フェイト/タイガーころしあむ アッパー

登録日 :2010/06/27(日) 21:36:27
更新日 : 2017/01/25 Wed 11:02:12
所要時間 :約 5 分で読めます




2008年、再びお騒がせなヤツらが帰ってきた。
フェイト/タイガーころしあむ発売から一年、ドタバタストーリーが再び!

●あらすじ

その夜、街に流星が降った。

音速を越えて
冬木市南深町(藤村雷画さん宅)に
直撃する謎の物体ー
人的被害は奇跡的にゼロであるものの、
町はオレンジ色の、
夜なお明るい炎のトーチに照らされた。
一瞬で焼け野原と化した藤村組。
一夜にしてホームレスと化したお天気教師。
そしてクレーターからひょっこり現れる、
奇怪なシルエットをした謎のネコガタ生物。

「我々 ハ インベーダー ダヨ」

バーチャルシンガーっぽい声で喋る
魅惑のセクシーキャット。
虎聖杯という奇跡を無くした無情の大地に、
最強の敵が降臨する。
更なる混乱に
今度こそはと浮き足立つサブキャラたち。
そして誰もが思った。

『もう虎聖杯関係なくない?』




新たなる世界崩壊の危機がいま訪れる………かもしれない。


●概要
上記の通りフェイト/タイガーころしあむの続編的PSP用ゲーム作品。
前作同様の『Fate』シリーズからのキャラに加え『月姫』シリーズからもキャラが参戦している。

カオス度は前作を軽く上回りフルボイスによって恐ろしい迷作具合に仕上がっている。


●制作にあたって

型月スタッフ以外に、
磨伸映一郎、タスクオーナ、邪武丸、武梨えり、たぽ他、
型月外部顧問と呼ばれるきのこと友達の人がネット会議でストーリーを考えたらしい。


●ゲームシステム

前回と同じく、アドベンチャーパートとアクションパートに分かれる。
アクションパートでバトルに勝利すると、次のステージに進める。

追加要素として、仲間がいる時に防御低下の代わりにダメージUPの共闘。
三回限り、能力を上げる『虎令呪』。
コスチュームの追加や一部キャラクターの虎力の改正など、前回できなかったことを全力でやっている。

今回も、完全にやりすぎている。



【登場人物】

衛宮士郎
ご存知主人公。
今回は暴走気味のキャラたちのツッコミ役に徹する。
基本巻き込まれキャラだが似たような存在二人と喧嘩したりも。

セイバー
獅子の姉。
セイバーライオンの姉として厳しく接する。

遠坂凛
あかいあくま。
冬木市に落ちた謎の物体を調査するが、謎の黒幕の手で…。

アーチャー
黒シェロ。
ついに壊れてしまった人。
魔法少女たちに振り回される。

間桐桜
頑張る後輩。
凛からの不審な電話。
彼女を心配する桜に、魔の手が襲いかかる。

ライダー
我らが眼鏡っ子。
桜を華麗にサポートする。
そして、ネコのミミ。

イリヤ
ロリブルマ。
狂化が解けたバーサーカーを元に戻そうと、キャスターに助けを求めるが…?

バーサーカー
やはり紳士。
キャスターの態度を変えさせ、魔法少女因子をも所持する英霊。

バゼット
やはりダメットさん。
今回の事態をアヴェンジャーと解決に向かうが、魔法少女の在り方に涙したりする…。

ランサー
やはりナンパ師。
セイバーライオンに魚あげたり、人妻をナンパしたりする。

キャスター
目指せ魔法少女。
魔法少女の甘い言葉に騙されたり、ファンタズムーンに振り回される可哀想な人。

アサシン
ナンパ師にジョブチェンジ。
人妻をナンパしたり、キャスターによく殴られたりする。

葛木宗一郎
よい夫婦。
前回より柔らかくなり、ネタもやったりする。
キャスターから忘年会の芸を習っていた。

真アサシン
やはりいい人。
やはり巻き込まれ要因。
良識人なのに見た目が良識人じゃないお方。

間桐慎二
やはり最弱ワカメ。
にゃんこ先生と協力する。
すべての女性の居場所がインプットされた最強の脳の持ち主。

言峰綺礼
マーボー神父。
なぜかいまだに現界しており、セイバーライオンのナレーションを勤める。
誰かさんの父親。

黒桜
黒いヤンデレ。
桜と音速で入れ替わったりできる。
前回より戦闘力が上がった気がするのは気のせいか…?

