クギミヤ・ケイ

登録日 :2013/06/08 (土) 23:07:57
更新日 : 2016/11/06 Sun 20:47:08
所要時間 :約 ? 分で読めます






あの潰れたシュークリームみたいなオッサン……!






クギミヤ・ケイとは、『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』の登場人物。



チーム・ラビッツの一員。
養成機関『グランツェーレ学園』を経た所属は、
MJP機関・特殊宇宙戦闘大隊・第十二作戦中隊・戦闘母艦ゴディニオン・第5分隊機動科。
年齢は16歳で階級は少尉。
薄栗毛の長髪と切れ長の瞳が麗しい美少女で、冷静沈着で状況判断に長けたクールビューティー。
身長は女性としては高く、現段階ではヒタチ・イズルよりも上である。

MJP計画に基づき遺伝子操作されたデザインベビーとしての能力は異常聴覚。
通常のレーダーでは探知できない特殊電波さえも聞き取れる上、
突出した空間把握能力によって常に戦況を分析し、チームのコントロールを担当する。
性格も真面目で、色々とザンネンなチーム・ラビッツの中では最もマトモに見える存在。



…………が、そんな彼女も通称ザンネン5の一員だけあり、やはりザンネンな美少女であった。



「甘くないケーキなんてケーキじゃないでしょ」
超絶な甘党でスイーツ作りが趣味だが、使いすぎなのか必ず異常な色彩になり、
砂糖をフル投入している為に殺人的な甘さ。とても人間が口にできるものではない。イズルを殺しかけたこともある。
その所業により、人呼んで 「ザンネンパティシエ」
甘い物とくれば異様に執着を示し、普段の食事すらスイーツで済ませる時も多い。


良く言えばスレンダー、悪く言えば貧乳な体型をしており、その事に対してまるで 中の人のように コンプレックスを抱いている。
12話ラストパートの水着姿を見ると谷間すら無い。
しかしそれ以外ではあるように見えるのでもしかしたら……。ちなみに着る前に手渡された水着に対して、



なんでしょう、これ……? 面積最小限? 紐……ですか?

そちらのは透明素材ですか?
あちらは布面積だけは大きいようですが、
素肌と同色というのはいかがなものでしょう?
さらにはリアルプリント?

透明に、というか隣にでも全裸と間違えられたりしませんか?
そもそもこれ放送できなくないですか?
あとコレ、材質表示見ましたか?
コレ、なんと水に濡れたら溶ける素材なんですよ、おかしくないですか?
水に入るとき着るものに水に溶ける素材を使うって何考えんですか?

責任者のアタマこじ開けて
ヌカミソかなんか入ってないか確認したくなりませんか!?
そもそも女性用水着というものは
17世紀に海辺で遊ぶご婦人方が濡れても服が透けないように
厚手のドレスを着用されたのが始まりだと言われています!!



……と激おこ状態に陥るがタマキの「じゃあ、あたしひとりでやる。あたし、人畜無害だし」という言葉でクールダウン。
ちなみにタマキの水着姿はデカすぎだったらしく、クライアントリテイクをくらったのだがそれでもあのサイズ。
チームの仲間を大切に思ってはいるが、爆乳なタマキに時々イヤミを零すことも多い。
ある意味、真にザンネンなのは胸囲かと思われ…。


コミュニケーション能力も低くはないが、人心に疎い面が否めない。
美女揃いの専属ピットクルーから「お嬢」と呼ばれて可愛がられているが、
それを本人は馬鹿にされていると思い込み、舐められまいとしている。

もっとも、これはチーム・ラビッツ全員に言えることであり、
養成機関入学前の記憶を消去され、チーム以外の親しい人間と接した経験が少ない為。
そんな彼女もチーム・ラビッツの仲間と共に幾多の死線を潜り抜ける内に成長し、落ち込むアサギを気遣うなど柔和な言動を見せるように。


窮地を救い、不安に駆られた時に励ましてくれたイズルには、他の仲間とは一線を画す感情を抱き始めている。
特に第9話で噴水前で彼と遭遇した時の嬉しそうな反応など、恋する乙女全開で可愛いのなんのって堪らない。
しかし、テオーリアに関心を示すイズルの態度に嫉妬と不快感を顕わにし、その表情には徐々に不安と翳りが……。



パープル2
ケイ専用機の、広域戦術警戒管制型アッシュ。
リングに包まれ、手足のない独特の人型をした薄紫色の機体。
高性能のセンサーやレーダーで戦局を把握し、戦闘データをリンクすることによってチームの機体に的確な支援を行う。
チームの機体を外部からコントロールする機能も備わっており、
遠隔操作で強制的に外装をパージさせたり、戦闘中の出力までコントロールすることが可能。
反面、他の4機に比べると直接的な攻撃力に乏しく、接近してきた相手への対策としてビーム兵器が搭載している程度で、
設置したトラップによる間接的な攻撃が基本手段となる。

さらに、防衛用のシールドを展開すると本来の役割である索敵能力が使用不可能になってしまう。
余談だが、コックピットのシート形状が三角木馬と専らの評判。

因みに、ケイ本人は年齢的な要因に加えて自制心が強い為に本能に蓋をして、
無意識の内にアッシュとのリンクを拒んでおり、現状ではジュリアシステムとの適合率がアサギと並んで低い。




だけど私たち、何も選べないのよね

書く為に生まれてきて、養成所に入る前の項目も消されて……

直せと命令されれば修正するしかなくて……

時々、堪らなくなるの

私は何なの? 自分では何も決められないのって……

イズルは平気なの?

この項目が面白かったなら……\ポチッと/