ガンダムAGE-2

登録日 :2012/02/19(日) 17:30:07
更新日 : 2016/10/15 Sat 12:09:56
所要時間 :約 7 分で読めます





ガンダム…一緒に生き延びような

アセム・アスノ!

AGE-2ガンダム、行きます!!



ガンダムAGE-2とは『機動戦士ガンダムAGE』に登場するモビルスーツ(MS)である。


ガンダムAGE-1及びAGEデバイス内に蓄積されたデータを使い、ディーヴァチーフメカニックのディケ・ガンヘイルが建造していた新型ガンダム。
前型と同じく『AGEシステム』が内蔵されており、起動にはコクピットのコンソールにAGEデバイスを差し込む必要がありそれを所有する者でなければ動かせない。


最大の特徴は『可変機構の搭載』。
可変機を主力としていたヴェイガンとの交戦経験からAGEシステムがその有用性を認め、実装された。
これにより高速長距離移動形態「 Gストライダーフォーム 」へと変形可能である。これにより行動範囲の拡大や、変則的な攻撃が可能。
変形機構は下半身を腹部から後方に折り曲げるという、ゼダスを踏襲したものとなっている。
またAGE-1と同じく「ウェア換装システム」も引き続き実装されている。
なお、ウェア換装が二つしかない理由はスパローの機動性をストライダー形態で補われてるからかと思われる。



ガンダムAGE-2 ノーマル

型式番号:AGE-2
所属:地球連邦軍 宇宙戦艦ディーヴァ

武装:
  • ハイパードッズライフル
  • ビームダガー/ビームサーベル×2
  • ビームバルカン×2
  • シールド


AGE-2の基本形態。AGE-1同様スタンダードなトリコロールカラーと「A」を象った胸部マーク、そして両肩に取り付けられた四枚の巨大可変式ウイングが最大の特徴。

小説版の描写によれば、この四枚羽はただのウィングスタビライザーではなく、
放熱板とAMBAC、そしてAGE-1スパローで生み出された斥力推進システム"SPALLOW"のユニットを兼ねたもの。
つまり両腕より長い全方位スラスターの塊を二基ずつ備えているのも同然であり、非常に高い機動力を発揮する。



さらに「 Gストライダーモード 」では、四肢を固定することで駆動に用いるエネルギーをウィングの推進装置に集中。
その力場を機体後方に収束し、さらに全てのスラスターを一方向に収束。ただでさえ高かった機動力をさらに向上させ、爆発的な加速力を生み出す。
その推力はMS時のゆうに 三倍 に相当する。




特務隊仕様


28話で登場。特務隊の隊長に出世したアセムの乗機。
白いカラーリングはウルフへのリスペクトや追悼の意味と推測される。



◆武装
  • ハイパードッズライフル
ドッズライフルを改良した大型のビームライフル。
ビーム出力は従来の 二倍 にパワーアップしており、MSを二機纏めて撃ち貫くほどの威力を誇り、
ドラドクラスの電磁装甲ならたやすく抜く事が可能。小惑星すら当たったら大爆発。
ストライダーフォーム時には胸部に装着され、機首となる。非使用時にはリアアーマーにマウントされる。

二本装備。非使用時には腰リアアーマーにマウントされる。
アセムはサーベル二刀流を得意とする。

  • ビームバルカン
両肩装甲内に内臓された小型ビーム砲。位置の問題からストライダー時にしか使えない。

  • シールド
左腕にマウントされる角を削った三角形の防御兵装。AGE-1と比べて小型化しているが、アセムは不意の一撃も見事に防御している。




『複数機と戦う』ためにAGEシステムが導き出した大火力型ウェア。
詳細は項目を参照。




外伝『EXA-LOG』に登場。
ヴェイガンの用いる『ステルスシステム"見えざる傘"を破る』ためにAGEシステムが導き出した特殊偵察型ウェア。
詳細は項目を参照。



■戦闘スタイル
劇中ではエースパイロットに及ばない半人前扱いされていたが、相手が異常なだけでアセム自身の実力は実は高い。
現にビッグリングの適性評価試験ではXラウンダー適性は低かったが、それ以外の評価は全てAかBであった(そもそもAGE-2自体フリットの影響でXラウンダー寄りに仕上がっている)。
さらに二度目の出撃で、ヴェイガン最強クラスのゼハート&最新鋭機ゼイドラを相手に、地球連邦初の変形機で、変形機構を織り交ぜながら二刀流の高速格闘戦を行うという凄まじいことをやってのけている。