ギルガメッシュ
我らが金ぴか。
キャスターにセイバーの人形を作らせたり、セイバーライオンを手懐けようとして簡単にのされたりと完全なネタキャラと化してしまった。

カレン
ゴスロリッシュ!(意味不明単語)。
とある魔法少女の思惑をぶち壊しに向かう。
しかし、一瞬の隙をつかれ…。
誰かさんの実娘。デレ具合が可愛い。

セイバーオルタ
黒い騎士王。
第三のセイバーとして現界している。
悪食ぶりに変化はない…。

藤村大河
お天気教師。
ネコガタ生物と共に宇宙の危機を救いに、様々な惑星のアルティメット・ワンの力を借りに宇宙を駆ける。

衛宮切嗣
Zero的な時空のじいさん。優しい、親バカ。
切ちゃんキャラ変わってね、と言われた。
愛しのアイリを助るため、魔法少女たちと戦う。

アイリ
プリヤ的な時空の人妻。夫の隠し子?も受け入れるみんなのお母さん。
魔法少女に狙われたり、邪魔者排除に利用されたり。
そして、腐女子。
オマケボイスは……

セイバーライオン
前回の虎聖杯によって誕生したセイバーの妹。
魔力が足りなくなり、とあるお姉さんにはぐらかされて魔力を求めて町を駆け抜ける。
相変わらず台詞は全て「ガオガオ!」。

ネコアルク
最強の生物(なまもの)。
ネコミミ菌をバラ撒き混乱をもたらす元凶の一匹。
記憶混乱中に出会ったワカメ髪の少年と…。

アヴェンジャー
モニョモニョの青年。
なぞの生物に興味を示し、追い回す。

カレイドルビー
愛と正義と魔法少女。
シェロを引き連れ、わるいやつらを叩きのめす。

ファンタズムーン
(CV.柚ねぇ)
白き月姫。
誰も正体を知ってはいけない、自称正義の味方。
とゆーかお前は武梨えりのアンソロジーのキャラだろ!

マジカルカレン
はめられたシスター。マジカル紙袋。
ラブアースディザスターを振るい、都合よい世界を作ろうとする。
変身の影響で体が回復しており、いつもより若干快活。

マジカルアンバー
割烹着の悪魔。
マジカル四天王の立て役者、アマゾンで商品が届かず、地球へ受け取りに向かうが…。

カレイドステッキ
愉快型魔術礼装。
大好きな凛とプリズムメイク、平行世界を利用して複数のカレイドルビーを生み出す。








前回以上にネタに力が入り、カオス度が上がっている。
声優陣よ、慣れてしまったのか……?








以下、やっぱりカオスなやりとりや名言や迷言や

「ワ、我々ハ、インベーダーダヨ?」

「士郎!でかくなったなぁ………」

「お母さんは、強いんだから!」

「いけ、セイバーライオン!噛み噛み攻撃だ!」

「ジャーマンナッコォ!」
「げふぅ!」
「ジャーマンスープレックス!」
「ゴッチ!」
「ジャーマン一本四の字!」
「いがりぃぃぃぃぃぃっ!」

「メガネッコナッコォ!」

「うほっ 良い聖杯」

「アン、アン、アーチャー♪」

絶ぼ……
「いつか 言うと 思った」


柚「はい、これフォークです。」
力「スプーンと言わざるをえない」


さぁシェロ!
追記、修正をするわよ♪

この項目が面白かったなら……\ポチッと/