クリスマス・キャロル(小説)

登録日 :2011/11/11 (金) 17:57:43
更新日 : 2017/05/09 Tue 06:50:15
所要時間 :約 3 分で読めます




クリスマス・キャロルとは、ディケンズ作の短編小説。

☆概要

「守銭奴」エベニーザ・スクルージが、クリスマスに現れた精霊の導きにより半生を振り返り、自身の抱えた孤独や過ちに気付く物語。

キリスト教的な説教臭さが見られる点、最終的には精霊の問いかけが解決しない点から批判する者も居る。
ただ、少し幸せな気分と優しい気持ちにさせてくれる小説なので、小難しいことは抜きにして読んで貰いたい。

部屋に籠もり『リア充爆発しろ…』などと書き込むよりはこれ読んで幸せ(な気分)に浸ろうぜ!


☆人物紹介

WORNING!
ネタバレが気になる小説では無いと思われるが、一応注意。











  • エベニーザ=スクルージ
この作品の主人公である老年の男性。
劇中の「スクルージ・マーレイ商会」の主。
それなりに裕福な人物らしいが、かなりの守銭奴で冷血漢…つまりドけちな因業親父。

「税金を払っている俺がなぜ寄付などせねばならん?救貧院に入らないなら野垂れ死ね!」 とか言っちゃう。

人との関わりは損得であり、幸せを願い皆で楽しむなどと言うことには絶対に参加しない。
もちろんクリスマスは大嫌い。
俺らの悪い部分を、漉して煮詰めて商才を加えた感じ。

  • マーレイ
「スクルージ・マーレイ商会」のもう一人の設立者。
故人だが、守銭奴であった生前を悔いており、スクルージの前に現れて 警告 をしていく。

  • ボブ=クラチット
スクルージの部下。
貧しいが心優しい、 「清貧」 という言葉が似合う中年の男性。
子沢山であり、家族と祝うクリスマスを楽しみにしている。

  • ティム=クラチット
ボブ=クラチットの末息子。
脚が悪く病気がちだが、他人の幸せを喜ぶことができる優しい少年。
スクルージが見た未来では死んでしまうが…。

  • ロバート
スクルージの甥。
妻や友人とクリスマスパーティを開く。
スクルージを招くが断られてしまうシーンでこの物語は始まる。


☆3人の精霊

  • 過去 のクリスマスの精霊
少年の姿をした精霊。
スクルージに幼少期の記憶を見せる。

  • 現在 のクリスマスの精霊
体格の良い男性の姿をした精霊。
スクルージに、自身が欲に駆られて他人との関わりを無くしていく青年期を見せる。

  • 未来 のクリスマスの精霊
一言も喋らず、黒い布で全身を覆った死神めいた精霊。
スクルージに恐ろしい未来を見せる。





この小説の登場人物の中で 主人公以外は 大半がリア充だが、スクルージと精霊の掛け合いを経ればきっと幸せを願う気分になれる。

今年のクリスマスに読んで、家族や友人と幸せを感じてみては?




活字が苦手でも、イースト・プレスから「マンガで読破」シリーズが出ている。
終盤、爽やかに生まれ変わるスクルージを視覚的に楽しみたいならこちらがオススメ。

また、数多く映画化されている他、『3人のゴースト』や『憑神』などほぼクリスマス・キャロルを下敷きにしたとおぼしき映画もいくつか制作されている。
ちなみにディズニー版アニメでの「スクルージ」は、本作を基にしたキャラでドナルドダックの伯父な「スクルージ・マグダック」が演じている(アニメ版クリスマス・キャロルよりも誕生は前)。
ディズニーのスクルージも独身でケチで強欲だが、『ダックテイル』で三つ子のヒューイ・デューイ・ルーイと同居する様になってからは少し丸くなってきている。


追記、修正お願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/