凶気の桜

登録日 :2011/08/08(月) 10:17:38
更新日 : 2016/12/17 Sat 00:13:30
所要時間 :約 3 分で読めます




真っ白な怒り




ヒキタクニオの原作小説を元に、2002年に薗田賢次によって映画化された作品。

当時の人気俳優である窪塚洋介が主演を、人気ヒップホップグループ「キングギドラ」のK DUB SHINE(各務貢太)が音楽監督を勤めた。


・あらすじ・

生まれた時から渋谷に住む山口、市川、小菅という3人の少年は、秘密結社「ネオトージョー」を結成し、渋谷に蔓延る半端な不良や汚い大人達を「売国奴」と呼び、 「奪還(ようするに恐喝)と矯正(ようするに暴力)と排泄(ようするに強姦)」 の名の下に、夜な夜な狩りつづける日々を送っていた。

その活動が右翼系暴力団「青修同盟」の目に止まり、その組長である青田は、この3人を可愛がった。

ある夜、麻薬密売に関わっているという外国人経営のバーを発見した3人はその店を襲撃する。

しかし、その店は「青修同盟」に敵対する暴力団の直系店であった。
これをきっかけに、3人は右翼団体の暗部を知り、暴力団同士の血で血を洗う抗争に巻き込まれていく…


・登場人物・

山口進:演 窪塚洋介

主人公。
腕っぷしは他2人にやや劣る。理想主義者で青臭い発言も多く、3人の中ではある意味一番未熟と言える人物。
生まれた時から渋谷に住んでおり、渋谷をこよなく愛し、また日々変わりゆく渋谷を憂いている。
自分達はあくまで 右翼主義者 ではなく 「ナショナリスト」 と言い張っている。
食物(特に肉)は国産の物しか信用しない。狂牛病問題が発生してからは肉自体を食べなくなった。
また「汚いから」と「排泄」はしない主義。


小菅信也:演 須藤元気

3人の中の戦闘要員。
「つーかハンバーグって何からできてんの?」という山口の質問に 「ハンバーグッ」 と返す程度の脳筋。
右翼に憧れており、後に「ネオトージョー」を抜け、1人で「青修同盟」に加入する。


市川勝也:演 RIKIYA

理性的な性格の現実主義者。山口とは意見がよく対立する。
三郎を慕っており、「消し屋」の仕事に興味を抱く。


青田修三:演 原田芳雄

右翼系暴力団「青修同盟」組長。
山口、小菅、市川の3人を高級焼肉に連れていくなど、とても可愛がっている。
特に山口は彼に心を開き、慕っていた。


兵頭秀次:演 本田博太郎

「青修同盟」の上部組織から出向してきたエリート。
組の規範に反して、現実的な「しのぎ」として麻薬売買を画策する。


消し屋の三郎:演 江口洋介

依頼された標的を、何の痕跡も遺さずに始末する、通称「消し屋」を営む謎多き男。
その思想や仕事に対する姿勢から、市川は次第に彼に傾倒していく。



賛否両論はあるが、良くも悪くも窪塚洋介の「若さ」が溢れ出た良作。「青春」映画としての完成度は高く、チェックしておいて損はない。

また本作は徹底して「渋谷」という土地にこだわっており、ロケハンは青田の邸宅以外は全て渋谷の現地でロケが行われた。




「俺たちよぉ…追記・修正されてんじゃねぇよな?」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/