月光(ライトノベル)

登録日 :2011/02/02(水) 18:15:18
更新日 : 2016/03/13 Sun 08:30:18
所要時間 :約 3 分で読めます






シニカル男子とキュートな悪女の不思議な関係が紡ぎ出す心惑わすルナティック・ラブストーリー!



著者:間宮夏生
イラスト:白味噌
レーベル:電撃文庫


 【あらすじ】
 退屈な日常から抜け出したいと思いながら毎日を過ごすシニカル男子・野々宮。
 ある日、彼は美人で成績優秀、ゴシップが絶えない謎多きクラスのアイドル・月森葉子のノートを拾う。
 そんなアイドルのノートからはみ出した紙切れには彼女のイメージとは程遠い言葉――「殺しのレシピ」という見出しが書かれていた。
 思わず持ち帰ってしまった彼は翌日、月森に探し物がないかと尋ねるが、彼女からは「いいえ」という返事。
 そして数日後、彼女の父親が事故死する……。
 第16回電撃小説大賞最終選考作、ついに登場!



2月10日発売の電撃MAGAZINEVol.18にSSが掲載された。
同作者の作品『変愛サイケデリック』と同じ世界である。
というか出演した。



【登場人物】

月森葉子 (つきもり ようこ)

美人で成績優秀、クラスのアイドルでゴシップが絶えない謎多き完璧女子。ある日を境に野々宮へ近づく。
蠱惑的で完璧で魅力的で可憐で、可愛らしくも美しく、純真で計算高く、一途で気まぐれで素敵な悪女。
いけないと知っていながらも惹かれて止まないアルコール、ワインのような女子。
挿し絵でパンチラしている。
巨乳らしいが、挿し絵ではどう見てもスレンダー美人。


野々宮 (ののみや)

天の邪鬼で素直になれないシニカル男子。
日頃から退屈な日常から抜け出したいと考えている。
趣味は人間観察。


宇佐美千鶴 (うさみ ちづる)

野々宮のクラスメイトで、ひたすら真っ直ぐな女の子。
野々宮のことが気になっている。
ストレートで未成年にも好かれやすい、オレンジジュースのような女子。
ピグミーマーモセットみたいでもある。けっこう不遇。


鮫島未来 (さめじま みらい)

野々宮のバイト先の先輩で自称・女子大生。
自称・チョコレート中毒でもある。美人だが勝気でかなり凶暴。
恋人と上手くいってなかったり別れたりすると、機嫌が最悪になる。


虎南 (こなん)

見た目通りの軽薄な刑事だが、かなり勘が良くて優秀。
ある事件の捜査として野々宮につきまとう。
女と男、どっちでもいける口らしい。…………冗談であって欲しい。
蝶ネクタイをしたバーロな少年ではない。




【語句】

  • 殺しのレシピ
野々宮が拾ったノートに挟まっていた紙切れに書かれていた見出し。
内容は、完成度が低い稚拙な殺人計画が箇条書きで書かれている。
拾ったもの以外にも、いくつか種類があるらしい。


  • ビクトリア
野々宮のアルバイト先であり、美味しいコーヒーを出す英國風カフェテリア。
















「――この世の中で月森葉子を疑って良いのは僕だけだからだ」


「この世の中で私を疑わせてあげるのは野々宮君くんだから」


この項目が面白かったなら……\ポチッと/