投資対象リスト(仮面ライダーW)

登録日 :2011/12/08(木) 09:37:12
更新日 : 2017/08/04 Fri 21:42:23
所要時間 :約 4 分で読めます




Investment outlet list

(投資対象リスト)

Medal with power of unknown

CORE MEDAL And CELL MEDAL

(コアメダルおよびセルメダル)

Expected value A

(期待される価値 A)

$43,250,000,000

Report

(報告書)

It encountered a very interesting sample as a a research thing while investigating now.

(調査中、研究対象として非常に興味深いサンプルに遭遇した)

Can you understand as the comparison with a mysterious metal piece with very big power "Core medal" as an example of

(投資対象とされていたミュージアムによるガイアメモリの実例として、)

the Gaia memory that the meseum that assumed the investment outlet has already developed?

(非常に大きな力を持つ神秘的な金属片「コアメダル」が既に開発されていたことをご理解いただけるだろうか)

This metal piece hides potential of investing reinforced man more than the dopant by making the Gaia memory react to the human body.

(ガイアメモリが人体に作用することで生まれるドーパントよりもさらに強力な強化人間を生み出すポテンシャルをこの金属片は秘めている)

The report of having confirmed the existence of the device of the installation type of the Gaia driver who is the installation device of the Gaia memory goes up.

(ガイアメモリを人体に組込むデバイスである組込型ガイアドライバーの存在については既に確認されている)

Potential of covering the vulnerability that the device of the museum has is hidden, and this can be called a sample with very high reality as the next investment outlet of my foundation while still investigating.

(引き続き調査を続けるが、ミュージアムのデバイスが抱える脆弱性を補う可能性が隠されており、我が財団の次の投資対象としてこの金属片は非常に高い現実性を持つサンプルと呼べるだろう)

Foundation X

財団X

























投資対象リストとは、仮面ライダーW終盤にて登場した、財団Xの局長ネオン・ウルスランドがもつ携帯端末に表示されていたものである

他の投資対象候補のデータとして、死者蘇生兵士「NEVER」(評価:B+)が表示されており、映画との繋がりを加頭の正体と共に視聴者へ大きく印象付けた


そして何よりも驚くべき点なのが投資金額である

その金額はなんと





432億ドル




日本の国家予算の約三倍である。
どんだけ金と欲望を抱え込んでいるんだ、財団X……。あーそこ、どこの黒い幽霊団?って言わない。

これまでの平成ライダーは、それぞれが独立した世界観を持ち、直接的な作品間の繋がりはほぼ無いに等しかったが、第10作ディケイドですべての世界が一つとなり、ひとつの区切りをつけた。
そして、最終回も差し迫った仮面ライダーW終盤にて登場したこの投資対象リスト。
このシーンは今後十年の平成ライダーシリーズを繋ぐ新たな要素として注目され、メーンライターの三条陸氏の
財団Xは風都の仮面ライダーだけでは壊滅させられない組織なんです。でも、翔太郎たちがいる限り風都に財団Xが来ることはないでしょう」
という発言から平成ライダー20作品目のフィナーレを飾る敵となるか?と期待させたが…

後にこのシーンは撮影スタッフの遊びだと発言。

オーズのメーンライターの小林靖子女史も
「『W』にオーメダルが出たのは話で聞きましたが、ビックリしています。
 今後二つの組織(財団Xと鴻上ファウンデーション)が絡むことは…ないんじゃないんでしょうか(笑)」
と、なし崩しな状態になってしまった。

その後、映画『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズMOVIE大戦 MEGAMAX』にも財団Xが登場。
世界を股にかける巨悪としてW、OOO、フォーゼ、栄光の7人ライダーと激突、作中での発言から、ゾディアーツスイッチ開発のための資金援助をしていた模様。
最終的にレム・カンナギの野望は潰されたものの、財団X全体にとっては大打撃とは言い難い結果に終わった。

……とはいえ、銀河の王にならんとしたたった一人の幹部の暴走で貴重な人材が失われたのは大きく、
その後は京都回前編では我望に「いい加減にゾディアーツスイッチの研究成果をよこせ」と乗り込んで行ったら逆に立神にボコられて追い返されるわ、
劇場版フォーゼでは複製ホロスコープススイッチをインガ・ブリンクに分捕られるわ、
という具合に商売あがったりな状況が続いていき、表舞台からフェードアウトすることになる。


……が、ウィザード~ゴーストにいたる約5年の沈黙を経てTTFC限定配信シネマ『仮面ライダーブレイブ Surviveせよ!復活のビーストライダー・スクワッド!』で復活。
シネマ本編に登場した浅倉威/仮面ライダー王蛇率いるライダー集団『ビーストライダー・スクワッド』を操っていた黒幕であり、本編ラストで鏡飛彩/仮面ライダーブレイブが使用したナイトオブサファリガシャットの戦闘データと共にガシャット本体を回収して性懲りもなく「来たるべき壮大な計画のために」とフェードアウトしている。 やめとこうよ……


追記・修正お願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/