サバイバルキッズ~Lost in BLUE~

登録日 :2010/05/03(月) 00:19:11
更新日 : 2016/07/26 Tue 01:14:11
所要時間 :約 3 分で読めます




サバイバルキッズ~LOST in BLUE~とはコナミより2005年8/25日にDSで発売されたサバイバルシミュレーションゲームである。

シリーズとしては三作目にあたる。
キャラデザは加茂洋志。

廉価版とモバイル版もリリースされている。

機種がGBからDSになったことで、グラフィックが3Dポリゴンになり、タッチペンを駆使したそれっぽいサバイバルアクションが可能となった。

ゲームの目的はサバイバル生活をしながら、無人島を脱出することで、その脱出方法によりエンディングが違う。

また加茂洋志氏のイラストを前面に押し出した宣伝はないが、彼が描いたヒロインあおいちゃんはヤバいほど可愛いので彼女目当てに脱出せずにいつまでもサバイバル生活を営むのも乙なものである。


★ストーリー

嵐に遭遇し船が沈没してしまっただいちは、無人島に流れ着いた。「誰もいない……」と嘆くだいちだったが、島を散策し、やがて同じ船に乗り合わせていた少女あおいと合流する。

そして彼女と島からの脱出を目指した二人きりのサバイバル生活が始まった──


○登場人物

◆だいち
操作キャラ。中学三年生。性格は優柔不断なギャルゲ主人公。
サバイバル生活は、狩猟、探索、蒔木集め等を担当。


◆あおいちゃん
中学二年生。読書家で将来は小説家を目指している。
スゴい近眼で眼鏡をしていたのだが、だいちに出会った初っ端から眼鏡を踏み割られる。だいちGJ!

その為、一人で外に出ることができず、洞窟内で独り健気にだいちの帰りを待つことに。

また、だいち一人では進めない所もあるのでその時は、彼女と手を繋いで島を探索することになる。好感度を上げると──?

サバイバル生活は料理、家畜の世話、家具作り、罠作り等を担当。

ゲームを一度クリアすると彼女を操作するモードが解禁されるが、非力な為、行動範囲が限られる。


○サバイバル生活

★スタミナ&満腹&水分ゲージ
体力ゲージの様なもの。
満腹は主に食物を摂れば回復し、水分は水や汁物を含めば回復する。
スタミナは力仕事をする時に必要となり、休憩すれば回復するが満腹または水分ゲージが0の場合は回復しない。

だいち、あおいちゃん個別に存在し、これらが尽きるとやがて死に至る。

何も考えていないで行動するとガンガン減っていく上に、序盤は回復手段が乏しいのでまさにサバイバルである。

よくあおいちゃんが水を飲んでくれずに死ぬので気を付けるべし。

また、キノコ類を食べると──?



★火起こし
サバイバルといったらコレ。
タッチペンを木の棒に見立てて、くるくる回転させていくとやがて火種ができる。
そうしたらマイクに向かって息を吹き掛ければ火を起こすことができる。面倒臭いなんて人は弓を使えば……?


★狩り
タッチペンをモリや矢に見立てて、Let's狩猟生活!
矢が動物に当たらないなんて人はあおいちゃんに罠を作って貰えば楽々仕留められるように。


★採取
無人島なので、当然調味料もなければ、日用品なんてものはない。木を揺らす、地面を掘り返す、砂浜に漂着した物を拾い集める等して必要な物を揃えよう。

これまた基本なので、ゲーム開始時に怠れば死あるのみ。


★お風呂
無人島なのでやっぱり風呂もない。
ドラム缶は水瓶代わりに使ってるし、普段は水浴びで我慢してんのかな……と思っていた所に現れる源泉掛け流しの温泉。

そしてウキウキしながらあおいちゃんを連れていくと発生するまさかの混浴イベント。

この時に三つの選択肢が出るが、男なら正直な気持ちになろう。あおいちゃんはきっと答えてくれます。




追記・修正とかつ丼2人前お願いしま──
すいません、間違えました。










助けてください!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/