スピリット・シャード(牙-KIBA-)

登録日 :2013/07/01 (月) 23:26:18
更新日 : 2017/04/11 Tue 11:00:47
所要時間 :約 5 分で読めます




アニメ『牙-KIBA-』の世界に登場するシャードの一種。
精霊を宿したシャード。
かつて創造神タスカーが全領域の創生と共に生み出したとされており各領域に点在している。


普段はゴルフボール大の球体でシャード・キャスターが体内に納めることで任意の召喚・使役が可能となる。
召喚は
シャードを放り投げる→シャードからリングが出現→周囲の色彩が一瞬白黒に変化→リングの中の空間からスピリットが出現
という流れになる。

召喚時の姿は人型から獣型、幾何学状のモノまでさまざまだが総じて人間より一・二回り以上大きく、常人では太刀打ちできない。
戦闘では手足などの一部位を失った程度では倒すことはできず、頭部の破壊や五体をバラバラにする程度のダメージを受けなければ倒れない。
まあ演出で頭を剣で刺されただけで倒されたりしてるんですけどね。
倒されたとしてもある程度の時間をおけば再生し再使用できる。


シャードなのでシャード・キャスターにしか扱えないが、スピリットにはその強さの「格」によって所持者の精神に負担をかけるものが存在する。
例え訓練を積んだシャード・キャスターでも身の丈にそぐわないスピリットを体内に納めれば拒絶反応を示したり精神を破壊されたりする恐れがある。


なお、基本的にスピリットは自我を持たず、所持者が変われば前の所持者だろうがかまわず攻撃してくる。
同じ姿や色違いのスピリットが複数存在することもある。

シャード・キャスターが死亡した場合、所持していたスピリットは誰かが拾わない限り自然界へと帰る。
また、シャード・キャスター同士なら相手のスピリットを抜き取ることも出来る。おかげで所持者がコロコロ変わったりするためどっかのベルトを彷彿とさせる。


●主なスピリット


キー・スピリット
スピリットの中でも特に強力な六体を指す。


【テンプラー】
○ランボス
所持者:ゼッド
赤紫色の髪を生やした鳥人型のスピリット。
口から吐く火炎と格闘が戦う。アミル・ガウル以外のキー・スピリットとなら渡り合える程の能力を持つ。
アミル・ガウルを扱いきれなかったゼッドがジーモットの試練を乗り越え獲得。彼のもう一人の相棒として終盤まで多くの敵と戦った。
アミル・ガウルと連携すれば炎を竜巻に乗せて周囲の敵を一掃するMAP攻撃も可能。

○アプカレル
所持者:ロイア
人間の女性のような上半身と魚とクラゲを合わせたような下半身が特徴のスピリット。片乳丸出し。
左肩に装着したハープから光の矢を放つ。

○アルマドル
所持者:ミッキー
亀のような体と民族衣装をつけたようなコミカルな顔が特徴のスピリット。ミッキーが未熟なこともあって言うことを聞かない。

○ベラドンナ
所持者:ロベス
冬虫夏草など植物の意匠を盛り込んだ女性的な姿のスピリット。
戦闘時にはダンスのように回転していたりする。
伸縮自在の手足と頭頂部の紐状のパーツを武器とする。
プロニモと渡り合う等高い戦闘力を誇る優秀なスピリット。

○スラグナ
所持者:デュマス、ミッキー
上半身を青い甲冑で覆った戦士風のスピリット。各部に甲虫の意匠を持つ。
手にした槍と頭部から放つ光線が武器。
ランボスやベラドンナと同等の能力を持つ強力な個体。
デュマスの死後ミッキーの手に渡るが彼の精神を蝕み暴走させる事件を引き起こした。

○ファイロン
所持者:ジーコ
四本の腕を持つドラゴン型のスピリット。
口から吐く火炎と剛腕で敵をなぎ倒す強力なスピリットであり能力的にも最強クラス。複数のキー・スピリットを同時に相手にし圧倒したことも。
普段ジーコの杖の形になって持ち歩かれている。

○ガーディアン
所持者:セバスチャン
山羊のような頭持つ戦士風のスピリット。
手にした大剣で地面を叩き割る。


【ジーモット】
○ザクーア
所持者:エルメイダ
右目から角が生えた髑髏のような頭部と翼を持つ悪魔のようなスピリット。
胸部に生えた二本の棘を伸縮させ敵を貫いたり腹部の目玉から光線を放つ。

○ラグアント
所持者:グラウジオ
野太い手足を持つ野獣のようなスピリット。
頭部が無く胴体部がまるごと口になっており人間や敵スピリットを丸かじりにする。
ジーモットのネオトピア侵略時には色違いのモノが複数登場し 人質の一般市民を咀嚼した