そしてアセムを象徴するのが二刀流である。
AGE-1の頃はまだ荒削りな我流戦法だったが、マッドーナ工房での訓練以降はめきめきと実力が上がっており、
先に倒した敵機の爆発光を目眩ましにしてウルフファングっぽい技で撃破するなど高いセンスを見せている。

ゼハートは「性能頼り」と酷評したが、初めて使うダブルバレットでXラウンダーを2人撃破、1人も倒しかけるなど、むしろ性能をよく引き出していると言える。


そして、非Xラウンダーではあるが、技術や経験やセンスでXラウンダーを凌駕する、ウルフの言うところの"スーパーパイロット"(特殊能力ではなく、『Xラウンダーを超えるパイロット』の名称)へとアセムは成長。
ウルフを死なせたデシルに怒りを爆発させ、彼のXラウンダー能力をもってしても捉えられない卓越した操縦技能を見せつけ、瞬く間にデシルを葬ってみせた。
アセムの怒りとその技能の開花を感じ取ったのか、ゼハートは『仲間の仇を取る』と息巻くマジシャンズ2を抑え、「今の奴の力は計り知れない」とマジシャンズ2をアセムと戦わせることを避けた。
後にデシル以上の実力を持つゼハートとアセムが互角以上に渡り合ったことで、この時の危惧が正しかったことが明らかになった。





●ガンプラ
  • HG
色分け、可動共に良好。ストライダー形態への変形は股関パーツの差し替えが必要だが、その分プロポーションが良い。
また、余った手首パーツが収納できる専用の台座が付く。
プレミアムバンダイ限定で全身純白の特務隊仕様が発売された。


  • BB戦士
AGE-1と同じくウェアシステムの再現に瞳シール、コミックワールド付き。変形機構も差し替えで再現。
それに加えてBB戦士オリジナル形態として海老川氏考案の全部乗せ形態・フルアームドバージョンへ換装可能、この状態でもストライダー形態になれる。
このボリューム感は一見の価値あり。
惜しむべくはビームサーベルが真っ白な1本しか付属していないことだろうか。


●ゲーム
  • Gジェネ
『OVER WORLD』にアセムと共にゲスト参戦。
形態はノーマルのみだが戦闘ムービーはOPや劇中のものを取り入れており非常にカッコいい。
武装はビームばかりなのでOP強化がし易い反面ビーム耐性持ちは苦手。

  • エクストリームバーサス マキシブースト
コスト2500で参戦。OPムービーではAGE-1とともにウイングゼロ&エピオンと戦っていた。
ノーマルとダブルバレットの2形態に換装する。

ノーマル、ダブルバレット形態で残弾数共有がない武装が多く、しかも換装してない形態の弾数のリロードも常時される仕様のため、贅沢にビームライフルを撃てる後衛型MS。
アシストのウルフのGバウンサーもかなりの良アシストMSであり、アシストをメインでキャンセルする通称『アメキャン』がノーマル時の強みの一つ。
Gストライダーへも変形でき、ノーマル時は射撃と機動力に長けているが、決定力がないのがネック。ダブルバレットとうまく使い分け、スーパーパイロットになろう。

覚醒技は『スーパーパイロットへの覚醒』。デシル撃破時のモーションで、N格からも繋がり、自動的にダブルバレットになる。
「俺は…俺は…スーパーパイロット、アセム・アスノだぁぁぁぁっ!」


以下、ややネタバレ









キオ編にて登場したAGE-2の新たな姿。
詳細は項目を参照。 




●余談
  • その特徴的な肩や可変機ということから「アリオスガンダムの親戚」などと呼ばれていた。

  • また、カラーリングや肩にウェイトを置いたフォルムがダブルオーライザーに似ていることも指摘されている

  • オープニングの作画に大張正己が関わっているため若干「バリってる」特にダブルバレットの決めポーズに顕著。ある意味「ダブルバリット」

  • 同じサンライズ作品である「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」に登場する兵器「パラメイル」の変形時の姿は剥き出しの頭部と機首部分にライフルなど、ストライダー形態と類似した姿となる。偶然にもAGE-2はドラゴンっぽいヴェイガン製MS、パラメイルもドラゴンと呼称される敵と戦っている。



追記・修正をお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/