ノーザ/北那由他

登録日 :2010/02/08(月) 00:09:18
更新日 : 2017/10/14 Sat 17:31:21
所要時間 :約 3 分で読めます




「さぁ…このノーザの恐怖にひれ伏しなさい!」


フレッシュプリキュア!の登場キャラクター。


声:渡辺美佐

総統メビウスに仕える、管理国家ラビリンスの最高幹部。
ねずみ色っぽいロングヘアに木の枝のような髪飾り、胸元の開いたちょっとエロい衣装を着ている。
一般人に変装する時の名前は北 那由他(きた なゆた)。この名前で女。
この時はキュアパッションになる前のイースを更に性格悪くして年を取らせたような容姿に、ピッチリしたボディコンのような服を着ている。
ただし、この姿は初登場時の36話と40話の二回しか出なかった。

那由他とは数の単位であり、日本語や中国語ではかなり上の単位である。
敵総統の名前がメビウス(メビウスの輪)、敵中間管理職がクライン(クラインの壺)と終わりのないものであること、
他の方角幹部が西隼人、南瞬、東せつな(刹那)と短いものであることから、彼女は最初から最後まで敵であることが予想されていた。

FUKOのゲージが満タンになったことで現れたインフィニティ=シフォンを確保すべく、ラビリンスよりラブたちの世界に派遣される。
登場時、ウエスターサウラーに呼び捨てではなく『ノーザさん』と呼ぶことを強要する。

西南が集めたFUKOを養分に育つ種子から生まれる、ナケワメーケ以上に強力な怪物・ソレワターセを操る。
その後はソレワターセをウエスターとサウラーにも授ける。
このソレワターセだが、植物系である事や、比較的巨大な事から実況板などではよく『ビオランテ』と言われており、
実際にビオランテにそっくりなソレワターセも作中に登場している。


サウラーが霞んで見える外道かつ、二重三重に罠を張り巡らせたり、転んでもただでは起きない策士。
ただ、そのいくつも仕掛けた罠が、明らかに『破られることを前提とした』罠であるため、もしかしたらドジッ娘なのかもしれない。

ラビリンスでの最終決戦時はソレワターセをかじって巨大化するが、四人そろったプリキュアに押される。
そこに現れたクラインと合体し、グランドフィナーレを無効化するほどの力を見せたが、
ラビリンス住民のハートを受け取りキュアエンジェルとなった四人に倒され、クライン共々元の姿であるタマネギのような球根に戻る。
日曜日に出るタマネギで、陰険で卑怯な性格なんて、永沢と藤木を足したような女だ。
その後メビウスにより、自分の手駒とするべく植物の遺伝子から生み出された存在だと明かされた。

しかしながら、ウエスター達とは違って最後まで悪役を貫いた彼女ではあるものの、
明らかにサボって沖縄に行くウエスターを見逃してくれたりと上司としては優しい対応もしている。(初期のイースさんのツンっぷりよりよほど)
優先順位が決まっている事以外は甘いのかもしれない


劇場版プリキュアオールスターズDX2にも出演する。
まあ最終回がああなった以上、ラビリンスからはこいつかクラインしか出れんわな。

プリキュア映画といえば予告編詐欺でおなじみだが、それでもドリームとピーチを楽しそうに追うババア様は一見の価値あり。
またキントレスキーとともに史上最弱のプリキュアと闘っていたが、どう考えてもオーバーキルだと思われる。どうなることやら。

劇中ではそれぞれのプリキュアが割と苦手タイプの敵とぶつけられており、リーダー役のノーザさんの運用力のたまものだと思われる。


項目立ては蜜の味…嘆いて追記、悲しく修正…

この項目が面白かったなら……\ポチッと/