琉神マブヤー

登録日 :2011/05/15(日) 23:37:26
更新日 : 2017/05/25 Thu 17:17:58
所要時間 :約 3 分で読めます





たっぴらかす!!


・たっぴらかすとは、沖縄方言(ウチナーグチ)でやっつけてやる、という意味


琉神マブヤーは、沖縄のローカルヒーロー。単なる特撮ヒーロー物ではなく、沖縄の文化を知るうえでも、是非見て貰いたいと推奨されている。

制作はマブヤープロジェクト。ご当地キティーの様な女の子向けの土産物は有るが、男の子向けの土産物はない。そこで考案されたのが、この琉神マブヤーで有る。


◇ストーリー
マブイストーンを狙うマジムン軍団。それに立ち向かうのは、正義のヒーロー・ 琉神マブヤー !沖縄の平和の為、マジムン軍団をやっつけろ!

◇主な登場人物(第1期TV版)

  • 琉神マブヤー
魂の戦士。叶がマブイグミされた事により、叶に宿る。
名前は「魂」を意味する沖縄方言「まぶい」から由来。

  • 叶(カナイ)
ヤチムン(陶芸見習い)の22歳。赤ん坊の時、今の師匠で有る岩次郎によって拾われた。マブイグミされた事により、マブヤーに変身!

  • 岩次郎
紅亜の父親で、叶の育ての親でも有る陶芸家。

  • 紅亜
岩次郎の一人娘。かなりの美貌で、叶だけでなく、村の青年からも慕われている。

  • 与那原犬
紅亜が拾ってきた犬。実はシーサーの化身。
叶視点では犬の格好をしたおじさんだが、一般人視点からはスカーフを着けた犬。
11話では涙腺崩壊必須

  • 森の大主
森のうふぬしと読む。
チルダイ森に住んでいる。マブヤーに試練を与える。

◇主な登場人物(第2期TV版)

  • 龍神ガナシー
叶の実兄ニライが変身する、水龍の戦士。
名前は琉球王国の王の称号「御主加那志(うしゅがなし)」から由来。

  • 凰神カナミー
ナミが変身する、どんな苦難にも明るく笑顔を忘れない母性の戦士。
名前は「愛しい」という意味の「かなさん」と「明るい」という意味の「みー」から由来。

◇マジムン軍団
マジムンとは、沖縄方言で「悪霊・妖怪」の意

  • ハブデービル
マジムン軍団のボスで、バイキンマンポジ。モデルはハブ。頭から両手までハブでございます。
「シャ~ッシャッシャッシャ~」 と愉快に笑うのが特徴。

  • オニヒトデービル
無口なマジムン軍団の副首領。小さい頃にマジムン軍団に拾われる。出生に秘密があるらしい。モデルはオニヒトデ。

  • マングーチュ
マジムン軍団の紅一点。遅刻常習犯。モデルはマングース。
寂しがり屋で、なぜかマブヤーに惚れている。

  • クーバー1号&2号
マジムン軍団の戦闘員。掛け声は「ハゴー(沖縄方言で「汚い・不潔」の意)」
なぜか2号が年上で、彼が軍団のルールを乱している?とも…

  • ハブクラーゲン
第2期でハブデービルに代わってマジムン軍団のリーダーを務める。モデルはハブクラゲ。
ハブデービルに負けず劣らずのマヌケっぷりだが本気を出せば強い。酢が大の苦手だけどね!

  • ヒメハブデービル
第2期に登場する高飛車な女幹部。モデルはヒメハブ。
ハブなのにカエルが苦手で、ダイエットが趣味という一面を持つ。
ハブデービルよろしく彼女も 「シャ~ッシャッシャッシャ~」 と愉快に笑うよ!

◇マブイストーン
うちなーんちゅの伝統や精神の石
マジムンに取られるとうちなーんちゅに影響が出る

  • ウチナーグチ
沖縄方言を司る。

  • テーゲー
お気楽気分を司る。

  • エイサー
沖縄の伝統文化・エイサーを司る。

  • 石敢堂
魔除けの神通力を司る。

  • チャーガンジュー
健康を司る。
◇マブヤーの必殺技

  • ゴーヤヌンチャク
相手を健康にしながら戦う必殺技。波紋

  • スーパーメーゴーサー
光輝く拳で凄いメーゴーサーをする。
メーゴーサーとはげんこつの意味

  • 旧暦ワープ
過去にワープする。タイムベント

  • パイカジ・ツイスター
台風並の風を操りすべてをなぎ倒す技。

  • ティーダ・ヤーチュー
指笛を吹いた拳にティーダの様な炎が宿りそれを飛ばしてヤーチューする技。
ティーダは太陽、ヤーチューはお灸・ヤキを入れるの意味

  • プーヒヤー・ヒーヒヤー
強烈なガスを吹き出して相手の戦意を削ぐ技。
プーヒヤーとヒーヒヤーともにおならの意味

  • カメーカメー攻撃
相手にしつこく食事を勧めて疲れさせる技。
沖縄のオジィオバァもマスターしている。


なんとこの度映画化されてしまった。
しかもしかも主演はマブヤー役に山田新太郎、ガナシー役にISSA(ISSA氏はガナシーのテーマソングも歌っている)、敵であるハブデービル役にガレッジセールのゴリ、特別出演に仲間由紀恵という超豪華メンバーであり、秋田のローカルヒーロー・超神ネイガーとも競演している。

それに伴い、週刊少年チャンピオンでも漫画版が連載されていた。おにゃのこやマングーチュのおっぱいおっぱい!が最大の見所。
そして「大魔法峠」シリーズや「機動戦士ガンダムさん」でおなじみの大和田秀樹先生によるコミカライズで、ニュータイプエースでも連載されていた。



海を飛び越え、追記・修正し~ろ~

この項目が面白かったなら……\ポチッと/