ファニー・ヴァレンタイン(SBR)

登録日 :2010/07/26 (月) 18:41:30
更新日 : 2017/08/06 Sun 19:08:42
所要時間 :約 4 分で読めます





土地の値段は一体誰が最初に決めている?
お金の価値を最初に決めている者がいるはずだ それは誰だ?
列車のレールのサイズや電気の規格は?そして法令や法律は?
いったい誰が最初に決めている?
民主主義だからみんなで決めてるか?
それとも自由競争か?


違うッ!!ナプキンを取れる者が決めている!


この世のルールとは「右か左か」?
このテーブルのように均衡している状態で一度動いたら全員が従わざるを得ない!
いつの時代だろうと・・・この世はこのナプキンのように動いているのだ




ファニー・ヴァレンタインとは『ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン』の登場人物。
CV.加瀬康之(オールスターバトル)



第23代アメリカ合衆国大統領。

元々はただの下院議員だったが一枚の「地図」が指し示す場所の一つ、
サンディエゴを捜索した清教徒達のグループに同行した際に「悪魔の手のひら」に遭遇。
この際に「遺体の心臓部」とスタンドD4C」を得て、グループで唯一生還。

その後頭角を表し事件の一年後には大統領にまで上り詰め、
その地位を利用してスティール・ボール・ランレースを残りの遺体を集める為のレースに作り替えた。
ジョニィたちが「聖なる遺体」を見つけ始めて以降は部下を使い、中盤以降は自身も赴いて幾度も遺体を奪おうとした。


真ん中分けで毛先がロール気味の金髪ロングヘアーがトレードマーク。
背中にはかつて戦争に行ったときに拷問されてついた星条旗の形をした傷がある。

初登場時は他の部のラスボスと比べるとかなり見劣りするメタボ体型の金髪豚野郎だったが、連載が進むに連れて徐々にスリムになっていき、
最終的には 他のラスボスに勝るとも劣らない長身細マッチョスタイル+超イケメンに
これについては「遺体のパワーのおかげと言う説」と「隣の世界から少しづつイケメンの大統領と徐々に入れ変わった説」との二つがある。
後に作者から鍛えていたからと明言された。


夫人であるスカーレット曰く「どこを歩いても足音を立てない」らしいが、これは足の裏と地面に挟まれた足音がスタンド能力で消えているためのようだ。



遺体を集めているのは大統領として、アメリカ合衆国の繁栄とその国民の安全のため。
そのため、敵対する物には一切容赦することはない。
これだけ聞くと素晴らしい指導者に思えるが、

  • 週給20ドルの鉄道運転手を死にかねない状況下に置き拘束する
  • 14歳の少女へのレイプ未遂
  • 部下を容赦なく殺害
  • 最初から裏切るつもりでジョニィと約束

……と決して高潔な人物とは言い難い。
とはいえ、アメリカが遺体の加護を得るためにDioに遺体を託すなど、自身の死後もアメリカの利を考えて手を打つなどその理念は本物だったといえる。
(え? ジョニィが嫌いなだけ? 英国人のDioに「野心家な部分を気に入って」遺体を託すのってどうなの? 聞こえんなあ)


ネタとガチ両方で魅力的な敵役であることには違いないだろう。




【名台詞】
  • (缶ビールを一気飲みして)うごォ ブハアーイエスッイエスッ 

  • (円卓に並ぶナプキンを見て)この世のルールとは「右か左か」? このテーブルのように均衡している状態で一度動いたら全員が従わざるを得ない! いつの時代だろうと・・この世はこのナプキンのように動いているのだ 

  • 興奮してきた・・服を脱げ 

  • 罵って喜ばして欲しいかッ! 服を脱げッ!スカーレットッ!

  • 「安定した平和」とは!平等なる者同士の固い「握手」よりも絶対的優位に立つ者が治める事で成り立つのがこの「人の世の現実」!! 

  • もはや崇拝しかない・・この場所に「神殿」を建てよう

  • わたしの大統領としての絶対的『使命』は!この世界のこの我が国民の『安全を保障する』という事!それに尽きるからだ!

  • 我が心と行動に一点の曇りなし…………! 全てが『正義』だ




「アニヲタwiki」には必ず「追記・修正」があり「削除される項目」がある
「追記・修正」は「正確」であるほど良い・・・

この項目が面白かったなら……\ポチッと/