○マラキア
所持者:ヌドュー
目玉等が張り付いた四つの球体が連なった気色の悪いスピリット。
ヌドューは自慢していたがあんまり強くなかった。

○アリエル
所持者:レベッカ
硬質な皮膚を持つ女性型のスピリット。
電撃を放つ他シャード・キャスターが遠くにいても操作することができる。
モチーフはツタンカーメン。

○ギルメ
所持者:‐
カルブ・フーの神とされるスピリット。鋭い牙や赤く太い四肢を持ち口から溶解液を吐く。非常に強力なスピリットだが制御することは出来ず、一度目覚めればただ目につく者を攻撃するのみ。
その実態はカルブ・フーとジーモットの休戦協定の証に二分されたプロニモの片割れ。
ヒューの策略でプロニモ(未完成)と融合し完全体となる。


【ネオトピア】
特徴として四本脚を持つものが多い。

○フーナム
所持者:ダイアナ
ピエロのような姿のスピリット。両腕が六本の触手になっている。

○バーブリアス
所持者:キーラ
長い耳の生えた犬のような頭と四本の脚を持つ。剣を使うことも。

○モーフィアス
所持者:ブライアン
骨で出来たケンタウロスのような外見のスピリット。
ジャウストで使用されたがゲゲに一方的にやられてしまった。

○ペテリオス
所持者:アレック、サラ
紅い馬の背中から翼が生えたペガサスのようなスピリット。翼から放つ鱗粉で相手の視力を奪うことができる。
ジャウストでアレックが使用した他サラがタスクに来る際にも移動手段として使われた。

○ギュリオス
所持者:ゲイル、ネオトピア一般兵
首と胴体に穴が開いた西洋甲冑のようなスピリット。他のネオトピアのスピリット同様四本脚でランスを手にしている。
ネオトピアでは広く使われているようで数十体登場する場面も。

○ヴェレン
所持者:キース
仮面を付けたケンタウロスのようなスピリット。
ゲイルのギュリオスと戦うが一歩及ばず敗北してしまう。


【タスク】
○ガリュウ
所持者:ジーム
二足歩行する赤いトカゲのような姿のスピリット。剣を持ち戦闘力は高い。

○ガイザー
所持者:ギトラ
ガリュウと対照的な青いトカゲのような姿を持つ女性型。実力はガリュウと同程度。
腕にある翼を広げることでモモンガのように飛行することもできる。

○ドゥームブリッツ
所持者:デュケム
雷雲から三本の龍の首が生えた特異な外見のスピリット。
龍の口か放つ雷撃で攻撃を行う。雲の部分は敵の攻撃をすり抜け無効化することが出来るが、頭の部分への攻撃は通じる。

○カオン
所持者:ラジャ、タスク兵
身体の各部から炎を出した犬の姿を持つ。体のパーツを分離させて攻撃できる他粉々にされても再生することまで出来る。


【ウルバークス】
機械的な外観をしたものが多く、対象スピリットを行動不能にするアンチスピリットシステムを持つ。

○ゴリアテ
所持者:ギンガ
人型の上半身だけが宙に浮いているような姿のスピリット。
両腕の回転ノコギリで攻撃する。

○アルマース
所持者:ヘリック
傘のような形をしたスピリット。攻撃時には傘を開きその中心から雷撃を放つ。

○ゲラノス
所持者:モレノ
細い体に蝶のような翼を持つスピリット。データ上ではランボスを超えているらしくジャウストではゼッドを苦しめた。

○エクスマキーナ(未完成)
所持者:ヘリック
ヴェンダー博士が複数のスピリットを融合させて作った人工スピリット。未完成品故かどこか歪で表皮も爛れているが通常のスピリットを遥かに上回る巨体に凄まじい戦闘能力を誇る。
頭部や普段体を覆っている腕から放つ強力な光線、全身から生えた触手等で広範囲を攻撃し移動時には下部のキャタピラで地上の敵を踏みつぶす。その姿はもはや大怪獣。
ジーモットのネオトピア進攻時にヘリックが持ち出すが命令を聞かず暴走。ヘリックを殺しそのままジーモット・タスク・ネオトピア軍を蹂躙。
アミル・ガウル、サチュラ、プロニモの三体を相手に渡り合いアビエイターフォームとなったアミル・ガウルにようやく倒された。

○エクスマキーナ
所持者:ギンガ
最終決戦でギンガが使用したエクスマキーナ。
完成品と思われデザインはより機械的。サイズダウンし常に両腕広げ下半身のジェット噴射で移動する。
人工スピリットであるためかタスカーの支配下に置かれず、支配されたファイロンとアプカレルを一撃で撃破。タスカーの攻撃も吸収・無効化してみせるが接近戦で頭部を破壊されそのまま胴体を手刀で貫かれ撃破されてしまった。
まあラスボス相手じゃあ仕方ない…


追記・修正をお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/