に。

「あれ?翔子に人生狂わせられぱなしじゃね?」とか言ってはいけない。

二学期現在Bクラス戦を終え、勝利すれば自由の身、敗北すればいよいよ人生の墓場行きが確定する状況の中、何やら打倒Aクラスへの奇策を考えている雄二。

仮に勝利を得たとして、翔子との関係がどのように変化するのか。

そしてその先に待つ結末はいかなるものなのか。

非常に気になるところである。


ちなみに、12.5巻で明かされた初期案の設定によれば、
留年した元上級生で、姫路に惚れられている 」という設定だったようであり、
もし本編が初期案のまま進んでいたら、雄二を巡った翔子と姫路の恋の争いに発展していたことだろう。


以下主なセリフ
「Fクラス代表の坂本雄二だ。俺のことは代表でも坂本でも、好きなように呼んでくれ」

「……生爪……」

「お前がグーを出さなかったらブチ殺す」

『フォークを 鉄人の 股間に』

「ふはははは! 無駄無駄無駄ぁっ!」

「それは私のモットーの『パンチから始まる交渉術』に対する冒涜ですか?」

「そして『キックでつなぐ交渉術』です。最後には『プロレス技で締める交渉術』が待っていますので」

「翔子待て! 落ち着ぎゃぁぁあああっ!」

「そうか。まぁ、とりあえず……ご馳走さんっと」

「たすてけ」

「バカってのは面白いよなセンパイ。一つのことに夢中になると、それに対してとんでもない集中力を発揮しやがる。
 空手バカとか剣道バカなんて呼ばれる連中もいるが、そこで言われるバカってのは『物事に集中するヤツ』っていう褒め言葉だよな」

「――これ以上は、1点たりとも取らせねぇ」

「よくやった明久ぁっ!」


追記・修正は明久の幸せをぶち壊してからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/