花子さんがきた!

登録日 :2011/05/12(木) 11:48:58
更新日 : 2017/01/24 Tue 09:12:07
所要時間 :約 2 分で読めます




『花子さんがきた!』は、ポンキッキーズ内で放送されていたアニメコーナー。

基本的には、子供が妖怪に襲われている所を助けてくれるが、助けに来ない場合も有る。
それ故、「仕事しろ!」とバッシングを受ける事も有る。

◇メインキャラ

  • 花子さん
主人公。幽霊縛りアップリケとけん玉を武器に、妖怪達と闘う。

  • ホワホワちゃん
花子さんの相棒。名前にちゃんがついているが、小説版では喋る上に一人称が【ボク】。

  • 花子さんのパパ
ドラキュラみたいなパパさん。

  • 花子さんのママ
幽霊幼稚園の保母さん。

  • やみこさん
花子さんのライバル。ドクロのペンダントが武器。

◆妖怪達

  • さっちゃん
「さっちゃん」の噂をした子供の家にやって来て、足を斬り取ってしまう…。バナナの絵を置いておくと、大丈夫。
本物でもギリおK
噂話の立ち聞きダメ絶対

  • トンカラトン
ミイラみたいに包帯を巻いており、日本刀を背負っている。自転車に乗ってやって来て、「トンカラトンと言え」という。


「トンカラトン」と言えば助かるが、言わないと斬られてしまう。また、命令されていないのに「トンカラトン」と言ってしまっても斬られてしまう。
たまに集団で現れる。斬られた人はトンカラトンになってしまう。また、千之ナイフ先生が描いたホラー漫画「死太郎くん」にも出る等、「花子さんがきた!」を飛び越え、もはや都市伝説の定番となっている。
因みに「死太郎くん」の漫画によると、トンカラトンの包帯はトンカラトンの皮膚で、それを剥がすとトンカラトンは死んでしまうらしい。

  • 恐怖のマラソンマン
すれ違う時、サングラスを外すが、絶対に目を見てはいけない。目を見てしまうと、血が凍って石になってしまう…。
言うまでもなく、ギリシャ神話のメデューサ(ゴーゴンとも言う)がモチーフ。

  • 人面魚
人の顔をした魚。人間を湖に落として食べようと企む。

  • 鎌ババア
フリルを着た老婆。笑った者の首を斬る…!「似合ってますね。」とお世辞を言えば助かる。

  • 鎧武者
博物館にある鎧兜に霊が取り付き、動き回る。花子さんのけん玉に敗れる。

  • 悪い花子さん
花子さんの偽物…といった方が良いのかな?

  • 人喰いランドセル
怪しいセールスマンのオッサンが少女にあげたランドセル。
喰われた少女は二度とこの世に戻っては来なかった…。
「…花子仕事しろ!!」
と、かなりバッシングを受けている。


幽霊縛りアップリケ!追記・修正しなさい!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/