ざくざくアクターズ(フリーゲーム)

登録日 :2012/07/08(日) 09:53:26
更新日 : 2017/07/08 Sat 13:00:06
所要時間 :約 3 分で読めます




らんだむダンジョン』で有名なはむすた氏のフリーゲーム。
2012年から徐々にアップデートを繰り返し2014年に完成した。(現在Ver1.05c)
どんどん仲間を増やして王国を発展させていくゲーム。
設定は重いがコミカルな展開で悲惨さを感じさせない。
可愛らしい手描きイラストが楽しく、数もなかなか多い。
らんダンとは繋がっていないが一部のキャラ、多くのアイテムはらんダンと同名、あるいは関連があり知っているとより楽しめる。
らんだむダンジョン最萌えキャラも敵キャラとして登場。
窓の杜2015結果発表:ゲーム大賞受賞!
フリゲ2015結果発表:二位!



  • ストーリー
ある世界で召喚という技術が開発された。
人々はその能力に浮かれ、用もないのに召喚しすぎてしまう。
結果、召喚人が溢れてしまい、異世界に馴染めない召喚人は一部暴徒化。
召喚士が鎮圧に乗り出したがあろうことか暴徒側に肩入れしてあばれまくる。
これ以降召喚には大幅な制限がかかることになった。
その後も召喚人は不満を抱き続け、召喚人を世界側は『ハグレ』と呼び軽視する。
そんな中、伝説の杖を見つけた二人のハグレが王国を作ろうとしていた。

  • システム
最大8人のパーティを組み、4人が戦闘に加わる。戦闘途中の入れ替えも可能。
戦闘しているメンバーが全員倒れるまで戦える。
戦闘に加わっていなくても経験値がもらえるが8人の中に入っていないともらえない。
が、経験値が低い仲間には救済措置があるのでレベル差に神経質になる必要はない。
弱点・耐性、状態異常耐性、技の特徴にあわせてパーティを組むことが重要。
スキルを覚えさせる巻物を制限なくゲット出来るのでスキルは有る程度融通が利く。ただし、巻物によっては覚えられないキャラもいるので注意。
能力値上昇アイテムも存在する上そこそこ手に入るので愛さえあればどんなキャラでも使える

  • キーオブパンドラ
召喚という技術革命の切っ掛けとなった元祖召喚士の鍵。
作中では主人公専用装飾品、ワープアイテムとして使用。

  • 難易度
前作に比べると結構楽で、RPGに慣れている人ならば推奨レベル以下で撃破することもたやすい。
ただし、これは本編のみの話で、後述(追記します)の次元の塔では癖の強いボスや強敵が結構いるので辛いものがある。

  • キャラクター(一部) ネタバレ注意

+ 1章から登場

+ 2章で登場する人物

+ 3章で登場する人物

+ 4章で登場する人物





メインストーリークリア以降の人物
+ ...


画像出典:はむすたブログ http://hamusuta.blog-rpg.com/
閲覧日:2017/04/07
サイト運営者:はむすた


追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/